El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【エチオピア】 ケニアへ国境越え 【ケニア】

モヤレでエチオピアからケニアへ国境越えした話です。

2013年5月 1ブル=約5円 1シリング=約1.2円

 

◎エチオピア⇒ケニア

 

朝から高揚な気分であった。そう、今日はエチオピアを出国する日。散々虐められたエチオピア、ようやく出ることができる。

 

 

昨日追い返された事務所へ行き、出国手続き。

いよいよケニア入国だ。ケニアがそんな国ではないことを祈っていた。

 

 

橋を渡ればすぐそこはケニア。この橋には凄くレートが悪いけど、両替商もいる。

ケニア側のモヤレにはKCBのATMがあるので、両替商に頼らないほうがいいだろう。

 

エチオピアの国境を越えた時、

 

「二度と来るかボケー!!!!」

 

と言ったのはいうまでもない。

 

ケニアに入って最初に見つけたのはコチラ。

 

 

そのまんま。期待を高めさせてくれる。

入国審査は至ってシンプルだ。ビザを国境で取得できるので、書類を書いて50USD払って終わり。

特に質問されることもないので、ケニアは国境取得がいいだろう。

 

モヤレの町は国境のすぐ近くなので、バイタクやタクシーを使い意味はない。

 

◎モヤレ散策

 

宿に荷物を置き、まずはご飯といこう。

 

 

コーラ付けて290Ksh(約348円)。テールスープみたいな感じで美味しかった。

だが、翌日。それは今度話すことにしよう。

 

宿と同じ建物にこの店は入っているし、同じ建物の下にはKCBもある。しかも警備員付き。

シリングを大量におろす。

 

 

モヤレ。ここがメイン広場。下には日本の社用車が止まっている。

ナイロビまでのバスチケットを購入。モヤレラハ社で2,500Ksh(約3,000円)。

 

 

エチオピアではあまり見なかったムスリム。この国境の町には多くいる。

ケニアはキリスト教が主流、しかしモンバサなどの海岸部にはイスラム教が主流である。

 

 

今は1日1便バスが走っているが、写真のようなトラックも健在。着いた日に荷台で出発できる、と言われたが丁重にお断りをした。

 

 

ケニアもペンキで壁が描かれている。こういうのは味があって面白い。

 

 

宿と飯屋、KCBが入っている建物。