El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【UAE】 バージュ・ハリファから眺める「15億ドル」の夜景

ドバイのバージュ・ハリファに登ってきました。

2014年8月 1DH=約30円

 

近未来都市ドバイ。
ドバイには世界一高いバージュ・ハリファ(ブルジュ・ハリファ)がある。高さは828m、160階建ての超高層ビルだ。
では、ここからドバイを眺めてみたらどんな雰囲気なのか。夜に上ってみることにした。

 

◆チケット購入

 

バージュ・ハリファは事前に予約が必要だ。当日でもチケットは買えるが、400DH(約12,000円)と高額。事前に購入しておけば125DH(約3,750円)で済むので問題がない。
サイトは英語かアラビア語、日本語はないけど予約は簡単だ。

 

Visit the Burj Khalifa -- The Tallest Building in the World

 

上のサイトに飛び、といくとクレジットカードを支払う場面になるので、番号を入力すると予約完了。
Emailにも届くので、予約完了画面かE-mailに届いたバウチャーを印刷して持っていくとよい。プリンターがない人は写真を撮るか、番号を控えるなどしよう。
時期によっては5日先まで満席となる可能性もあるので、予定が決まったら早めに抑えるとよい。
H.I.Sなどでは、バージュ・ハリファ入場券付のツアーもあるので、そこで予約すると自分で抑えなくていいので、簡単だ。

 

◆バージュ・ハリファへ

 

バージュ・ハリファはドバイ・モールに隣接している。

なのでメトロの駅も「バージュハリファ/ドバイモール」と駅があるので、アクセスは良好だ。

 

↑ドバイモール

 

↑ドバイモール

 

↑ドバイモール

 

金曜日の夜なので人もたくさんいる。観光客はもちろんのこと伝統服を着たドバイ人も。

バージュ・ハリファの展望台"At the Top"まではドバイモールからアクセスできるので、暑さを感じさせずに移動できる。

地下1階のフードコート近くにエントランスは位置する。


◆展望台へ

 

20時半に予約。印刷したバウチャーをカウンターで見せてチケットと引き換え。
20時15分ぐらいに到着したけど入れてくれたので、気持ち早めに着いても問題なし。荷物が大きい人、持っていくのが面倒な人はすぐ横にクロックルームもあるので活用するといいかも。
入口でチケットを確認されて中へ。

 

 

まだまだ展望台は先。目の前にバージュ・ハリファの模型を見つつ、列に並ぶ。チケットは何度かチェックされるので、出しやすいところに入れておくといいだろう。

 


列に並んだあとは、手荷物検査。ここで人の並びが生じてしまう。
簡単にチェックを受けた後は、流れのままに進んでいく。

 


すごくお金をかけた映像を見ながら動く歩道を進んでいくと、いよいよエレベーターだ。
途中写真を撮ってくれるポイントもあるけど、いらない人は無視するとよい。
エレベーターは10人ぐらいがMaxなので、ここでも列ができる。エレベーターは2台稼働。お兄さんが乗る前に説明などしてくれる。

 


エレベーターに乗り込む。124階まで一気に上がるので、耳がアレになる。
写真はないけど、エレベーター内のCGにも注目だ。お金をかけたことが分かる内容である。
30秒足らずで展望台"At the Top"に到着。展望台は外に出ているので、早速外へ。


◆ドバイの夜景

 

これがドバイの夜景だ。

 

 

上を見上げるけど、最上階を見ることができない。

 

 

金曜の夜なのでオフィスを含めて灯りは少ない。だけど、この夜景は圧巻だ。
どこまでもオレンジ色のライトが続いている。貿易やサービス業で稼いだお金は莫大なようだ。

 

 

ドバイモールとバージュ・ハリファを取り囲む人造湖で噴水ショーが行われている。
「ドバイ・ファウンテン」と呼ばれる噴水ショーは、夜は18時から20分間隔で披露される。
このドバイ・ファウンテンをバージュ・ハリファの展望台から見ることもできるのだ。

 


21時になると光のショーが幕開け。上から見ると一味違う。

 

 

 

ラスベガスの噴水ショーと似ている。どちらも圧巻なので甲乙をつけることはできない。
地上から眺めると人が多いので滅入るけど、上から眺める場合は人がそこまで多くないので、疲れない。

 

 

時間に余裕がある人はドバイ・ファウンテンまで待っていてもいいだろう。

 

 

実に圧巻だったドバイの夜景、都会好きな僕からしたら大満足な内容であった。
金曜の夜なので大賑わいのドバイモール、本当はゆっくりと路線バスで宿へ戻りたかったが、渋滞がひど過ぎたので大人しくメトロで帰路についた。
バージュ・ハリファからの眺め、昼も夜も違う顔を見せてくれるので、お金にかなり余裕がある人は二度上ってみてもいいかもしれない。

↑建築に携わった人たち

 

↑ジャンクション

 

↑好きな絵

 

↑メトロ駅から眺める