El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【アルゼンチン】 世界最大・イグアスの滝に突っ込んでみた(アルゼンチン側)

世界遺産イグアスの滝に突っ込んできました。

2014年2月 1レアル=約43円 1アルゼンチンペソ=約100円(闇レート)

 

◎はじめに

 

「世界最大」と言われているイグアスの滝。ブラジルとアルゼンチンの国境に跨っており、どちらの国からも鑑賞することができる。

全体が見渡せるブラジル側に対し、アルゼンチン側は細かいところまで見れるので、旅人からは「アルゼンチン側のほうが充実している」という声をきく。

 

確かにアルゼンチン側のほうが観光にも時間かかるし、アトラクションもたくさんあるので楽しいのだが、結論から言うと「どちらも行くべし」ということだ。

どちらにも楽しみ方はあるし、ブラジル側も見ることで判断ができることだろう。

 

今回はアルゼンチン側を紹介する。

 

 

 

◎アクセス

 

フォス・ド・イグアスから行ったので、ブラジル⇒アルゼンチンの国境越えも紹介する。

 

フォス・ド・イグアスの乗り場は近距離バスターミナル(T.T.U)の外側だ。

 

]

 

北側にある細い通り。バスターミナルの裏、歩いていればバス停があるので分かりやすい。

そこからプエルト・イグアス行きのバスが30分間隔で出ている。

 

片道

3.5レアル(約150円)/15ペソ(闇約150円)

 

どちらの通貨でも払うことができる。運転手さんはスペイン語もポルトガル語もいけると思う。

さて、国境越えの話だ。

 

僕はブラジルからアルゼンチンへの「日帰り」なので出入国審査を受ける必要はない。

しかし、そのままアルゼンチンに入る場合は、出入国審査が必要になる。

 

ブラジル国境、アルゼンチン国境には、言わないと止めてくれない。何も言わずに乗り込むとスルーされる。

中にはバックパックを見て止まってくれる運転手さんもいるけど、少ないと思ったほうがいい。

 

出入国審査をする人は「国境で降ろして!」と言おう。

スペイン語の場合は"Frontera, porfavor."で通じる。

 

バスの本数は少ないので、国境越えでかなり時間がかかると思う。

日程には余裕を持つことが大事だ。

ちなみに降りる際、運転手さんからチケットを貰っておくと、そのまま次のバスに運賃を払わず乗り込むことができる

 

 

国境越えがなければ30分ほどでプエルト・イグアスのバスターミナルに到着する。

そして、そこからイグアス滝行きのバスが出ている。

確か11番乗り場?から、Uruguay社のバスが往復80ペソ(約800円)。20~30分に1本。オフィス前に時刻表があるので、現地で参考にするのが良い。

そこから滝までは40分ほどだ。

 

 

帰りはプエルト・イグアスのバスターミナルからフォス行が出ている。5番乗り場だったかな?

ブラジル側に日帰りする人も、ビザ等は必要ないのでそのまま国境スルーが出来る。そのままビザなしで国内を旅することは不可能だけど。

 

<移動まとめ>

・フォス・ド・イグアス⇔プエルト・イグアス

料金:片道3.5レアル or 15ペソ

時間:30分(国境越えする人はもっと)

※バスの本数がそれほど多くはないので、注意しよう!

 

・プエルト・イグアス⇔イグアスの滝

料金:往復80ペソ

時間:40分

※珍しく時刻表通りに動くので、時間を確認しておこう!

 

※注意※

時期によってブラジルとアルゼンチンで時差がある場合がある。

南米の「夏」(日本の「冬」)に行く人は、時差を確認しておくべき。

 

 

◎滝散策

 

 

バスを降りると目の前にはゲート。

9時開門だけど、すでに多くの人が並んでいる。

入場券は180ペソ(闇約1,800円)。

 

入場するとまずは、ボートツアーの申し込み。

すでにチケットは購入してあるので、時間を予約する。11時スタートとなったので、2時間弱散策することにした。

 

園内を走る列車はすでに発車した後なので、歩くことに。

 

 

散策コースを歩けば次の駅まで行けるし、10分ぐらいで着く。

だんだんと青空が出てきた。

 

 

早速滝が見えるところに。

 

 

高い。そして結構迫力がある。

 

 

煙ではない水しぶきだ。悪魔ののどぶえ、凄そう。

 

 

植物の案内。

 

 

鳥。

 

自然ですね。

 

 

いくつも滝が見える。綺麗。

 

 

こんな近くまで行ける。水しぶきは半端ない。

 

 

地図で見ると広いんだけど、意外と遊歩道は短かったりするので、1時間ぐらいで散策終わってしまう。

滝見ながら時間潰して、いよいよボートツアーだ。

 

◎いざ滝つぼへ

 

待ちに待った「滝壺ボートツアー」。

名の通り、ボートが滝へ突っ込むのだ。

料金は180ペソ(闇約1,800円)。イグアス移住地のペンション八幡で買えば170ペソ(闇約1,700円)。

結構人気なので、午後から来ると乗れないという可能性があるので、早めに来て乗ってしまおう。

 

 

崖下の乗り場まで降りていく。

荷物を入れるカバンと救命胴衣は乗る前に貰える。荷物は濡れることないけど、服は濡れてもいい恰好で。女性はメイク厳禁!

 

こんな感じ。

 

 

だんだん滝に近づいていきます。

 

 

周りは欧米人。皆さんテンション高いです。

あそこに突っ込むのか・・・・?

 

 

あれはすごい。

 

 

 

そして!

 

 

 

 

もうどうなっていたのか分かりません。

とにかく、凄かった。そしてびしょ濡れ。

 

写真撮る余裕などございません。ほんと滝の側面なんだけど、こんなに水かかるとは思わなかった。

 

だいたい15~20分ぐらいのコースなんだけど、行く価値十分にある。もう一回乗りたかったと思うぐらい。

 

ホント、凄かった。

 

 

◎悪魔ののどぶえ

 

列車の駅まで戻り、悪魔ののどぶえまで向かう。

列車で10分ぐらいかかるので、歩くのには遠い。

列車もゲートから乗っても、必ず途中駅で降ろされるので、気を付けよう。

 

 

悪魔ののどぶえまで歩く。

 

 

だんだん見えてきた。

 

 

そして、

 

 

うおー!!!!

 

これは凄い。

 

 

何も見えない。水しぶきすごいな。

 

 

これぞ悪魔ののどぶえ、という雰囲気で満足。

 

 

かなりの人混みなので、イライラしないように。

写真撮影する人も大変だ。

 

 

帰りは列車で戻る。

 

 

途中駅で降ろされるので、そこからは歩いてゲートまで戻った。

 

 

◎おわりに

 

世界遺産に登録されているイグアス。ヴィクトリアの滝に並び、大満足した観光名所。

少々高くても、ブラジル側&アルゼンチン側に行って良かった。