El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【アメリカ】 世界最大の「ベトナム人街」に行ってみた

▼移転しました。自動的に以下のアドレスに移動します。▼

LA郊外にある世界最大のベトナム人街に行ってきました。

2013年10月 1USD=約100円(当時)

 

◆はじめに

 

ロサンゼルスから車で南東方向に1時間、カリフォルニア州オレンジ郡に世界最大と言われるベトナム人コミュニティが存在する。

ベトナム戦争後、南ベトナムに住んでいたベトナム人が難民としてアメリカにやってきたことがスタートとされている。

温暖な気候や太平洋からの玄関口ということで、多くのベトナム人が住みついたのだろうか。

エスニックタウンに興味がある僕、早速ベトナム人街へ向かった。

 

◆リトルサイゴン

 

10月になっても汗ばむ陽気。リトル・サイゴンに訪れた僕はその素朴な空気に驚いた。

やっぱり道路や車、建物の雰囲気はアメリカだ。ベトナム人街なのだけど、どうしても米国の雰囲気は忘れることはできない。

しかし、それを除けばリトル・サイゴンである。ベトナム人の看板、通りを歩くベトナム人など。白人や黒人という姿は車以外で見かけることはない。

 

 

ベトナム語だらけ、意味は理解できない。

 

 

ハロウィンの広告、登場人物全てがベトナム系。案内もベトナム語、月もベトナム語であり英語を使う人には全く対象としていない。

 

 

歩くだけで汗をかく、しかしカラッとした暑さなので、ホーチミンにいるような不快感はない。バイクも走ってないので空気も綺麗だ。

 

 

屋根の形も雰囲気を醸し出している。

 

 

スーパーマーケットがあったので訪れる。駐車場が広い、というかゲートから入口まで遠すぎる。車社会故のこと、歩いている人は少ない。路線バスの本数も少ない。

 

 

中はコストコのように整然としている。ゴミゴミ感はゼロ。あまり面白そうではなかったので店内を見て回るようなことはしなかった。物価はアメリカ。

 

 

車の広告もベトナム語。道路事情を眺めていると日系メーカーの中古車が多い。新車だとヒュンダイが多いように感じた。お金持ってそうに見えるんだけどな。

 

 

こういう広告は面白い。

今更ながらリトルサイゴンの情報を何も持っていないので、詳しい説明ができない。写真中心の紹介になるのはご了承して頂きたい。

 

 

昼時であったので、ランチを取ることに。地元民で大人気と言われるフォーの店にやってきた。

店内はベトナム人だらけ。何だかアメリカにいる感覚を忘れてしまう。顔は同じ系統なので、ベトナム語で聞かれるけど、こちらが話せないと分かった瞬間に英語にチェンジする。ベトナム人なので1人で食べている人も多くてアウェー感はない。

 

 

チキンのフォー。7.02USD(約700円)。ベトナムの倍以上の値段はするけど、アメリカなので仕方ない。むしろ7ドルで食べれるので安いと感じる。

野菜は入れ放題、もやしを大量に投入する。本国と違って水を無料で飲めるのはありがたい。

パリ以来のフォー、美味しい料理を食べることができた。ここの店は外れなし。

 

 

強い日差しがアスファルトに照りつける。日本人よりも小さなベトナム人、笠をかぶったり、日傘をさしたり。日光に敏感な彼らの生活を伺える、日傘さす人なんて普通は見ない。

 

 

のどかな雰囲気が広がる。

 

 

訪問の最後にバスの時間まで「アジアン・ガーデン・モール」と呼ばれるショッピングセンターへやってきた。

 

 

ベトナム式の屋根が特徴的。外のテーブルでは親父たちがベトナムコーヒーを飲みながらくつろいでいる。これは本国と変わらない。

 

 

中には料理店など立ち並ぶ。客の殆どがベトナム系。ここだけ見れば、ベトナムの中流階層以上が訪れるSCだ。

 

 

親切に英語の表記などない。ベトナム語がここでの公用語だ。

 

 

彼らはどのような生活をしているのだろうか。見ていると貧しいという印象はない。

平日の昼間から若い人たちもいて、どんな仕事をしているのかきになる。農業という様子はない、サービス業だろうか。

 

 

カフェ文化が根付くベトナム、コーヒーなどを提供する店も多い。居眠りしている人も。

 

 

バイン・ミーを提供する店もある。ベトナムコーヒーとセットで5USDぐらいだろうか。

 

◆アクセス

 

レンタカーを使う人は車でアクセスするのがベスト。LA市内からなら1時間ちょっと。どこも駐車場はタダなので、車を止める時に心配はいらない。

公共交通機関を使ったアクセスは大変だ、2時間ぐらいかかった。

 

【LA市内から】

460番バス(ディズニーランド行き)に乗車し、"Beach/Artesia"で下車。

下車した場所から、南へ向かうOCTA29番のバスに乗り換えて、"Beach/Bolsa"で下車。

そこから東にBolsa Avを歩いていけば、アジアンガーデンモール。バスに乗るなら64番。

OCTAは本数が少ないので注意。

 

ロングビーチからもアクセス可能なのだが、本数がかなり少ないのでオススメはしない。ちなみに僕は帰りにロングビーチ経由でLAに戻った。ちなみにGoogle先生の「経路」に入力すれば、バス番号とかが出てくるので、行きたい人は調べてほしい。

 

【460番について】

460番バスは、5th St & Los Angeles Stから発車。

メトロの駅だと

"Pershing Square"(赤&紫Line)

"7th St/Metro Center"(赤&紫、青Line)

"Pico"(青Line)

の駅近くから出ている。

 

Flower Stを下っていき、その後ハイウェイに入っていく。バスでハイウェイ入っていくから、映画スピードの光景を思い出した。

僕はLAの7日間券を使っていたので、支払い料金はハイウェイ代の1.4USD(約140円)のみ。通常なら1.75USD(バス料金)がそれに追加される。

ディズニーランドへ向かうので、日本人の乗客もいた。

 

460番の時刻表。

http://media.metro.net/riding_metro/bus_overview/images/460.pdf

平日は30分に1本ペース、土日になると本数が減る。

 

【OCTAについて】

オレンジ郡で運行されているバス。本数は極めて少ない。時刻表検索マスト。

1回2USD(約200円)。1日券が5USD(約500円)であるので、3回以上乗車する人はこちらを購入したほうがいい。車内で購入できる。

 

OCTAのサイト。

http://www.octa.net/

 

 

◆おわりに

 

ロサンゼルス郊外にあるベトナム人コミュニティを紹介した。

アメリカにはたくさんのエスニックタウンがあるが、このように大規模なエスニックコミュニティは珍しい。

「リトル・サイゴン」と呼ばれるけど、かなり面積は広い。夏に訪れたら水は絶対に必要、全部を歩いて周ろうとするのは無理だ。

 

大人数で行くならレンタカーがベストだろう。少人数なら公共交通機関を使うのがベストだろう。往復10USD以下で収められる。

 

まるでベトナムのような雰囲気が流れるリトルサイゴン、時間に余裕がある人は訪れてみてはいかがだろうか。