読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【ボリビア】 ラパスで必見!山盛りパフェが食べられる店

ラパスでは欠かすことができないパフェを食せる店です。

1Bs=約18円

 

◆山盛りパフェ

 

ボリビアを旅する上で「パフェ」の存在は欠かせない。たくさんのフルーツと大量の生クリーム、時にはアイスを入れる甘い甘い食べ物。

ラパスやスクレの市場では多くの店が提供しており、壮絶な客戦争を広げている。

現地では「フルーツ・デ・エンサラーダ」と呼んでおり、店の看板には単純に"Ensaladas"と書いてある場合が多い。

 

ラパスでも簡単に食べることができるのが、サンフランシスコ寺院近く(マヨール広場)にあるランサ市場(Mercado Lanza)だ。

市場とは言っているけど、平坦な場所に広がっているのではなく、高層建物の中に市場が入っている。

 

ここには日用品から本や文具、商店、定食屋、フルーツ屋まで色んな店が集まっている。専門店ごとに密集しているので探すのは簡単だ。なので"Ensaladas"と書いてある店も多くあるので探しやすい。

 

 

時間帯や曜日で店の開き具合も変わってくるのだが、基本過疎っている。午前中に行けば間違いないけど、夕方過ぎになると多くの店が店じまいを始める。

また出口に近い店ほどお値段が高い。人が多く通行するからだ。安い店を探すなら上のほうに向かわないといけない。

 

 

今回パフェを食べた店。選択理由は単純に地元民が多かったからだ。

エンサラーダには何種類かある。大中小のサイズや具材など。それによって値段も変わってくる。

だいたい5~15Bs(約90~270円)ぐらいなのでかなり安い。10Bsぐらい出せばおなかいっぱい食べられるぐらい。というか女の子なら2人で1つをシェアするぐらいで丁度いいボリューム。

 

 

フルーツとヨーグルト、ゼリーが入っている。結構美味しかった。お茶が欲しくなるぐらいの甘さ。結構満足。

旅しているとビタミン不足になったり、野菜やフルーツ不足になったりするので、ちょうどいい摂取。確実に太るけど。

 

 

店によっては劣化したフルーツを使ったり、観光客相手ということでボリュームを少なくしたりする。地元民が多いところは安全なので、人が多そうなところに入るといいかもしれない。

客引きが多いエリアもあるので釣られないようにしよう。

 

↑ランサ市場

 

【営業時間】午前中に行けば確実、土日は基本閉まっている

【店の場所】スロープを上がっていくと何店舗か並んでいる、階下のほうは価格高め

【値段】10Bs出せばボリューム満点。少量でいいなら5や7Bsぐらいのエンサラーダでいいと思う

【アクセス】ランサ広場はサンフランシスコ寺院近く。サガルナガ宿泊している人はアクセス簡単。基本坂を下りてくるので、高山ということもあり無理はしないで。多くのミニバスやミクロが目の前を通るので下りやすい。