El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ペルー】マチュピチュ村の美味しいフレンチレストラン「Indio Feliz」

マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)にある美味しいレストランを紹介します。

3月20日 1ソル:約36円

 

◆概要
マチュピチュ村には沢山のツーリスト向けレストランがある。
殆どがピザなどのイタリアンや、アルゼンチンやブラジルの南米料理、"CHIFA"と呼ばれるペルー中華、15ソルの定食屋が多く、あまり人も入っていない。


しかし、日本人に人気でかつ美味しいレストランが1つある。
それは"Indio Feliz"という名のフレンチだ。レストランやお土産屋が並ぶ、Av. Pachacutecを少し路地に入ったところに、その店は位置する。
通りに看板が出ているので、入り口は分かりやすい。

 

f:id:Kouhei50:20140322212510j:plain

↑ 店の外観


中へ入ると、笑顔がステキな店員と店主が出迎えてくれる。
オシャレな内装で、海賊船を意識した造り。料理が出てくる前からワクワクさせてくれる店だ。

 

f:id:Kouhei50:20140322212605j:plain

↑ 店内の様子

 

◆Indio Feliz
単品メニューもあるが、殆どの人は前菜+メイン+デザートのコースメニューを頼む。
お値段は60ソル(約2,160円)。ペルーでご飯を食べようと思えば、10ソル以下が相場なので、それの約6倍。しかし、もし日本で食べようとしたら、60ソルの倍以上はするだろう。
そう考えると、観光地のマチュピチュ村で、リーズナブルにフレンチを食べれると考えたら、そう高くはない。


日本人のお客さんも多い。1人の店員さんは少しだけ日本語を話す。もちろん英語、スペイン語は通じるので問題なし。メニューも日本語メニューがあるので、説明も分かりやすい。

 

<前菜>
前菜はスープやサラダなど7,8種類から選ぶ。

 

f:id:Kouhei50:20140322212826j:plain

↑僕が頼んだ野菜サラダ

写真で見てもらうと分かるのだが、量がかなり多い。スープは1人前ぐらいなのだが、サラダに関して2,3人前ぐらいある。正直、僕でも多いと思うほど。


しかし、生野菜が美味しい。それにかけるソースもこれまた美味。サラダだけでお腹いっぱいになるぐらい。注文する人は覚悟を。

付け合わせにパンが付いてくる。焼きたててで美味しいのだが、食べ過ぎに注意。他の料理が入らなくなる。

 

<メイン>
メインはトルーチャ(マス)、チキン、ビーフから選択。

魚、チキンなども数種類の料理があるので、選ぶのに悩んでしまうほど。ビーフは焼き加減を選択する。

 

f:id:Kouhei50:20140322213103j:plain

↑僕が頼んだテンダービーフ。BBQソース。これにも少しの野菜とチップスが付いてくる。


まずビーフ。ソースとよく絡んで美味しい。「この味に出会えて良かった」と感じるほど。満足感100%を超える料理。

付け合わせのチップスも、そこら辺のチップスとは違い、しっかり揚げてある。ついつい手が出てしまうほど。飽きない。

 

<デザート>
デザートも6,7種類から選択。

 

f:id:Kouhei50:20140322213343j:plain

↑僕が頼んだオレンジケーキ withアイスクリーム

 

スプーンで食べるほど、やわらかい。アイスクリームと絶妙に絡み合い、バニラ&カスタードソースが引き立ててくれる。アップルパイもオススメ。久々に美味しいケーキを食べた。

 


大満足して店を出ることができた。満腹感&満足感、両方満たされた上に幸せな気分。美味しいものを食べると、元気が出てくる。コスパ以上のクオリティであった。
少しお高いかもしれないけど、それ以上の満足感を味わうことができる。


マチュピチュ村に訪れた際は是非。カジュアルレストランなので、服装はあまり気にしなくても良い様子。さすがにTシャツ、サンダルで来ている人はいなかったけど。

 

<Indio Feliz>

住所:Calle Lloque Yupanqui N103, Aguas Calientes

営業時間:月~日12:00-22:00

コース:60ソル(前菜+メイン+デザート)※日本語メニュー有

店のHP:http://www.indiofeliz.com/index.html

HPでメニューの写真も見ることができる。

 


マチュピチュ村で安くご飯を食べる方法

「さすがに60ソルは払えない!」というお方へ。


マチュピチュ村は先ほど書いたように、観光の村。ほとんどがツーリスト。
しかし、現地人も住んでいるので、どこかしらには現地人向けの食堂もある。


一番手軽なのは、メルカド(市場)へ向かうこと。場所はマチュピチュ行バスの上。

 

f:id:Kouhei50:20140329065211j:plain

マチュピチュ行バスとメルカド

 

メルカドの2階に数十軒のご飯屋さんが並んでいる。昼時にはどこも混んでいるのだが、今回食べた店はココ。

 

f:id:Kouhei50:20140329065308j:plain

↑PUESTO LA CHELITA

 

人が混んでる上に、何故か日本語の案内が書いてあったのが興味を引いたから。
昼食メニューは7ソルで、スープ+メイン+ジュースが付いてくる。

 

f:id:Kouhei50:20140322214531j:plain

↑スープ

 

f:id:Kouhei50:20140322214620j:plain

↑メイン。ロモを注文。

 

メインはその日によって違い、店先のホワイトボードにメインが何種類か書いてあるので、そこから選択する。
夕食は確認していないけど、平日はメルカドは空いている様子。夕食もここで食べれば、10ソル以下で収めることができる。
クオリティは値段相応だけど、ローカル感があるので、何泊かする人にとっては、お財布に優しいところだろう。