El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ブラジル】 リオ・デ・ジャネイロを旅行する上で気をつけてほしい3つのこと。

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを安全に旅する上で必要なことを記します。

1レアル=約43円

 

◆はじめに

 

 

南米の経済大国でもあり、観光立国のブラジル。2013年度はブラジルを訪れる観光客数が600万人を超え、W杯やオリンピックで今後もどんどん伸びていくと予想される。

 

W杯やリオ五輪に行く日本人観光客も多いに違いない。

そこで、日本人が多く訪れる、リオ・サンパウロ・ボニートイグアスの滝にスポットを当てて、治安などの安全情報を提供する。

今回はリオ・デ・ジャネイロ

 

はじめに言っておくが、「ブラジル=治安悪い」という考えは一概には言えない。良い場所ももちろんある。

 

◆リオの治安

 

場所によって、リオの治安は変化する。良いところもあるが、残念ながら悪い地域もあるのが現状だ。

一つ言えることは「日本の感覚で歩くな」。痛い目に遭いたくなければ「ここは海外」と思って歩いてほしい。

一般的に治安のよいエリアと悪いエリアでは分けられている。以下に記した。

 

<治安の良いエリア>

コパカバーナ地区

イパネマ地区

ボタフォゴ地区

ポン・ジ・アスカール

コルコバードの丘

 

<治安の悪いエリア>

セントロ周辺、一部のファベーラ(スラム街)

 

主に観光客が訪れるエリアを記した。

治安が良い地区については、あまり書くことはない。

 

・海岸にも置き引きなどいるので、荷物注意!

・観光客しかいない、ポン・ジ・アスカールもコルコバードの丘もスリには注意!

・警官は多いけど、そこまで信用するな!

 

以上を注意して歩いてほしい。

コパカバーナは夜でも人通りが多いので、スリに注意していれば安全。カメラぶらさげている人もいる。

イパネマは高級住宅地でもあるので、問題なし。人通りが少ない場所、灯りがない場所は警戒したほうがいい。

 

↑夕暮れのイパネマ海岸 

 

さて、治安が悪い地域について書くことにする。

 

・ファベーラ                                 

 

リオのスラム街。「悪の巣窟」と呼ばれていたほど、麻薬闘争が絶えない場所だった。しかし、治安当局や警察が力を出したことで、ギャング排除に成功した。

 

「ファベーラ=治安が悪い」というわけではない。

しかし、警戒は必要だ。観光客は目に付く、特に日本人。

いくら普通の格好をしていても、「旅行出来る人=金持ち」に繋がるからだ。

 

↑ファベーラ 

 

現在はファベーラに日本人宿があったり、ファベーラを訪れるツアーも催行している。

個人で訪れるのは考えものだけど、しっかりと状態が良い地域を見極めて訪れてほしい。

W杯決勝が行われたマラカナン・スタジアム。この裏にもファベーラがある。

 

スタジアムの方向とは逆なので、余程のことがない限り、交わることはないだろう。スタジアムはメトロの駅からスロープで繋がっているので、夜は辺りをうろつかず、早めに宿へ戻ることをオススメする。

 

結論:余程のことがない限りは行かない!行くなら手ぶら。

 

マラカナンスタジアム

 

・セントロ

 

この地域に訪れる前に、一度「治安が良くない場所」だと考えてもらいたい。

そして行く人は「平日の昼間」に行くようにしよう。

 

カテドラル・メトロポリターナや水道橋、セラロンの階段など観光スポットもある。だが下町でもあるので、格差社会に悩ます人が住んでいるのも現実だ。これはブラジルの社会問題なので、まだまだ解消される傾向はない。

 

↑エルカダリア・セラロン 

 

セントロにはビルが建ち、ビジネスマンが多く歩いている。

しかし、土日や夜になると、人通りも少なくなり、リアル北斗の拳状態。昼間でも歩きたくない場所があるぐらいなので、想像すると恐ろしい。

 

特に、観光客が行くエリアで「注意が必要かな?」と思った所は、カテドラル・メトロポリターナからセラロンの階段まで。

カリオカ水道橋前の広場は、平日昼間でも人通りが多くなかったので、少しビビっていた。

セラロンの階段は問題なし。観光客が多く、警察官もいるので安全と言える。

しかし、その周辺は雰囲気が悪いので、気をつけた方がいい。

 

結論:平日昼間に歩くこと!不安ならツアーに参加するべき。

 

 ↑カリオカ水道橋

 

◆リオを旅する上で大事な3つのこと

 

テレビなどで「リオの治安が悪化している」と報道されているが、全体が悪いわけではないのを頭に入れておいてほしい。

もちろんスリなどに気をつけることは大切。

 

1.ポケットには何もいれないこと!

