読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【コロンビア】 カルタヘナ⇒ボゴタ、21時間バス移動

Colombia 世界の移動情報

カルタヘナからボゴタまで21時間のバス移動をした話です。

2015年2月 1COP=約0.05円

 

◆はじめに

 

今回のコロンビア周遊、カルタヘナボゴタメデジンの3都市を訪れる予定だ。

最初の目的地カルタヘナの滞在を終えたので、次の目的地首都のボゴタへ。

飛行機で行くという選択肢もあったのだが、夜行バスを選択した。ボゴタまではカルタヘナから20時間、久々の長距離移動である。

 

◆チケット購入

 

カルタヘナのバスターミナルでチケット購入だ。下見がてら路線バスで向かった。その時のアクセス記事は以下の通り。

【コロンビア】 カルタヘナのセントロからバスターミナルまでのアクセス方法 - El Mundo

 

 

カルタヘナのバスターミナルはそこまで大きくはない、どちらかと言うとこじんまりしている。バス会社の窓口もそこまで多くはないので、購入に迷うことはない。

とはいえ、そこはバスターミナル。売店や軽食屋、食堂が入っており困ることはない。カルタヘナの旧市街と値段は変わらない、もしくは少し安いぐらいなのでまだいいほうだ。

 

窓口を見ている限り、ボゴタまでのバスを出している会社は以下の3つになった。

 

カルタヘナボゴタ】所要20時間
Copetran社:90,000COP(約4,500円)
07:00、12:00、15:00、17:30、20:30

Berlinas社:80,000COP(約4,000円)
18:00

Concorde社:98,000COP(約4,900円)
15:00、17:00

 

値段はどれも10万ペソ以下。出発時刻はCopetran社は午前、午後に出しており、他の2社は午後だ。
ボゴタまで20時間、余裕を持って24時間かかること考えると、夕方以降に到着は避けたい。
ということで、オフィスも大きくてバスの車両も見た目綺麗だったCopetran社で購入することにした。

 

 

窓口のお兄さんにボゴタまで行きたい旨を伝える。日付と時間を伝えて、席番号を選択。一番前の席を確保。
3日前に購入したのだけれど、誰もまだ購入していないようだった。一番乗りである。
パスポートを見せ、お兄さんが番号と名前を記入。僕の名前は「コウヘイ-KOUHEI」なのだが、コロンビア人には難しいみたいで「コウエイ?」と呼ばれた。
スペイン語では「H」は発音しないので、飛ばされることが多い。パスポートでは非ヘボン式で登録しているため「U」有なのだが、Uがないと「コエイ」となるので入れておいてよかった。

 

 

お兄さん、日本人に対して好意的でらしく「日本いいね、俺好きだよ」と笑顔で対応してくれて評価up。おまけに隣にいたお兄さんが「ジャッキー・チェン!」という始末に。
しっかりと「彼は香港人だよ、日本と中国、香港は違う国だからね」と伝えておきました。
無事購入、カード払いもできそうだったけど、現金払いで。20時間で4,500円だから安いと感じる。
後から知ったことなのだが、コロンビアの長距離バスでは「値切り」が可能らしい。言い値で買ってしまったのだが、次からやってみよう。

 

 

チケット買い終えたので、バスターミナル内の軽食スタンドで軽い昼食をとることにした。
エンパナーダとジュースで2,800ペソ。エンパナーダは1,300ペソだった。
テレビではコロンビアながら野球中継が。プエルトリコで開催していた「Serie del Caribe 2015」のメキシコ対ベネズエラ戦。
先日生観戦していたこともあるので、少し見入ってしまった。コロンビア人はサッカーのイメージがかなり強かったので、何だか意外である。

 

カルタヘナボゴタ

 

お昼ご飯を食べるために、1時間半前にターミナル到着。

ターミナルの食堂でMenu del Diaは7,000ペソと安い。写真のお店で食べた。

スープ、メイン、飲み物がついているのでボリューム満点。

 

 

 

