El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【スペイン】 サン・セバスティアンの美味しいバル"La Cepa"

スポンサーリンク

美食の町、サン・セバスティアンのバルをご紹介します。

2013年9月 1ユーロ=約130円(当時)

 

◆はじめに

 

バスク地方の町、サン・セバスティアン。ここはとあるもので有名な町だ。

それは「料理」。人口あたりのミシュラン星付のレストランの数は、世界でもトップレベル。人口18万の都市ながら「美食の町」として世界から注目されている。

 

そんな世界中から人が集まるサン・セバスティアン、とりわけ人を魅了しているのは「バル」だろう。旧市街に無数もあるバル。時間帯になると人が自然と集まりだし、グラス片手に笑顔で会話を進めていく。良きスペイン文化。

 

数多くあるバルの中でも、旧市街の一角にサン・セバスティアンでかなり有名なバルがあるということで、訪れてみることにした。

 

◆La Cepa

 

サン・セバスティアンの中でも評判がいいバル。

中で一杯でもよかったけども、お腹がかなり空いていたので、この店でランチを取ることにした。

外には"Menu del Dia"という表記が。18ユーロと少し高い表示に驚きながらも奮発する日と決めて中へ入る。

 

 

中へ入ると席へ案内される。飲み物は水かワインの中から選べたので、せっかくなのでワインを注文。赤だ。そしてハモンとパンが登場。これだけでバルに来てよかったと思わせてくれる雰囲気。

 

 

まずはサラダ登場。プリメーラセグンダも何種類からか選択できるのだが、何選んだのかは忘れてしまった。

このサラダ、確かチキンだったと思うんだけど、1.5人前ぐらいの量があってかなりボリューミー。まだメイン登場していないけど、お腹いっぱいになりそうなぐらい。

 

 

メインもチキン。外側がこんがりと焼いてあり、肉を切ると肉汁が出てきた。かなり分厚いので見た目よりもかなりボリューム満点。前菜も含めて量が多すぎて、女性一人では食べきれない可能性がある。

このボリュームのおかげで、ゆっくりとランチを楽しむことができたけど。

 

 

そしてデザートはプリン。最後に口の中を甘くしてくれる。

 

サラダ、メイン、デザート、飲み物で18ユーロ(約2,340円)と決して安くはないけど、大満足なランチであった。

ボリュームあるので、そこは注意してほしいけど、オススメしたい"Menu del Dia"だ。

 

◆La Cepa

【住所】 31 de Agosto Kalea, 7, 20003 Donostia, Gipuzkoa

【HP】http://www.barlacepa.com/es/index.php

【メニュー】

http://www.barlacepa.com/es/bar-restaurante-san-sebastian-parte-vieja-carta-menus.php

日替わり定食:18ユーロ(月~木)、30ユーロ(週末)

【英語】少し通じる

【カード】可

【アクセス】

サン・セバスティアンの旧市街の中。バスターミナルより徒歩約20分。

【場所】


 

【関連記事】

【スペイン】 サン・セバスティアンの素敵なバル"La Cuchara de San Telmo" - El Mundo