El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【北京】 北京国際空港→中心部、エアポート地下鉄に乗ってみた。

スポンサーリンク

北京国際空港から中心部まで空港地下鉄に乗って向かいました。

2015年10月 1元=約20円

 
◆はじめに

 

初めての北京。二度目の中国。
空港から中心部まで地下鉄に乗ってみた。
バスと同じぐらいの値段で渋滞知らずということで期待していた。
 
◆乗り場まで(ターミナル3)
 
 
地下鉄はターミナル3とターミナル1,2の駅がある。
僕はCAで到着したのでターミナル3から乗車。
 
 
 
到着ロビー出て、ATMでお金を引き出し、案内通りに駅へと進んでいく。
エアポート地下鉄の駅は到着ロビーと同じ2階。地下鉄だと思って1階や地下へ降りないでほしい。
 
 
 
駅に着くと正面は駐車場へのエスカレーター、右手に切符売り場と改札がある。
 
 
中心部までは一律25元(約500円)。2015-2016の北京の地球の歩き方には「一卡通」が購入できると書いてあったが、置いてなかった(2015年10月末現在)。
なのでそのまま購入。同じ地下鉄でも、エアポート地下鉄と市内地下鉄とは運賃体系が違うので、通しで買うことはできない。
なので一旦ここで中心部まで購入して、再度市内地下鉄に乗る際に切符を再び買わないといけない。
なお、一卡通の払い戻しは同じ窓口で可能。
 
 
カードと領収書を貰う。必要なのはカードだけ。
改札前に手荷物のX線検査があるので荷物を通す。
改札では日本と同様にカードをかざして中に入る。
 
◆空港⇒東直門
 
線路は1つ。ホームは2つ。乗車と降車で別れている。
地下鉄はターミナル3→ターミナル1,2と経由して中心部へと向かっていく。
 
 
市内まで25分ほど。
突出すべきことは特になかったのだが、渋滞知らずという点はとても大きい。
また北京地下鉄と繋がっているので、その後の行動も楽だ。
 
 
三元橋では地下鉄12号線、東直門では2号線と13号線に乗り継ぐことができる。
東直門は乗り継ぎに時間がかかるので、余裕を持ってほしい。
 
以上、エアポート地下鉄のレポートをした。
空港では一卡通を購入することはできないが、払い戻しは可能である。市内まで25分ほどと早く、時間も正確で、そして渋滞知らずだ。なので急いでいる人、北京初めての人にはオススメだ。