El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【アメリカ】 サンフランシスコの穴場スポット「モラガのモザイク階段」

スポンサーリンク

SFにある素敵な階段へ行ってみました。

1USD=約117円

 

◆はじめに

 

アメリカ西海岸に位置するサンフランシスコ。年間を通じて安定した気候で、どの時期に訪れても観光に適する場所だ。

僕はサンフランシスコが好きな街だ、坂によって作られた町並み。坂の上から眺める海はとても美しい。SFのゆっくりとした風景に僕は魅了された。

 

SF滞在時、バスなどであちこち散策していたのだが、とりわけ観光の穴場スポットだと感じた場所がある。それが「モラガの階段」だ。

 

◆モラガの階段

 

このモラガの階段はガイドブックには載ってない。そのため日中に訪れたが観光客はゼロ。使っているのは散歩している人ぐらいだ。なので落ち着いて歩くことができた。

 

 

モラガの階段が特徴的なのは、ビッシリと敷き詰められたタイルアート。近くや上からじゃ分からなくて、下から眺めることでその美しさは伝わる。

 

 

言葉だと説明しにくい美しさ。実際に目にしたものだけがその美しさに魅了される。

163段に1つ1つ丁寧なモザイクアートが訪れた人を楽しませてくれる。

 

 

『空へと延びていく階段に、手作りタイル2000枚、細かいタイルの断片75000個が使われいると、書かれており、看板には220以上のスポンサーと、300人以上のボランティアで2005年完成とありました。
うたい文句は、階段が海から空へと流れ込んでいくようなカラフルな海の生物が渦を巻いて階段をさかのぼり、地上に咲く花や植物、鳥やカエルたちが美しい空へ、さらには大きな太陽へ。』(引用)

 

 

僕が訪れた時は僕しかいなかった。この美しさを独り占め出来たことは素晴らしかった。静かにゆっくりと一段一段上っていく。

ここは静かだからこそ良いのかもしれない。観光ガイドに載せたらうじゃうじゃ人が来て現地人にも迷惑かかるので、永遠に「穴場」がいいだろう。

この雰囲気は変えてはいけないだろう。

 

 

階段を上りきったらそのまま丘の上まで上がってもらいたい。そこから眺めるサンフランシスコの景色も美しいのだ。遠くに見える海が美しさを引き立たせる。のんびりした時間、ベンチで30分ほどボーッとしてしまった。

 

 

周囲は計画的に作られた新興住宅地。比較的所得が高い人が住んでいると考える。

のんびりした時間を過ごしたい人にはベストな景色スポットだろう。

 

◆アクセス

 

ダウンタウンからは少し離れた場所にある。アクセスは車のみ。安く抑えたい人はバスを使うといい。SFの公共交通システムは"Muni"と呼ばれる。タクシーは高い。

 

最寄りバス停(19th Ave & Moraga St):28番バス+徒歩5分

28番バス(マリーナ~ゴールデンゲートブリッジ~ゴールデンゲートパーク~サンフランシスコ州立大学)

 

最寄りバス停(Judah St & 16 th Ave):N(トロリー)+徒歩15分

N番バス(ダウンタウン~パウエルSt)

 

これが簡単なアクセスだ。Google先生に頼めば簡単に経路を出してくれる。

28番バスはマリーナからゴールデンゲートブリッジ手前を経由して、19thアベニューを走る。ゴールデンゲートブリッジに訪れて、モラガに行くというのもありだろう。

ダウンタウンから直接行くならば、Nのトロリーに乗るのがいいだろう。少し停留所から歩くけど、気候が安定しているので散歩と考えたら問題はない。

 

以下料金表。

シングル:2.25(バス、電車共通)

1日券:15USD(ケーブルカー込)

3日券:23USD(ケーブルカー込)

7日券:29USD(ケーブルカー込)

 

バスを使いまくる人は3日券を買うのがいい。ケーブルカーの料金も含まれているので、4回乗れば元が取れる。ケーブルカーは1回6USDと値段設定が高い。

 

リンク:

Muni System Map | SFMTA

 

 

◆おわりに

 

サンフランシスコの穴場スポット「モラガのモザイク階段」を紹介した。

住宅地の中にひっそりとあるので騒がずに訪れてもらいたい。ここはかなり落ち着く場所、ゆっくりと階段を上がり、グランド・ビュー・パークから眺めるSFの町並みに息をのんでほしい。

 

サンフランシスコに再訪したらまた行きたい場所。それぐらい静かでいいところなのだ。