El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【トルコ】 わずか100円の贅沢な船旅

イスタンブールのアジア側に行ってみました。

2013年7月 1TL=約48円

 

イスタンブール、夏ということもあり空は快晴。

宿の朝飯をおなかに収めると、早速外に繰り出す。

 

◆100円の贅沢な船旅

 

イスタンブールは二度目だ。前回来た時に色々と見て回ったので、今回は前回行けなかった場所へと訪れる。それが「アジア側」だ。ボスボラス海峡を真ん中に、アジアとヨーロッパ側でイスタンブールは分かれる。

旅行者が基本訪れるのはヨーロッパ側、アジア側は少し馴染みがない地域かもしれない。

 

 

当時はアジア側へ渡るには、フェリーに乗るかボスボラス大橋を車で渡る2パターンのみだった。しかし2014年に入ると地下鉄が開通したので、海峡の下を電車で通ることができる。

日本の大成建設が関わった「マルマライ」計画、一度見てみたかったものだ。

 

話を戻すと、2013年7月当時は連絡船が主な移動手段であったので、エミノニュ埠頭からアジア側の中心・カドゥキョイへと向かう。わずか2TL(約96円)。

この時、7TL(約336円)でイスタンブールカードを購入した。ご存知"Suica"のようなもの。一々券売機でジェトンを買う必要はなくなる。

チャージは入ってないので、別途10TL(約480円)チャージする。

 

 

フェリーに乗る。だいたい15~20分間隔で動いているので、あまり待たずに乗れる。

カドゥキョイまでは30分の船旅、香港のフェリーを思い出す。

オススメのポジションはデッキだ。快晴のイスタンブール、心地よい海風が吹き付ける。

 

 

ハイダルパシャ駅を望む。アジア側最後の駅、つまりはアジアを横断した場合の最終目的地。何ともロマン溢れる駅だ。

わずか30分、わずか100円。しかし青く輝くボスポラス海峡を渡るフェリー旅は、至福の時である。

エーゲ海などのクルーズ旅行もいいだろう、ただ僕はローカルな雰囲気に浸り、海風に当たりボーっとしながら景色を眺めるクルーズのほうが好きだ。

 

◆何故!?こんなところに"日本"

 

贅沢な船旅を味わい、アジア側に到着。特に目的を持ってアジア側へやってきたわけではない。

なので特に場所を決めず適当に歩き始める。一応地図見ながら迷子にならないように。

 

 

適当に歩いていると興味深い看板発見。合気道居合道、確実に日本だ。

しかもその下には"SUSHI CAFE"と書いてある。こんな観光客もいないところで経営しているということは、確実に地元向け。少し中を覗いてみる。

 

 

木刀も置いてある。

 

 

結構内装はしっかりしている。トルコと日本国旗。日本人来ないだろうし、トルコ人向けなのに国旗掲げて頂いているのはありがたいこと。

 

 

オーナーさんにチャイをご馳走になる。

特にトルコに来るとチャイをご馳走になるケースが特に増える、見返りも求めずにただ単に誘いを受けて奢ってもらう。不思議に思う人もいるだろうし、最初は半信半疑になる人もいるだろうけど、これが当たり前なのが凄い。

 

今回もこのケース。若干疑いの目を持った僕は恥ずかしい限りだ。

オーナーさん、日本で少し留学していたこともあるそう。何とか先生に教えてもらったとか言っていたのだが、覚えていない。よく自国に持ち帰って先生をしたものだ。

結構良い帯らしいのだけど、そこのスポーツは疎いので忘れてしまった。合気道5段の先生もいるらしい。

 

中々面白い体験をさせてもらった。

 

 

事前に見学予約をすれば、練習も見学することができるそうだ。

敬意を払って訪れよう。

 

イスタンブールの下町・アジア側

 

スルタンアフメット周辺に比べて落ち着いているアジア側。

ヨーロッパ側に比べると気持ち物価は安い、だからと言ってとりわけ貧しいというわけではない。

ヨーロッパ側に住む人も週末になったりすると、アジア側に遊びに来たりするそうだ。ブランド品を扱う店もバハリエ通りにあり、オシャレな雰囲気。

 

 

平日の昼間、それぞれ自由なスタイルでチャイハネで楽しんでいる。

 

 

 

路面電車はカドゥキョイを1周している。

 

 

 

何だか居心地がよいアジア側。

 

 

お腹が空いたので昼飯にすることに。8TL(約384円)でメイン3種類選べる+スープ+パンというセット。ヨーロッパ側では10TLはするのでかなり安い。

 

 

中に入って指差しで注文する。優しいトルコ人スタッフに教えてもらいながら選ぶ。

パンはお代わり自由なので、スープとパンでお腹を満たそうとするケチ心が出てくる。

トルコ料理は口に合う、トマトベースが多いので外れは基本少ない。ちなみに店によってはパンが有料の場合があるので、確認しておくことが大事。

大衆食堂はロカンタと呼ばれて、1つのロカンタがあれば周りに数件あるので、歩いて探してみることが大切だ。

 

◆市場散策

 

カドゥキョイ埠頭近くには地元の人が利用する市場がある。マーケットが好きな僕からしたら覗かない理由がない。

 

 

少しゴミゴミとした様子、雰囲気はやはりアラブぽい。

 

 

魚が獲れるイスタンブール、肉に比べてポピュラーではないし、少し値段も高いけども、魚市場があるということは需要も高そうだ。

桟橋前によくあるサバサンドも然り。

 

 

ぶらぶらと市場を散策するのも楽しい。特に買うようなこともしないし、店員さんに絡むこともないけど。

バザールとは違って観光客向けの場所ではないので、向こうからしつこい勧誘を受けたりすることはない。

純粋にトルコの市場を楽しみたい人にはオススメできるところだ。

 

◆不安定なイスタンブール

 

僕が訪れた2013年7月はちょうどイスタンブールで大きなデモや騒乱があった時。少しだけ緊張したけど、実際はそんなことはなくて、意外と平和な町であった。デモや争いごとが起きるのも一部だけなので、イスタンブール全体が危険というわけではない。しかもデモする日は予告されるので、エジプトに比べて"平和"だ。

しかし、2年前に比べて様子が変わった部分も。

 

 

おそらくトルコ建国の父・アタテュルクの写真とトルコ国旗。

イマイチ意図は理解できないけども、政府などに対する意思表示なのかもしれない。

 

 

フェリー埠頭前では大きな集会が開かれていた。新聞記者やテレビ局もいるような。

 

 

確か環境問題に「喝!」と言っていたような。トルコ語分からないので憶測で判断するしかない。

 

 

若い人が参加している。それだけ若者に関心があるということなのか。

 

 

7月7日に大きなフェスティバルをするということだ。音楽系の。ここで環境や原子力に対して訴えをすると。

若者に人気のアーティストが来れば、彼らは行くだろうし、そこで関心を持ってもらうということだろう。

どんどん経済成長を遂げていくトルコだが、避けられない問題にあたったようだ。ここで乗り越えられるか、「トルコは所詮そこまでだ」と言われないようにしないといけない。

 

 

過ごしやすいイスタンブールの気候、最後トルコの影の部分を見て気持ちを落としてしまったけど、アジア側を少しばかり堪能できたことはよかった。

再び100円の贅沢船旅を経験し、ヨーロッパ側へと戻る。