El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【南アフリカ】 南半球最大のショッピングセンターに行ってみた

ケープタウン滞在中、「南半球最大」と言われているショッピングセンターへ行ってきました。

2013年6月 1ランド=約10円

 

ケープタウンに滞在しているときに「オアシスモール」という言葉を聞いた。どうやらアフリカに限らず、"南半球"最大と言われているショッピングセンターだそうだ。

「南半球」というのがミソではあるけども、とにかく気になったので、さっそく行ってみた。

 

◆アクセス

 

一番簡単なのは「ミニバス」でアクセスすることだ。

現地ではミニバスのことを「タクシー」と言う。

ケープタウン駅の2階、タクシーターミナルよりセンチュリーシティー行きの車が出ている。

オアシスモールはセンチュリーシティーという計画都市の中に位置する。

 

ケープタウン

 

乗り場は15番、片道9R(約90円)。

地元の人にも「センチュリーシティー」で通じる。乗客は現地女性がほとんど、アジア系で男も少ない。なので治安は問題ないと思われる。

ミニバスはケープタウンを出発すると、すぐに高速道路に入り、30分ほどでセンチュリーシティー最寄りのミニバスターミナルに到着する。

 

そこからは人が流れる方向に歩いていけば、オアシスモールだ。

 

◆センチュリーシティー

 

センチュリーシティーは計画都市だ。綺麗に道路が整備され、緑が植えられ、新興住宅地となっている。

ここに住むような人はタクシー(ミニバス)を使わない、殆どが自家用車だ。

 

 

「ここはアフリカなのか?」と感じてしまう。ヨーロッパというよりかは、アメリカにいる雰囲気。

オアシスモールに近づくに連れて、人々の肌の色も黒色から白色に変わっていく。

 

 

人工的な川も作られている。

 

 

5分ほどタクシーターミナルから歩けば、オアシスモールだ。見ただけでもデカいと感じる規模。

早速中に入る。

 

 

確かに大きい。だけど想像したよりかは「小さいかな?」と思った、南半球最大と言うぐらいなので1日じゃ周りきれない大きさなのかなと思ったけど、イオンモールを少し大きくした雰囲気。

 

 

ケープタウンの街にブランド店はない。殆どがこのようなショッピングセンター内に入っている。

治安面などの問題があるのだろうけど、買い物するにはショッピングセンターに行けば全て事足りる。

というか、白人はここにしかいないのでは?というほど、それ以外の商店やスーパーで彼らの姿を見ることはできない。

街中でも見ることは少ない、しかし車を運転している殆どが白人なので、家と外出先のドア to ドアの生活をしているのだろう。

 

 

巨大なフードコート。オアシスモールの見どころとも言える。

欧米資本の店が多く入店している、なんちゃって日本食や寿司もあったりして面白い。

 

 

何かのキャラクター。スーパーの前にいた。

白人も多いけど、少数の黒人、そしてアラブ系、インド系の人々が多い。アジア系はあまり見られなかった。

アラブやインド系はお金持っているんだな、と感じた。彼らはどこに住んでいるのか、ということも気になったけど。

平日昼間だったのだが、家族連れも多かった。

 

 

2、3時間ほどセンチュリーシティーに滞在。高いので特に買うこともせず、ぶらぶらして終えた。

帰りも安定のタクシー、ケープタウン行きに乗って30分、最初の地点へと戻ってきた。

 

南半球最大と言われるオアシスモールは、どこにでもあるようなショッピングセンターを大きくしたようなところだったのだが、時間がなければ行かなくてもいいだろう。

もしケープタウンで暇しているなら、片道90円だし、30分ほどで行けてしまうので、行ってみることをオススメする。

 

◆センチュリーシティーまとめ

アクセス:ケープタウン駅2Fのタクシー乗り場15番より、片道30分。9ランド(約90円)

備考:

・センチュリーシティーに到着するので、オアシスモールはそこから徒歩5分

・大きいのでゆっくり買い物する人は、時間に余裕を持ったほうがいい