El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ボリビア】 ラパスの美味しい「穴場」サルテーニャ屋さん

スポンサーリンク

ラパスにあるサルテーニャ屋をご紹介します。

1Bs=約18円

 

◆はじめに

 

ボリビアの国民的フード「サルテーニャ」。エンパナーダよりも小さく朝食によく食べられる。外はサクサク、中はジューシー。餃子とも肉まんとも違う料理だ。

僕はボリビアでほぼ毎朝サルテーニャを食しており、かなり大好きになった。とりわけラパスのとある店で食べたサルテーニャは天下逸品。

 

今回はその店をご紹介する。

 

◆Mi casa

 

ラパスの"Mi Casa"というお店。サガルナガ通り近くにある。黄緑の壁が特徴的。

お土産屋が建ち並ぶリナレス通りの奥にMi casaは営業している。観光客が多いエリア、とりわけ2月3月になると日本人だらけとなるリナレス通り。

しかし、この店の周辺は全く観光客がいないので静かだ。日本人何て誰も来ない。

 

 

スペイン語しか話せない店員さん。ほぼ毎日通うものだから、少し顔を覚えてもらうようになった。テイクアウトする人も多いけど、中でも食せる。いつも席に座って食べていた。

 

 

サルテーニャはPollo(チキン)かCarne(牛肉)の2つのみ。共に1つ3Bs(約54円)と安い。

ジュースやパンもあるけど、殆どの人はサルテーニャを注文する。

 

サルテーニャは外観はクッキーだけど中にアツアツのお肉が入っている。トウガラシと一緒に食べるのが現地スタイルだけど、辛すぎるのでそんなことはしなかった。

 

 

ちなみに「ガブッ」と食べると、中から肉汁がたっぷり出てくるので、最初に一口食べた後は、肉汁を最初にすする。

ある程度汁気がなくなってから、外からうまい具合に食べていく。少しだけコツがいる。

エンパナーダも美味しいけど、サルテーニャは手ごろでもっとおいしい。日本でも食べたい味だ。

 

ボリビア滞在時はほぼ毎日食べていたサルテーニャ、是非ラパスに訪れた際はMi Casaへ訪れてもらいたい。

 

"saltenas, por favor."(サルテーニャください)

"dos saltenas, por favor."(サルテーニャ2つください)

後は"dos"を"tres"など数字を変えていくだけ。カタコトでもいいから話してみよう。

 

◆Mi casa

【メニュー】サルテーニャ(pollo or carne):3Bs(約54円)

【英語】通じない。スペイン語オンリー

 【アクセス】

1.Plaza Mayor(サンフランシスコ寺院)からSagarnaga(サガルナガ)通りを上る

2.2本目の通りを左折し、Calle Linaresを歩く。お土産屋通り。

3.少し歩くと広場みたいなところに出て、上のほうにある黄緑色の壁がお店

 

【場所】