El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【エチオピア】 アディスアベバ散策

エチオピアの首都・アディスアベバを散策した話しです。

2013年5月 1ブル=約5円

 

◎現金両替

 

アディスアベバで泊まっていたタイツホテル。安全で便利な所であった。

 

併設されているエチオピア銀行では、お金を両替することも可能。南部に備えて、100Bをオール1Bに両替。しかも全部ピン札。

ATMで高額紙幣を受け取っても、問題はなし。

 

↑一気に金持ち気分

 

タイツホテルで売っていたポストカード。20B(約100円)ぐらいしたと思う。

 

 

アディスアベバの街

 

「治安が悪い」と言われるアディスアベバ

 

 

昼間は歩いて問題なし。スリには気をつけていた。夜は警備員から外出を止められた上、タクシー乗った時に外は雰囲気最悪だったので、悪い。

 

建築中の家、骨組みは木。

 

 

日本車が多い。特にトヨタ。ここでも日本車はさすがだ。強い。日本の中古車もで周っている。

 

 

エチオピアに入って強く感じたことは、「女性の社会進出が進んでいる」こと。

女性警官の数がホント多い。今までが中東にいたので、強く感じる後押しになっている。

他の業種でも、女性と関わることが多くあった。「ここはキリスト教の国なんだ」と思った時。

 

 

人がそこらへんで寝てる。一瞬死んでるのか、と思った。

 

 

アディスアベバは現地人がいるエリアと、いないエリアではっきりと分かれている。

旧市街だと、バスターミナルやピアッサ周辺は人も多い(=スリも多い)。

 

 

マルカート(市場)周辺。スリに注意。

ちなみにアウト・ブス・テラ(バスターミナル)も近くにある。

 

↑バスターミナルの券売所。エチオピア時間に注意。

 

↑なんかの像

 

↑モスクワばりに広い道路

 

街の南側エリアには近代的なビルも。

大使館など建ち並び、治安も良い。

 

 

 

 

アディスアベバの最新のトレンド?

 

 

何かの行列。エチオピア人が並ぶこと初めて知った。

 

 

 

◎公共交通機関

 

主に使っていた移動手段は、ミニバス。どのエリアにも走っているから使いやすかった。

スリには注意、料金は距離制で安かった。3~5B(約15~25円)ぐらいだったはず。

 

 

番号とかなかったはず。青色ラインが目印。車掌が行き先を連呼している。

とにかく車掌に「○○行く?」と聞いてみよう。それでしか判断できない。

 

一応路線バスぽいのも走ってる。郵便局からピアッサ近くまで使った。

Churcill Rdを走ってる。黄色とオレンジに塗装されている。

 

↑車内。二両連結。

 

 

↑車掌さん。彼女にお金を払う。

 

 

 ↑バス停での一こま。

 

この一コマ、何て効率が悪いのだろう、と感じていた。

彼女からチケットを買って、前のドアから乗り混む。

この混雑にしても、停車時間を短くするなら改善する方法はある。

 

車掌を乗せるなら、ブラジルみたいに前ドア近くに座らせるか、バンコクみたいに運賃を発車後に回収するか。

頭を使えば、すぐに良くなると思うのだが、なんだろうか。

 

◎おばちゃん

 

凄く気になったおばちゃんがいたので、紹介する。 

 

その前に、俺の周りをうろちょろしていたガキ。金はあげない。自分で稼げ。

 

 

おばちゃん。僕たちと同じピアッサ方面のバスを探していた。

しかし片手に持ってるものを見ると。

 

 

今日のご飯だろうか、ワイルドすぎる。

なお、ピアッサ方面には僕のほうが先に乗って、おばちゃん乗れず。ちゃんといけたのかな。

 

 

◎エチオピアコーヒー

 

エチオピアはコーヒーの生産地。カフェが多く町中にある。

 

↑某コーヒーショップのマネ

 

歩き方記載で有名な「トモカ・コーヒー」へ行ってきた。

 

 

店前には警備員が見張る。客層は外国人が多い。金持ってそうな地元民もいる。

 

 

 

 

違いが分からない男だけど、少し優雅な気分にさせてもらった。

 

以下場所。

]

 

 

アディスアベバまとめ>

・両替

⇒タイツホテル内のエチオピア銀行で可能。高額紙幣を少額紙幣にしてくれる。全部ピン札。

 

・治安

⇒夜は不安がある。出歩かないほうが賢明。昼間は問題なし、人通りが少ないエリアには立ち寄らないほうがいい。大通りはスリに気をつけていれば、カメラ持って歩ける。殺されるようなことはないはず。

 

・公共交通機関

⇒ミニバスが主流。たまにぼる奴もいるので、注意。安いので使い勝手はよい。タクシーは暗い時に使うと便利。ちなみに、新市街はボレ地区。バス内はスリ注意。

 

・ウザい人

⇒都会なので、集中攻撃を受けることはない。けど、ピアッサ周辺にはいる。特にタイツホテル前には「ホンダ」という男がよく立っていて、声をかけてくる。

適当にあしらっておくと良い。深く関わると、すごーくメンドイことになる。

ウザい奴らはメンタル最強なので、無視したところでは動じないので、嫌なら"No"と言おう。クソ連中は、"No"と言えない日本人の心に付け込んでくる。