バスターミナルには客引き多いけど、「チケット持ってる」「ボゴタ行く」というと簡単に引き下がってくれる上、ゲートまで教えてくれる親切さ。コロンビア人の評価up。

 

 

Copetran社はバスターミナルに専用の待合室があり、VIPではなくても入ることが可能。中は冷房が効いている上、テレビもあるので暇つぶしには最適。出発まで待つ。

30分ぐらい前になったので、受付のお姉さんにゲート確認。カルタヘナのバスターミナルにはゲート番号などはないので、各会社のチケット売り場の横から出ている。

なので、名前と席番号を確認したら、バス番号を教えてもらう。

 

 

ボゴタ行のバス、中々豪華そう。案内には「Ruta del Sol」という表示。直訳すると太陽のルート、沿岸沿いを通ることが分かる。

バスは20分前から乗車開始、荷物を預けて番号が書かれたタグをもらう。ブラジル人スタッフに「Yokoi Kenji知ってる?」と聞かれた。

どうやらコロンビアでは有名な日本人で、ボゴタで「目的のある旅行」というものを展開しているみたいだ。日本とは離れた場所で、日本人には無名な日本人が活躍しているようである。

 

 

12時に出発。出発前にスタッフが防犯のためか客の顔をビデオ撮影する。ペルーのFlores社も同じように撮影していた。

 

 

バスにはwifiがあったのだが、不安定。あるだけでも儲けものなので、すごい。

車内は十分な広さで、足も伸ばせて快適。不自由なところはなかった。

 

 

カルタヘナを出るとのどかな風景が広がる。

車内では映画を放映、4本ぐらい流していたけど、全部スペイン語吹き替えなので、勉強がてら見ていた。

 

 

2時間半かけて、バランキージャ到着。スコール中で街中が水浸しであり、道路も浸水していた。そこを車が走っていくのだが、座礁しそうな勢いで突っ込むので、心配になる。

 

 

バランキージャにはBRTがあり、かなり便利そうであった。また路線バスもSobusaとtrasaliancoという会社のバスが多く走っており、すみわけがされていそう。

 

 

ちょくちょく途中の町で客を拾ったり、降ろしたりしながら進んでいく。

治安面に問題はなかったけど、何かあってからでは遅いので、手荷物の管理はしっかりしてほしい。

 

 

21時頃、夕食休憩。21時間トータルで休憩はこの1度のみ。バスにトイレあるし、物売りがたまに入ってくるので、特に困るようなことはない。

トイレは男女別に分かれており清潔なのだが、紙がなかったので、用意しておくといいかも。物売りはパンや飲み物販売しており、結構な人が購入していた。

 

 

休憩所では定食が10,000ペソと高め。スープとメイン、飲み物付なのは一緒。

30分休憩なので急いで食べる、運転手や客の近くにいれば置いていかれることはないので、固まって食事。

出発する時もクラクション鳴らしたり、店の人が案内してくれるので置いていかれる人はいないだろう。たまに黙って出発する会社とかあるから、そういう意味ではコロンビアは親切。

 

 

バスは夜のうちに山道を越えていき、朝方ボゴタ市内に入る。少し渋滞したのち、1時間遅れでボゴタのバスターミナルに到着した。

 

バスターミナルから旧市街までは別の記事でまとめることにする。

 

<移動まとめ>

【会社】Copetran社

【所要時間】12:00~09:00(約21時間)

【値段】90,000COP(約4,500円)

【備考】

・コロンビアの長距離バスは値切ることが可能らしい

・バスはカリブ海沿岸を通り、ボゴタへと下る。メデジン経由しないのは山道になるのと、ゲリラが出る可能性があるため

・Copetran社の待合室があり、冷房効いていて涼しい

・バスには時折物売りが入ってくるので、小腹空いた時には便利

・車内は寒いことがあるので、上着必須

・休憩は一度のみ、21時頃

・車内トイレは男女別に分かれている、紙がない場合があるので紙必須

・バスは途中途中町で止まり、客の乗降があるので荷物気を付けて

・預け荷物は番号付けられる上、ピックアップする時も番号確認するから安心