El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ミャンマー】 ヤンゴンの安宿情報「Agga Guest House」

沸騰するヤンゴンの宿情報をご紹介します。

2014年9月 1MMK=約0.1円 1USD=約107円

 

経済成長するミャンマー。首都ヤンゴンも発展し続けている。

ミャンマーは物価が非常に安い国だが、宿代だけは他の東南アジア諸国とは違う。最低でもドミトリーで10USDは覚悟するレベル、宿代が沸騰しているのだ。

タイなどで6USDクオリティのところが、12USDぐらいするのだから中々のものである。

 

中でもヤンゴンでは最安に近い宿をご紹介する。

 

◆Agga Guest House

 

【宿名】Agga Guset House(アッガゲストハウス)

【HP】agodaやbooking.comなどから

【住所】88, 13th Street, Middle Block, Lanmataw Township, Yangon

【宿泊日】 2014.09.08~09.11(3泊)

【評価】 ★★★★☆

【料金】6人ドミトリー:33USD or 33,000MMK

 

【設備】
Wifi:○ シャワー:水 洗濯機:× エアコン:○
キッチン:× 冷蔵庫:× 情報ノート:× 蚊帳:× ランドリー:○(200MMK~)

その他:個人ロッカー、朝食、タクシーサービス、バスタオル


【コメント】

チャイナタウンの西に位置するゲストハウス。スーレーパヤーまでは徒歩20分ほど。周辺には屋台もあるので立地は悪くない。

 

ヤンゴンの安宿で、agodaなどを使って予約できる数少ない宿。ヤンゴンの宿は需要がかなり高まっている、そのため当日着いて宿を探すのは大変だ。おまけに暑い上、宿もダウンタウンに散らばっているので、かなり体力を消耗する。

最初の1泊だけでも抑えたほうがいい、Aggaはスーレーパヤーからは離れているが、11USDとヤンゴンでは安い部類。

かつ、朝飯とWifiもある優良物件だ。

 

シャワーは水だが暑いので問題はない。水周りは少しだけ汚いけど、特に問題にはならない。ゲストハウス内は靴を脱がないといけないので、清潔に保たれている。

日本人の宿泊客も少しだけいるが、大半は欧米人だ。宿のスタッフは親切、英語も話せる人もいる。若いのでアグレッシブ。

 

ランドリーは翌日帰ってくる。ポロシャツ×2(=1,000MMK)、タオル×2(=400MMK)、下着×2(=400MMK)で1,800MMK。

朝食は食パン×2、目玉焼き、コーヒーだ。朝7時から提供してくれるので朝が早い人には助かる。朝食は9時までだ。

 

歩いて5分のところには、スーパーがあるので買い物に便利。宿でも水などを提供している。

サービスではタクシーや長距離バスなどのチケットを手配してくれる。宿で支払うのでトラブルになることもない。

タクシーは空港まで8USD or 8,000MMK。USDで支払ったほうが若干お得。1,000MMKの手数料はあるけど、値段交渉したり早朝や深夜の時には便利だ。

 

【アクセス】

空港から:

ピックアップトラック(100MMK)&51番バス(200MMK)=300MMK

⇒15St & Maha Bandula通りバス停に51番バスが到着する

タクシー=7,000MMK(固定)

 

スーレーパヤーから:

徒歩20分 or 路線バス100MMK(210番は確実) or タクシー(1,000MMK~1,500MMK)

 

【場所】

 

↑ドミトリー。広いし個人ロッカーもあり、エアコン付。

 

↑朝飯

 

↑宿近くの屋台