El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ケニア】 モヤレ⇒ナイロビ。世界一過酷なバス移動。

モヤレからナイロビへバス移動した話です。

2013年5月 1シリング=約1.2円

 

◎モヤレ⇒ナイロビ

 

朝5時半。外は真っ暗の中、バス乗り場へ向かう。

宿は乗り場と目と鼻の先にあるので、闇の中でも怖れることはない。

 

前日にチケットは購入していた。2,500ksh(3,000円)。

係員に荷物を預け、バスへ乗り込む。見た目は意外と丈夫そう。

 

外がだんだん明るくなってきた。

朝6時。定刻から少し遅れてバスは出発。

ナイロビまでは24時間かかる。

 

このモヤレ~ナイロビルート。

旅人の中では「世界一辛いバス移動」と噂されている。

それは、殆どの道が悪路だから、ということだ。

 

ナイロビ近郊になると舗装道になるけど、それまではずっと揺れる。

どんなことになるのか、覚悟の上だった。



↑前に座っていた子ども

 

エチオピアとケニア国境は、山賊が出ると言われていて、検問が多くあった。

安全ならいいけど、山賊と聞くと少しビビってしまう。

 

何事もなくバスは走り続けている。見た目は。

車内の僕は、顔に砂が付きまくってる。窓が壊れていて完全に閉まらない。閉めても、窓が開いてくるのだ。

 

まさに「苦行」。陸路でアフリカ縦断するには、これくらいの精神力は付けないといけない。

 

顔に砂がかかることに加えて、今度は下腹が痛くなってきた。

ビオフェルミンで応急措置をするも、ヤバイ状態。

すると、バスがゆっくりとなり、荒野の中で止まった。


↑何もない荒野

 

どうやら壊れたらしい。やっぱりオンボロだった。

時間がかかりそうなので、青空トイレをすることに。

 

↑こんな場所でトイレ



凄い開放感はあるんだけど、いかんせん便が緑色だったのは、頂けない。

昨日食ったスープが原因だろう。

でも出してスッキリ、ポカリを作って後はバスの中で安静することにする。

 

↑バス

 

途中途中町に入るのだが、そんなの気休め程度。

口の中がジャリジャリしてくるし、顔痛いし。

通路側に座る女性の椅子が、壊れてしまって、途中下車していたのは何とも。

 

バスはすごく揺れる。頭打ったぐらい。よく酔わなかったと思うけど、あれぐらい揺れると割りきれるのかな。

今までに経験したことがない震動、自分で自分を誉めてあげたい。



日が暮れて夜になる。だが、揺れ続けている。

前に比べたらマシなので、次第と眠りに入っていった。

 

起きる、外はまだ暗い。

道は・・・

 

アスファルトだ!!!!!

 

ナイロビまで後4時間という場所。いつの間にか舗装道に入っていた。

一安心というか、よく耐えたなと。

ここまで舗装道に感動したことはない。アスファルトのありがたみを実感。

 

朝6時。ナイロビ到着。ホントに24時間だった。

明るくなるのを待って、タクシーでセントロへ。

白タクしかいないので、ドライバーを選んだほうがいい。

確か値段は、500-1,000kshぐらい。交渉するべき。

セントロまでは20-30分程。

 

何事もなくセントロ到着。警戒してナンバーとか撮ったけど、今回は問題なし。


↑ナイロビ



都会だ。何だかワクワクしてきた。

 

 

<移動まとめ>

 

・モヤレ~ナイロビ

所要:24時間(06:00-06:00)

値段:2,500ksh(約3,000円)

注意点:

1.砂が入ってくるので、顔を守るものが必要

2.休憩はあるけど少ないので、水を買っておくべき

3.汚れてもいい服で乗ること

4.耐えること