⇒財布、iphoneをポケットに入れてあることは「是非盗んでください」とアピールしているもの。向こうはプロだ。iphoneは窃盗業界では人気あるので、外であまり出したくはない。

対策:財布、iphoneなど貴重品は宿に置いていく。僕は現金はいつも裸で持ち歩いていた。また、パスポートコピーを持つようにしよう。

 

↑警察。あまり世話にはなりたくない。 

 

2.バスの中だからって安心するな!

⇒リオを歩く際、バスとは切っても離せないほど重要な移動手段。そして、市民の大切な足となっている。バスは一律3レアル(約129円)。

しかし、犯罪も起きている。バスの中で殺されたり、体を傷付けられることはない。

 

犯人が降りる際に、乗客のカバンやスマホ、アクセサリーを盗んでいく。

停車中に窓から侵入して、荷物を盗んでいく。

 

など。犯人は若くて体力がある奴らが多い、逃げられたら勝てる見込みは少ない。

 

対策:不安があるならメトロを使おう。メトロは3.2レアル(約137円)。少し高いけど確実。

リオは「渋滞の街」だ。バスは常に巻き込まれて遅くなると、考えたほうがいい。信号も多いので、その時に事件は起こる。

なので、もし乗る時はスリに注意し、荷物も自分に密着させよう。窃盗が起こるのも、リオのバスの台数からすれば"稀"だ。

 

↑バス車内 

 

3.ファッションに気を付けろ!

⇒日本人は小奇麗な格好で街中を歩いている。オシャレなので誇り高いけども、あまりにも現地人と違う格好をしていると「観光客です」とアピールしているもの。

狙われる観光客と狙われない観光客がいる。老若男女問わず。

 

・ボーって歩いている人

地球の歩き方を持って歩いている人

・ネックレスや派手なアクセサリをしている人

・カメラをぶら下げている人

スマホ片手に歩いている人

 

など。現地人でもいるけど、観光客に比べて現金は持ち歩いていないのだ。

 

対策:あまりにも地味すぎるのは反って目立つ。

僕は、ポロシャツにジーンズ、スニーカーという格好で歩いていた。

女性は知らない。少なくとも女子大生みたいなファッションはアカン。

逆によれよれのTシャツにタイパンツ、無精ひげというバックパッカーぽい格好も好まれない。あくまでも、自然な形で行くことが大事。

 

地球の歩き方が必要な人は、コピーを持参しよう。

本体は宿に置いていき、日本で事前にコピーした地図などを持っていくと、かさばらず、紙に書き込めるし、使い終わったら捨てられる。

どうしても「私は日本人です。皆おいでー!」とやりたい人は、是非歩き方を持って歩いてください。

 

カバンは自分と密着できるのがオススメ。僕は小さなショルダーバッグを持ち歩いていた。リュックはあんまオススメしない。

ペアで行く場合は、どちらかがショルダーバッグ背負って、片方は手ぶら。これだと、警戒も1人だけで済む。

斜めがけカバンが一番いいのかも。

 

↑観光客

 

・どこに宿を取ればいいか?

 

<オススメ地域>

コパカバーナ地区、イパネマ地区、ボタフォゴ地区

 

リオの中でも治安に不安がないエリアだ。

ツアーだと考える必要はないが、個人旅行だと宿探しは必ずしないといけない。

この地域は夜でも歩けるが、目安として「地下鉄駅から徒歩10分以内」の宿を探すと良い。

 

大通り沿いなら全く問題はないが、小道に入るところは少し不安だ。

また遠すぎると丘の上であったり、交通アクセスが悪い場所もある。バックパックならいいけど、スーツケースだと大変だ。

 

このエリアは平らな地域。10分以内なら大丈夫だろう。 

滞在中に路線バスを使う人は、宿の近くにバス停があるかgoogleマップで確認しておくと尚良し。

 

 ↑セントロにはこういう所もある

 

◆おわりに

 

リオを訪れる人には、無事に帰ってきてもらいたい。手口や対策を頭い入れておくだけで、犯罪を防げる可能性は高くなる。

いくら対策をしていても防ぎきれない場合もある。それは「運が悪かった」と思うしかない。

海外に行くのだ、どこもかしこも安全という考えはやめるべき。なので、海外旅行保険に入っておくと良い。起きてからでは遅い。

 

これを読んだ方が、少しでも治安について役立てば嬉しいと思う。