El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ケニア】 意外と平和な?ナイロビの街を歩く。

ケニアの首都・ナイロビを散策した話です。

 2013年5月 1シリング=約1.2円

 

◆はじめに

 

ヨハネス、ダルエスサラームに並び治安が悪い都市として有名なナイロビ。

先日はショッピングモール強盗事件もあり、旅行者が近寄りがたい雰囲気を漂わせている。

 

僕が訪れた5月、結論から言うと「治安に問題はなかった」。

運が良いことに、何もなく終えることができた。しかしながら、当然警戒は必要である。

 

サファリツアーなどで訪れる人も多いだろう、その時はしっかり情報を確認し、安全な旅にしてもらいたい。

 

◆ナイロビ散策

 

着いた初日、体を綺麗サッパリにした後、宿近くのショッピングモールへ行ってみることにした。

 

 

途上国は炭酸飲料の看板が多いけど、これはデカい。

 

ケニアに入って驚いたこと、そして特にナイロビで目を疑った瞬間。

 

 

車が99%日本車なのだ。新車ではない、殆どが中古車という車事情に大変驚いた。

上のレガシィ、日本で走ってた車。それがはるばるケニアへやってきているというのには、新たに勉強したこと。

 

 

ショッピングセンターの駐車場。日本の中古車だらけ。中には新車を買う人もいるし、欧米の車に乗る人もいるけど、ほぼ昔の車だ。

ケニアは使用後5年以内の車ということで、比較的綺麗な状態で保たれている。右ハンドルなので、道路を見ていると数年前の日本を思い出してくる。

 

昼時だったので、KFCで昼食。他の店は高い。

 

 

チキンではなく、バーガーを注文。なんかエチオピアの後だから、かなり落ち着いた味だった記憶している。670Ksh(約804円)。

 

モール内に入っている大型スーパー"Nakumatt"。スワヒリ語圏ではお世話になった。

店内は広い、何でも売ってる。テントは2,000Ksh(約2,400円)だった。

 

 

パソコンも買ったのだが、このくだりは省略する。

宿に戻り、着いた日だったのでゆっくりした。

--------

翌日。

 

サファリツアーの予約をしにセントロへ。

 

 

都会のナイロビ。昼間は多くのビジネスマンが街を歩いている。

 

 

ヒルトンホテル。さすがに泊まれる身分ではない。スリには注意だけど、危ない雰囲気はないし、人多いし、ビジネスマンばかりだから問題ないと感じた。

サファリツアーの勧誘は多いけど。

 

オフィス内にある"Big Time Safari"というツアー会社で予約。

場所は失念。近くにNakumattがあったのは覚えている。

 

その足でカンパラコーチのオフィスへ向かうため、ダウンタウンへと入っていく。

 

 

1本通りを挟むだけなのに、ガラりと雰囲気が変わる。ネクタイを締めた人はいない。少し不気味な様子だ。

 

New Kenya Lodge横にあるカンパラコーチオフィス。赤い建物が目印。

ここに行くまで人通りが多い道を通ったので、特に被害なし。夜は怖いね。

 

 

一応、行き先別に窓口が分かれている。座席指定可能。

カンパラまでの夜行バス、2,500シリング(約3,000円)

 

 

事前に予約が望ましい。

雰囲気の悪いダウンタウンを抜け出し、ビル街へと戻ることに。

 

↑アフリカ人が好みそうな女性

 

 

ブラックアフリカン、他の人種が歩いていることは稀。アフリカの都会、ってイメージしにくいかもしれないけど、東アフリカの経済を支えていることがわかるぐらい、昼間は賑わっている。

 

 

そろそろ昼ごはん。

一緒にいた友達が、現地人にオススメのレストランを聞いてくれたので、そこへ向かう。

 

 

2階にある。目印は緑。

 

 

中は現地人のみ。確かに賑わっている。

 

 

数多くあるメニューから、牛肉とウガリ、コーラを選択。

お米 or ウガリから選べるが、ウガリとは穀物の粉を湯で練り上げたアフリカ伝統の食品のこと。

マッシュポテトみたいだけど、味はない。好き好んで食うものではないと思った。

360Ksh(約432円)。

 

 

帰り道、人だかりが出来てた。

 

 

中ではパフォーマンスをしていた。どこの国でもパフォーマーは多い。

 

 

コメディアンで皆を笑わせていた。ずっと見続けることはないけど、たまにちょっと見ると面白い。

 

帰りのバスで外見ていたら、サトウキビ切って売ってた。

 

----

別日。

 

KCBに行って米ドルを引き出す。1回で300USDまで可能。全部100$ピン札。

 

その後郵便局へ。荷物を送るためだ。

中々いい笑顔。

 

 

おばちゃんが色々やってくれる。

 

包装代150Ksh(約180円)+日本までの送料6,450Ksh(約7,740円)。

英語が通じるし、手続きも簡単だった。

 

 

無性にポテトが食いたくなったので、どこかのファストフード店に入る。ケニアはチキンのファストフード店が山ほどある。

 

 

これで190Ksh(約228円)

 

帰りに見た景色。

 

 

 

こういうの貼ってあると、懐かしさを感じる。