読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【京都】 朝と夜の京都

朝と夜の京都を散策しました。

2014年8月

 

国内旅行の最終地点京都、人生で何度目か分からないほどの訪問。

殆どの名所という名所は周ったので、京都に何をするか悩んでいた。

 

◆夜の京都

 

夕飯を食べに河原町駅方面へ歩く。

宿がある河原町松原、この界隈は「一見さんお断り」の飲食店などがある。そのため雰囲気はとても良い。観光客も少しはいるけど、地元の京都を感じさせる。

 

 

オレンジの灯りが道を照らす。雨が降った後なので、いい感じで反射している。

 

 

僕には敷居が高くて入れない店ばかり。舞妓さんが歩いていそうな道だ。

 

 

宮川町通が終わり、四条通に出ると雰囲気は一変する。

今まで落ち着いて散歩が出来るところから一気に賑やかな場所に。

歩く人も日本人だけではなく、海外からのお客さんも増える。

訪れたのがお盆だったこともあり、人がたくさん。河原町はまずゆっくり歩くことは無理だ。

 

 

とはいえ、木屋町通りへ入ると人も減るので歩きやすい。この周辺は風俗街となっており「お兄さんどう?」という店が多い。

そこにお目当てのラーメン屋があったので、若干歩きにくかった。外国人はここまで入ってこないから人が少ないのだろう。

 

 

門扇。鶏ガララーメンのお店。一杯750円。

初めて鶏ガララーメンを食べたけど、美味しい。久々にスープまで飲み干してしまったぐらい。

 

◆朝の京都

 

朝、自転車で下鴨神社へ向かう。メジャーな観光名所では行ったことがなかったので、涼しい朝のうちに済ましておくことに。

 

 

鴨川沿いを自転車で走る。風がとても気持ちいい、朝の散歩やサイクリングには最適かも。少し道ボコボコしてるけど。

 

 

河原町松原から下鴨神社まで30分ほどで到着。自転車置き場も併設してあるのでありがたい。

 

 

広大な森の中にある下鴨神社。森の中に朝日が差し込む。

 

 

本殿へ向かうまでに、河合神社という下鴨の摂社がある。

ここはパワースポットとして女性には知られている場所、綺麗になるとか縁結びとかで有名らしい。

 

 

河合神社には日本サッカーのシンボルマークである烏が祀られている。

W杯前など、ここを訪れて優勝を願うファンも多いようだ。

僕はサッカーに興味がないので、あまり縁を感じることはないのだが、サッカー好きの人は京都を訪れた時に参拝するといいかもしれない。

 

 

マイナスイオンを浴びながら歩き進む。

昼になると観光客でいっぱいになるそうだ、ゆっくりと見たい人は朝に来るといいかもしれない。

 

 

本殿に着いた。

まずは横にある水場で手を清める。

 

 

初めて知ったのだが、国家「君が代」の歌詞一部である「さざれ石」。この石みたいだ。意外な発見。

そもそもさざれ石を理解していない日本国民なんだけど。

 

 

早速中へ入ることにする。

 

 

5人ぐらいしか参拝客はいない。なので居心地はいい。

都会っ子だから混雑には慣れているけど、普段から混雑した場所にいるから、好んで混雑している場所には向かおうとしない。

 

 

台風が過ぎた後の京都、天気は晴れのようだ。少し湿気があるけど、心地よい朝。

 

 

本殿の中には干支の神?みたいなのがいた。

 

 

申年なので10円ばかりいれて願う。

 

 

旅行先での早朝の散歩はいい。神社は特に清々しい。

 

 

混雑な苦手な人、頑張って朝早起きをして訪れてみてはどうだろうか。

 

 

 

再び森を通り、自転車置き場へと戻る。そこから30分こぎ続け宿へ。

 

 

人通りが少ない。通勤客や自転車を漕ぐ人は大きな通りを走るので、宮川通は静かだ。ゆっくりとした朝を過ごせた。

 

◆甲子園

 

折角関西にいるのだ、高校野球を観に甲子園へと向かった。

河原町から甲子園へは時間がかかるし、お金もかかる。往復1,400円ぐらい。けど阪急・阪神1dayパスを使えば、1,200円で往復できる上、阪急電車阪神電車に乗り放題なので便利。

 

 

人が多かったので第一試合と第二試合は観戦回避。この日は開幕日でもあったので、人が多すぎた。

第三試合、日大鶴ヶ丘対富山商。智弁和歌山がいないので、高校野球を観る気も失せていたけど、やっぱり生で見たら楽しい。

大学に入って、夏の高校野球を観に甲子園に来たのは初めて。

 

今までは夏になると長期旅行に出かけていたので、観る機会がなかったのだ。予選は観るけど。

日大鶴ヶ丘、前回出た時は初戦に鹿児島実業に大敗していた。あの時のエース山地君、2番手のサウスポー・大河原君があまり頼りなかったので、一人で頑張っていたけど、当時の鹿実は強かったから仕方ない。

 

今回も大会注目左腕森田君がいる富山商業。打線は森田君の前に手が出せず、完封負け。日鶴は悔しい初戦負けとなった。

富商はまとまりがあっていいチームだと感じた、応援も声が出ていたし、ブラスバンドが美しかった。

調べたら県内でも有数のブラスバンド部みたいなので、音が綺麗なのも納得。

 

 

夏の昼下がり、高校野球を堪能することができた。