El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【日本】 日本帰国。旅の終わり。

スポンサーリンク

チリから日本へ帰国した話です。

2014年4月7日 1ペソ=約0.2円 1ドル=約103円

 

サンティアゴ⇒ロサンゼルス

 

宿から空港へ向かう。

宿は、中心地のロス・エロエスに位置する。そのメトロの駅から空港へ向かう、エアポートバスが出ている。

 

↑エアポートバス

 

片道1,350ペソ(約270円)。往復2,400ペソ(約480円)。安い。

往復チケットは3ヶ月間有効。

 

15分に1本ぐらいのペースで出ているので、あまり待たずして出発。

30分弱で空港到着。ちょうど夕焼けの時間帯だった。

 

 

LAN航空のカウンターでチェックイン。

受付のスタッフが新人さんぽく、横にいたベテランの人に何度も聞きながらやっていた。

すると、「席に案内できません。21時10分に戻ってきてください」と言ってきたのだ。

 

WEBチェックインは済ませているし、席がないのはオカシイ。WEBチェックインは、システム上のエラーがあったのだろうけど、少し対応に不満が残る。

 

 

21時10分。先ほどのお姉さんはいないので、ベテランぽい人のカウンターへ行く。

まず「飛行機には乗れますか?」と質問。"Si"と返ってきたので安心。

本当は一番後ろの席を選択していたけど、前の方の席(しかも窓側)になっていたので、満足。

 

驚いたのは二人ともスペイン語オンリーということだ。国際空港なのに。

喋れない人来たらどうするんだろ。

 

↑搭乗ゲート

 

22時50分。定刻通り出発。

 

早速機内食。ラビオリ。

 

 

途中でリマ空港に一度降機。客を入れ替える。LAに行く人は、そのまま待機。

 

寝てたら、今度はサンドウィッチの軽食。

 

 

だんだん朝になってきた。

 

 

到着2時間前には、朝飯。ご飯出し過ぎ、

 

 

だんだんアメリカへ近づいてきた。

 

 

 8時過ぎ、ロサンゼルスに到着。

 

 

◎ロサンゼルス乗り継ぎ

 

LAでは5時間トランジット。

 

流れとして、

入国審査⇒手荷物受取⇒トランジットカウンター⇒荷物預け⇒外に出る⇒出発階にあがる⇒JALチェックイン⇒手荷物検査

 

非常にメンドイ。アメリカトランジットは今後したくない。

 

↑LAの空港

 

ターミナルはいくつかあるけど、LANもJAL国際線ターミナルなので楽。

 

JALのカウンターで搭乗券を受け取る。対応は日本語。丁寧に説明してくれて、感動した。

LAXのスタッフは陽気な人が多い印象、笑顔で対応するアメリカ人。

 

 

あまりにも腹が減ったので、アメリカでお世話になったパンダ・エクスプレスでブランチ。

 

 

10$ちょっと。山盛りで美味しい。

 

◎ロサンゼルス⇒成田

 

 

最後はJAL締め。

 

 

日本語対応。乗る前にスタッフにいくつか質問されたけど、その人がメキシコ人で、俺が南米行ったと聞いた途端にスペイン語で質問してきた。憎めない。

 

 

出発して1時間半。昼食。和か洋で選択。食後にアイス付いて満足。

 

 

 

個人用モニターで映画など見て過ごす。11時間のフライト。

 

 

到着2時間前にもう1回機内食パッタイみたいな焼きそば。

 

16時40分、成田到着。

 

 

JALの「おもてなし」には常に感動していた。

個人用モニターが壊れた時も、何度も確認して、最後まで付き合ってくれた。

細かい部分での「気づき」も素晴らしい。

 

日系を使うわけには、こういう対応があるからだ。

 

僕は日本に着いたのだ。

 

 

22歳の誕生日に、日本帰国。

 

 

友達と親が空港に来てくれていた。

一年振りの日本、だけどそんな感覚がない。

 

 

東京シャトルで東京駅へ向かう。片道900円と安い。席も空いてる。

渋滞がなければ、1時間半で八重洲口に着く。

 

その後は家族で木曽路へ。やっぱ日本料理はうまい。

 

 

世界一周関連記事は、また別途。