読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【コロンビア】 わずか250円で見れるボゴタの「穴場」夜景スポットが美しい。

ボゴタの美しい夜景をご紹介します。わずか250円。

2015年2月 1COP=約0.05円

 

◆はじめに

 

盆地に位置するボゴタ、四方を山に囲まれ、町のどこからでも緑の姿を見ることができる。
ボゴタの夜景はとても有名で、モンセラーテの丘に皆登る。しかし、わずかながら高い。
いかにしてボゴタの夜景を見るか・・・と思い、ネットサーフィンをしていたら以下のブログを見つけた。

大都会ボゴタを一望!究極の絶景スポット: 南米コロンビア・雲と星が近い町から

 

ボゴタで旅行代理店に勤める方の記事だ。ここに安く、そして穴場として景色を見ることができると紹介してある。
オープンしているのは週末のみ、ちょうど滞在と被っている。どういうところか、早速向かってみた。

 

◆Torre Colpatria

 

ラ・カンデラリア(旧市街)から程近いところにあるこのタワー。銀行のビルだ。
トランスミレニオの最寄り駅だとZona Lに位置する「San Diego」。旧市街に滞在している人は、歩行者天国のCarrera 7の終わりにビルはあるので、歩いたほうが早い。

 

 

オープンは金、土、日のみ。金曜は18時から22時まで、土曜は14時から18時、日曜は11時から18時までなので夜景を見たい人は金曜日。昼の姿を見たい人は土日に行くとよい。
Carrera 7、San Diego駅から共にタワーへ入る入口は同じ。OMAカフェの近くから入場。

 


最初手荷物検査を受け、次にチケット購入。わずか4,500ペソ(約225円)という驚きの安さ。

警備員とかに挨拶しながらエレベーターに乗る。中のおじさんが46階まで上る間にタワーの説明をスペイン語でしてくれる。
金曜日の夜は何人かいたけど、土曜の昼間は僕だけ。おじさん、前日に来てくれていたことを覚えてくれていたみたいで、タワーの説明省略。

 


46階に上がると、再度チケットチェックを受けて、48階まで階段を上がっていく。

階段を上がると屋上だ。

 

◆ボゴタの夜景

 

代理店で勤務されている方のブログにもあるように、モンセラッテは一方向のみしか夜景が見れないのに対し、このタワーは360度夜景を楽しむことができる。
屋上には警備員が四方に立っており、治安維持。さすがに飛び降りる人はいないはずだ。

美しい夜景を紹介。

 

 

 


いかがだろうか。写真じゃ中々伝わりにくい。僕が今まで見た夜景でTop5に入るほど美しかった。
これより高いビルはないので、夜景を遮るものはないし、大都会ボゴタ。どこまでも続く道や家は夜になると宝石となり散らばる。
金曜の夜ということもあり、周りはカップルだらけ。1人なのは僕だけだ。至るところで"Amor"をしており、外は寒いのだが見ている分には熱かった。

穴場の夜景スポット、市街地にも近いのでアクセスしやすい上、値段がとても安い。僕が訪れた時、観光客は殆どいなくて、地元の人が景色を見ている雰囲気であった。


◆昼のボゴタ

 

昼も同じく4,500ペソで登れるので、土曜のお昼に上った。金曜の夜とは違い、カップルだけではなく友達同士で楽しむ人たちも多かった。
以下写真。

 

↑闘牛場

 

 

◆アクセス
【場所】Torre Colpatria
【営業時間】金曜:18:00~20:30 土曜:14:00~19:30 日曜:11:00~16:30
【入場料】4,500ペソ(約225円)
【最寄り駅】トランスミレニオ Zona L「San Diego」
【手段】
・旧市街から
Carrera 7を北上。ボリバール広場から徒歩15分ほど。

・ウサケン、Zona Rosa、Zona Gから
各バス停より「L80」のバスに乗車。「20 de Julio」行き。戻る時は「M80」に乗ればよい。

【治安】
Carrera 7とSan Diego駅を往復するだけなら夜でも安全だ。K7は人通り多い。
トランスミレニオのCalle 22駅からも行くことは可能だが、昼はいいけど、夜は人通り少なく、雰囲気も悪いのでオススメはしない。

【地図】

 

◆おわりに

 

ボゴタの穴場絶景スポットを紹介した。まだまだ観光客に知られていない。正直あまり知られたくない思いもある。このままマイナーであってほしい気持ち。
とはいえ、360度ボゴタの景色を楽しむことができる場所。滞在が週末に被った場合は訪れてみてはいかがだろうか。
夜景は特にオススメしたい。