読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【タイ】 バンコク:地元民に人気の麺食堂「ルンルアン」。

地元民に人気の麺食堂に行ってきました。

2015年9月 1バーツ=約3.3円

 

◆はじめに

 

今回バンコクには2週間弱ほど滞在しているが、最初の4日間はプロンポン駅近くに宿泊していた。

このエリアは日本人在住者の多いエリアであり、治安も概して良い。宿はSoi 24/1にあったのだが、オーナーからSoi26に美味しい麺食堂があると聞いたので、食べてきた。

 

◆アクセス

 

店の名前は「ルンルアン」。スクンビット通りからSoi26に入ったところにある。

最寄駅はBTSのプロンポン駅。ここの4番出口から徒歩5分程度。

駅を出たら真っすぐ進んでいき、Soi26を右折。進行方向右手に食堂が見えてくる。

路線バスならカオサンからは2番か511番。チャイナタウン、MBKからなら25番がダイレクトで行ける。

 

地図:

 

◆ルンルアン

 

店は朝8時半より営業。朝一で訪れたので客はまばらであったが、次に昼に行った時は現地のビジネスマンでいっぱいであった。

創業60年以上の老舗だ。話を聞く限り、ベンツなど高級車で訪れる人もいるぐらい、現地の人から評価が高い店である。

 

 

ガイドブックに載っていることもあり、店員さんは英語が通じた。少しローカル感は減ったかも。

ちなみに、ルンルアン。隣同士で2軒ある。兄弟で経営しているみたいだが、美味しいと言われているのは角の方の店みたいだ。

 

 

店に入り、バミーナームを注文する。

タイの麺にはいくつか種類があり、

1.センミー(極細麺) 2.センレック(細麺) 3.センヤイ(太麺) 4.バミー(たまご麺)

の4種類だ。オススメはバミー。

 

また、汁なし(ヘーン)、汁あり(ナーム)。並盛り(タマダー)、ピセー(大盛)。

注文する時は「バミー ヘーン ピセー」(バミー麺/汁なし/大盛)という感じ。これで通じたので、問題ないはず。

 

 

少し待って到着。

 

 

テーブルに置いてある調味料をお好みでかければOK。

僕はナッツと砂糖、ナンプラーを入れる。これで味がマイルドになる。クセになる味だ。

赤い色は唐辛子。辛いのが苦手な人は抜いてもらうといいだろう。体の芯から温かくなる辛さなので、冷え性の人はいいかもしれない。

 

 

値段は並盛が40バーツ。大盛が50バーツ。良心的な価格。バンコクの食堂はだいたい30バーツ以上50バーツ以下。

食べて、直接お金渡して、おつりもらって終了。手軽にバミーを食べることができるので、オススメだ。場所も分かりやすいので、観光客の人も簡単に訪れることができる。

 

◆ルンルアン

【住所】Sukhumvit Rd, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110

【営業時間】08:30~16:30

【料金】麺類40バーツ~

【アクセス】BTSプロンポン駅4番出口より徒歩5分。

 

◆おわりに

 

プロンポン駅近くのルンルアンという麺食堂を紹介した。店員さんは英語話せるし、店もそれなりに清潔なので、観光客が訪れるハードルは低いだろう。時間に余裕がある人、スクンビット近くに滞在している人は訪れてみてはどうだろうか。