読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【コロンビア】 メデジンの壮絶な通勤ラッシュを体感する。

スポンサーリンク

メデジンの通勤ラッシュについてレポートします。

2015年2月 1COP=約0.05円

 

◆はじめに

 

以前、サンパウロのラッシュを当ブログで紹介した。

【ブラジル】 サンパウロのラッシュが凄い - El Mundo

 

僕の中では世界でも有数のラッシュだと感じていたサンパウロ。

しかし、今年2月に訪れたコロンビアのメデジンもかなりのラッシュであった。

ラテンアメリカ全体でラッシュは東京以上となる。今回はメデジンのラッシュについてレポートをする。

 

◆メデジンの公共交通機関

 

軽くメデジンの公共交通機関を記す。

地元民が使う交通手段は以下の5つだ。

1.メトロ(高架鉄道)

 

2.メトロカブレ(ケーブルカー)

 

3.メトロ(BRT)

 

4.公共バス

 

5.タクシー

 

ちなみに1~3は同経営となっている。高架鉄道とカブレに乗り継ぐ際は同料金でOK。

盆地のメデジン。町の地形上、特にケーブルカーは重宝されている。バスで1時間かかるところが、ケーブルカーなら5分で済むなど、市民の足となっている。

 

交通インフラはある程度整ってはいるのだが、中心部に商業施設が集まっている点、地形上や道路の広さ、メトロ同料金の関係から通勤ラッシュは凄いことになる。

 

ちなみに値段設定だが、メトロは2,000ペソ(約100円)。公共バスは1,800ペソ(約円)となっている。タクシーは使用していないので分からない。

 

◆メデジンのラッシュ

 

コロンビアの朝は早い、6時ぐらいから人々が動き始める。朝のラッシュは7~9時がピーク。夕方は17~19時頃がピークだ。これは他の国でも同じようなスタイルである。一番ヤバいのは18時前後。身動きが取れない状況となる。

 

 

混むのは、高架鉄道とメトロカブレ。バスも混むけど、道路が滅茶苦茶渋滞するので、その面で辛い。

土日はそこまで。平日が酷い。朝や夕方に移動を考えている人は、かなり時間に余裕を持って出てもらいたい。大きな荷物をもって移動するのは、他の客の迷惑だ。タクシーも渋滞に巻き込まれるので、頭に入れておこう。

 

 

メトロのラッシュ風景。人多すぎ。250%ぐらいの乗車。車内では現地人がスペイン語で不満をたらたら言っている。

 

 

乗り場に溢れ出るほどの多さ。僕は2本ぐらい見送った。皆席に座りたいので、かなり真剣な眼差しで電車を待っている。

 

 

ちなみに「電車を見送る」という発想があまりないみたいなので、来た電車にほぼ必ず乗り込む。席に座りたい場合は、電車が到着した瞬間に、列の後ろに並ぶ。すると丁度自分の番ぐらいで電車が満杯となるので、次の電車は一番手に乗ることができる。

 

 

乗換駅では帰宅を急ぐコロンビア人。電車を降りた瞬間にメトロカブレの乗り場へ向かう。軽い紛争だ。

 

 

多い時、メトロカブレはかなりの列になる。だけど回転が良いので、あまり待つことは少ない。メトロカブレの場合は座ることが出来るので、一番大変なラッシュは高架鉄道のメトロと言えるだろう。

 

 

ちなみにBRTは基本混んでる。メデジンのキャパと輸送機関が見合ってない。インフラ整備が必要なのだが、盆地なので整備が難しいのが実際なところ。

 

 

ちなみに空いている時はこんな感じ。ラッシュに重ならなければ、楽な移動ができる。車内は広いのでバックパックとかを持ち込んでも大丈夫。

 

 

ラッシュの時間帯は切符売り場も長蛇の列。Suicaみたいなカードもあるので、何度も乗る人は購入しておくといいかも。少ない回数ならば切符をまとめ買いしていくのがベスト。基本切符売り場は学ぶ。 

【スポンサーリンク】

 

◆おわりに

 

簡単ではあるが、メデジンのラッシュを紹介した。写真だと中々伝えるのが難しいのだが、かなりの凄さであるので、訪れた人は是非体感してもらいたい。アトラクションだと思って行けばかなり楽しめるはずだ。スリなどには注意しよう。