El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【コロンビア】 ボゴタの宿情報「Casa Bellavista」。

コロンビアの宿をご紹介します。

2015年2月 1COP=約0.05円

 

◆Casa Bellavista

 

【宿名】Casa Bellavista

【住所】Carrera 2 # 12B - 31, Bogota

【宿泊日】2015.02.10~2015.02.14(4泊)

【評価】★★★★☆

【料金】ドミトリー(10人):20,000COP(約1,000円)

【設備】

Wifi:○ シャワー:温 洗濯機:× エアコン:×
キッチン:〇 冷蔵庫:〇 情報ノート:× 蚊帳:× ランドリー:○(1ポンド2,000ペソ)
その他:朝食、パソコン

 

【コメント】

ラ・カンデラリア(旧市街)にあるホステル。周辺は大学も多いので、平日の昼間にはたくさんの大学生が歩く。

治安は保たれており、夜でも普通に出歩くことが可能。旧市街だけを散策するならば問題はない。

大学があるので昼間には食堂もオープンするのだが、夜には閉まってしまい、空いている食べ物の店は地元のハンバーガーなどのファストフードのみ。

 

ホステルは2階建てで共有スペースも広いのでゆっくりできる。コンセントの数に限りがあるので、充電する際には早めにしないといけない。

ベッドの数とトイレ・シャワーの数が合っていないのだが、滞在中は皆時間をずらして使っていたので、あまり不便には感じなかった。

シャワーは温水で水圧も抜群、バスタブがあるので広く使えた。

 

部屋は広め、荷物を広げるスペースは一応ある。ロッカーはいくつもあるので困ることはなし。ベッドの下に荷物を入れられる。

毎日ベッドメイキングしてくれるので、かなりありがたかった。

 

ランドリーは1ポンド2,000ペソ。まとめて出したら6ポンドもした。

ちゃんと畳んで返してくれるので、その点ではいいかも。

 

wifiは早くて快適。朝食は朝8時~10時まで、オムレツとパンと飲み物をくれる。

キッチンは昼以降使用可能となり、夜は10時まで使える。キッチンは広くて調理器具も揃っていたので、自炊する人もたくさんいた。

 

スタッフは英語可能だけど、時間帯によってはスペイン語オンリーの場合があるので注意。予約していかないと他の宿を案内されるのだが、少し宿が散らばっているので、探すのが結構面倒。

 

宿からカテドラルまでは徒歩7分ぐらい、スーパーExitoもボリバール広場近くにある。

トランスミレニオの駅までは徒歩10分弱、帰りは坂道を上がっていく。

結構居心地がよかった宿だった。

 

宿泊サイトはbooking.comを使用した。

 

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

【アクセス】

トランスミレニオ:Zona J「Universidades」Zona J「Las Aguas」駅下車徒歩10分。

空港、バスターミナルから来る人は「J6」のUniversidades行きにより、下車したら連絡通路でLas Aguasまで向かい、そこから歩くといいかも。

 

Carrera 2沿い。結構狭い道。駅からならCarrera 4を通って、Calle 14を曲がり、Carrera 2に入るとよい。

 

空港までタクシーは話を聞いていたら、25,000ペソだった。荷物少ない人はトランスミレニオが便利。

 

【場所】

 

 

↑宿の外観、ピンポンを押す

 

↑宿内

 

↑共有スペース

 

↑レセプション

 

↑キッチン

 

↑朝ごはん、オムレツとパン。コーヒー、紅茶は無料サービス。