El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ペルー】クスコの美しい街並みと名物「泥棒市」を歩く。

世界遺産クスコの街を紹介します。

3月22日 1ソル:約36円

 

◆概要

世界遺産に登録されているクスコの街。これといった観光名所はないが、旧市街全体が見どころ。散歩しているだけでも楽しい。

 

f:id:Kouhei50:20140323051016j:plain

↑ 旧市街

 

アルマス広場がクスコの中心。この周辺に旅行代理店やレストラン、鉄道オフィス、土産屋が集まっている。

昔は治安が悪いとされていたが、現在は警察が終日監視をしているので、問題なし。夜も安心して散歩することが出来る。

 

f:id:Kouhei50:20140323051310j:plain

↑ 夜のアルマス広場

 

・旅行代理店

客引きが多い。多すぎて探すのが大変なぐらい。観光都市なので、英語も喋れる。

客引きについていってもいいけど、ガイドブックや他ブログで紹介されている代理店が安全。

対応が良いところが一番。ツアーに参加しなくても、マチュピチュには簡単にアクセス出来るので、マージンが発生する代理店に頼るメリットはあまりない。

 

・レストラン

多くの客引きがいる。たいてい客引きがいるレストランは美味しい印象はない。

アルマス広場に面したレストランは高い。観光客向け。ここで食べるなら、マックやKFCで食べたほうがマシかも。

地元民向けの食堂もクスコには沢山ある。「食」に関しては、別途記事をあげることにする。

 

・治安

上述のように、クスコの治安はあまり問題ではない。

しかし、坂が多くクネクネしている小道が多いので、夜になると不安がある。

日本人が多く集まるカサ・デル・インカなどは、まだ見通しが良い坂なので、いいけども、ペンシオン花田や八幡へ行く道は、女性一人だと心配かもしれない。

 

アルマス広場、サンフランシスコ広場周辺は問題なし。小道に入る場合は注意が必要。

昼間はスリや置き引きに注意していれば、死ぬようなことはない。

 

f:id:Kouhei50:20140323052140j:plain

↑ 夜の小道

 

・物価

観光都市は言うても、地元民も沢山住んでいる街。現地人向けの店に行けば、安く買い物はできる。

食事は1食7~10ソル(約252円~360円)。スーパーに行けば水1リットルが2.1ソル(約75.6円)。コーラも1.6ソル(約57.6円)で買える。

中央市場前には、ORIONというスーパーが毎日営業している。

 

・公共交通機関

ミニバスやマイクロバスが市内を走っているが、旅行者があまり使うことはない。

バスターミナルの外からセントロまで、マイクロバスが走っている。市内移動は0.7ソル。

中央市場から郵便局までも、マイクロバスが運行。0.7ソル(約25.2円)。乗る際に「コレオ?」や「メルカド・ワンチャック?」と聞くと良い。

 

タクシーはいっぱい走ってる。軽自動車かセダンはほぼタクシーと思ってもらっても良い。

観光客と見るとクラクションを鳴らしてくる。最初はウザく感じるが、だんだん慣れてくる。

バスターミナルの客引きも激しい。

バスターミナルからアルマス広場までは4ソル(約144円)。外で拾えば3ソル(約108円)。

これは一人の値段。深夜は夜間料金が追加されて高い。

 

僕はバスターミナル外~サンフランシスコ広場まで2人で5ソルにしてもらった。

最初は「6ソル」とか言われるけど、渋ったり、「じゃあいいです」と言うと値下げしてくれる。

 

タクシーの見分け方は簡単。車体に紅白のラインが入っている。

 

f:id:Kouhei50:20140323054129j:plain

↑ タクシー

 

白タクによる強盗事件も発生しているので、安全のためラジオタクシーに乗ると良い。

屋根の上に番号が書かれた看板が乗ってる。車種はトヨタYARISの場合が多数。

白タクもラジオも値段は大差はない。

 

◆クスコの街並み

さすが世界遺産、というような街並みが広がる。

以下写真。

 

f:id:Kouhei50:20140323054620j:plain

f:id:Kouhei50:20140323054649j:plain

f:id:Kouhei50:20140323054720j:plain

f:id:Kouhei50:20140323054750j:plain

f:id:Kouhei50:20140323054813j:plain

 

・展望台

街を見下ろせる展望台が存在する。

場所はカサ・デル・インカの奥。アルマス広場からはインカ方面に階段をずっと登っていく。標高が高いので、結構辛いけど、眺めは最高。夜は注意したい。

↓ 展望台からの眺め

f:id:Kouhei50:20140323055010j:plain

f:id:Kouhei50:20140323055040j:plain

 

時間がある時は一度訪れてみてほしい。

 

◆泥棒市

「泥棒市」と言えばラパスのエル・アルトが有名だが、「バラティーヨ」と呼ばれるクスコの泥棒市も面白い。

毎週土曜日開催。12時前後が一番盛り上がる。午前中に行くのがベスト。午後には片づけ始める店も多い。

↓ 場所

]

 

中心地から歩いて行ける距離。アルマス広場からは12分ぐらい。

 

f:id:Kouhei50:20140323060103j:plain

↑ 泥棒市の様子。目印。

 

服屋からガラクタまで何でも売ってる。ラパスほど広くはないけど、密集度が凄い。

全部見て回ると疲れるので、勘を頼りに歩いたほうがいい。

スマートフォンは高い。1,000(約36,000円)ソルはする。日葡の電子辞書もあった。絶対盗品。

クスコでスリや盗難にあったら、ここに来れば売ってるかもしれない。

 

f:id:Kouhei50:20140323060420j:plain

↑ 雰囲気

 

人で混んでる。スリ師にとっては稼ぎ時。ポケットには何も入れないこと。

一眼やスマホは宿に置いていったほうがいい。最低限の持ち物で十分。

唾かけ強盗もいるらしいので、注意。

 

f:id:Kouhei50:20140323060617j:plain

↑ 店。撮影許可は得ている。

 

ペルーの古い紙幣を購入した。1枚0.5ソル(約18円)で3枚買ったら、1枚サービスしてくれた。相方にはオレンジくれた。

良いお店もあるし、クソみたいな店もある。クソみたいな店に金を落とす必要はないので、"Esta bien"(大丈夫です)と言って立ち去るのがベスト。

何か小言いわれることもあるけど、それまでの人間なので無視が一番。ババアに多い。

 

f:id:Kouhei50:20140323060959j:plain

↑ お土産やさん通り

 

泥棒市の一角には、お土産や通りもある。マチュピチュや街中のお土産やよりも安い。まとめて買えば値下げしてくれる。

スペイン語オンリーの店も多い。たいてい言い値通りで買うと、ボラれているので、値段交渉必須。

対応が良い店もあるし、悪い店もある。リャマのキーホルダーは1つ1ソル。中央市場だと1つ2ソル。

 

お土産やの値段は、

泥棒市<中央市場<土産屋

の順に上がっていく。

 

土曜日限定で行われているマーケット。もし滞在が土曜に重なったら、訪れてみてはどうだろうか。

スリなどに気を付ければ問題ない。ご飯を食べるところもある。衛生的には「良い」とは言えないけど。

見ていて飽きない場所なので、オススメ。