El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ペルー】 「美食の街」アレキパの宿情報と美味しいご飯

アレキパの宿と美味しいご飯を紹介します。

2014年3月30日 1ソル=約36円

 

◎サンドラのいえ

 

 

評価:★★★★★

 

住所:Calle Buena Vista 214(Cerca Plaza de Yanahuara)

宿泊日:2014.03.26~2014.03.30(4泊)
ドミトリー(5人):30s(2泊目以降は25s)


Wifi:○ シャワー:温 洗濯機:○(1回2s) エアコン:×
キッチン:〇 冷蔵庫:〇 情報ノート:○ 蚊帳:×
ランドリー:×
その他:朝食、夕食、お茶・コーヒー


コメント:

アレキパの有名日本人宿。宿泊者は基本日本人オンリー。

 

朝はサンドラまま特製のフルーツジュース、夜はサンドラまま手作りの夕食が出てくる。夕食はボリュームたっぷりでお代わりし放題。

「1ヶ月居ても同じ料理が出てこない」というほど、日替わりで飽きない味。苦手な食材がある時は、盛り付けの時抜いてくれる。

 

ママなど家に居ないことがあるので、宿泊予約をするのがベター。

メールよりも、Facebookで「サンドラのいえ」で検索すると、出てくるので、そこのメッセージから連絡すると、早く返信が来る。

日本人女性の黒木さんが、一緒に住んでいるので、日本語可能。ただ、忙しい方なので、連絡が遅れても待とう。

 

家は二棟ある。基本は食事をする家&wifi&寝床にいるけど、そこの寝床が一杯になると離れに寝ることになる。

どちらも近いので問題はなし。

 

<アクセス>

・バスターミナルから

タクシーで一台10ソル(約360円)。

「15ソル」と言われることもあるけど、タクシーは沢山いるので、他の車を探しても良い。たまに場所を知ってる運転手さんもいる。

サンドラのいえは、高級住宅地にあるので、夜に着いても治安に問題はなし。

 

・アルマス広場から

ミニバスで1人0.6ソル(約21.6円)

 

中心部からはCruz Verde通りと、Puente Bolognesi通りの交差点から、出ている。

 

↓場所]

 

乗る番号は、

"Alto de la Luna  B  Policlinico"

一択。少し遠回りするけど、20分ぐらいで帰ってこれる。

青と白のカラー、Bラインは緑もあるけど違う。上の表記のみ。

"Altto de la Luna  B  San Agustin"

という同じカラーのミニバスもあるけど、違う方向に行くので乗らないように。

 

降りる目印として、

1.mercado de Caymaを通過したら、「そろそろだな」と思う。

 

2.ガソリンスタンドの交差点を過ぎたら、ソワソワし始める。

 

3.ジェットコースターみたいな坂を下って、角を曲がったら、降りる準備をする。

 

 

4.角を曲がって、すぐに見覚えがある白い壁が見えてくるので、そうしたら運転手さんか車掌さんに"Esquina, por favor."(角お願いします、エスキーナ・ポル・ファボール)と言おう。

家の前に着く。セントロには、そこから同じ番号のミニバスに乗ればOK。家からセントロまでは、歩いて20~30分ぐらい。

行きは下り、帰りは上り。

 

 

宿にはドゥルセとミスキーという犬がいる。とても人懐っこい。

 

 

サンドラのいえ近く

 

 

屋上からの眺め

 

 

家で飼ってるクイ。なお25ソル(約900円)で調理してもらえる模様。

 

 

 

朝ごはん

 

 

 

サンドラまま

 

 

 

アレキパの美味しいご飯

 

・サンドラままの手料理

 

 

一番美味しいペルー料理は、ママが作る夕食。

毎日日替わりで飽きることがなかった。

 

 

 

 

 

 

・食堂街

 

 

Bolognesi通りにはたくさんの食堂が並んでいる。

スープ+メイン+飲み物のセットで4~6ソルが主流。何種類からか選ぶ。

 

 

 

スープ

 

メイン

 

↓この周辺に沢山あるので、自分で探すのも楽しい。毎日ここでご飯食べて、交差点からミニバスに乗ってた。

[]

 

 

 

・CHIFA

 

 

アレキパにもたくさんの"CHIFA"の店がある。中国人経営もあるけど、殆どがペルー人が作る中華料理。

しかし、クスコよりもレベルが高かった。アルマス広場周辺にある。

 

 

 

ワンタンスープは中国で食べる味に匹敵。炒飯も美味しくて、これで5ソル(約180円)。

Bolognesi通りからスクレ通りに入ったところにある。