読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【NY】話題沸騰中の「ミートパッキング・ディストリクト」(Meatpacking District)を歩く。

U.S.A 世界の街情報

マンハッタンで話題沸騰中のエリア「ミートパッキング・ディストリクト」を歩きました。

2015年 1USD=約120円

 

◆はじめに

 
 
NYは広い。思っている以上に広い。1つ1つ見ていたら何年かかるのか、というぐらいの規模だ。11月に訪れて4回目だったのだが、まだ行ったことがない場所があった。それがチェルシーだ。
 
NYに訪れる観光客なら殆どが行くであろうチェルシー。今回は折角なのでチェルシーマーケットと最近話題の「ミートパッキング・ディストリクト」に行ってみた。
 
【散策ルート】計:1時間30分
スタート:地下鉄A,C,E「14 St」or 地下鉄L「8 Av」
↓徒歩5分
目的地①:チェルシーマーケット(CHELSEA MARKET)(35分)
↓徒歩0秒
目的地②:ハイライン
↓徒歩15分(のんびり)
目的地③:ミートパッキング・ディストリクト(Meatpacking District)(30分)
↓徒歩5分
ゴール:地下鉄A,C,E「14 St」or 地下鉄L「8 Av」
 

チェルシーマーケット

 

マンハッタンの真ん中西に位置するチェルシー。名前はロンドンのチェルシーから由来する。昔は労働者が住むエリアであったが、最近ではアートの発信地となっており、デザイナーなどが住むようになっているようだ。
 
そのチェルシーで目立つ存在なのが「チェルシーマーケット」だ。屋内にいくつもの店が並び、NY在住者だけではなく観光客も多い。いや、観光客だらけと言っても過言ではない。
 
チェルシーマーケットについては他サイトを参考にしたほうが絶対に良い。僕より詳しい情報、そしてお土産やみどころなどを分かりやすく説明している。
僕は太刀打ちできないので、写真と雰囲気をここでは紹介する。
 
↑1F部分がショップ。2F以上はオフィスなので一般見学者は入ることができない。
 
↑店の案内。
 
↑ハロウィンの時期だったので、カボチャアートもあった。
 
↑平日の午前だったけど活気があった。どの店も美味しそうで飽きない。
 
↑牛が目印。
 
チェルシーマーケット
【住所】75 9th Ave、New York, NY
【営業時間】月~土:07:00~21:00、日:08:00~20:00
※マーケットが空いている時間、中の店の営業時間は店舗ごとに異なる。
【アクセス】地下鉄A,C,E「14 St」or 地下鉄L「8 Av」より徒歩5分
 

◆ハイライン

 

 

チェルシーマーケットの上をハイラインが通っている。ハイラインは昔、鉄道の貨物輸送で使われていたがトラックの台頭により徐々に鉄道輸送が減ってきた。廃止の後は放置され、その場所はホームレスやドラッグの受け渡し場所などになり、治安が悪化。落書きも増え、雰囲気は最悪であったようだ。しかし、1990年代になり2人のニューヨーカーがハイライン再生へと取り組み始めた。あーだこうだあり、ハイラインは今となっては立派な観光地となった。

 

 

 

途中省略した部分はある、だから他ページを参考にしてほしい。観光客だらけのハイライン、土日になると人だらけで落ち着く暇もない。なので訪れるなら平日の午前、晴れている日だとのんびり散策することができる。

 

 

 

写真と共に紹介する。チェルシーマーケットから南に下ると、終点が後述で紹介する「ミートパッキング・ディストリクト」となる。

 

↑緑が多い。天気が良い日は陽が差し込み、解放感に包まれる。

 

↑ハイラインはいたるところにベンチがある。のんびり。

 

↑土日になるとこんな景色。

 

↑ハイラインの起点と終点。ここが「ミートパッキング・ディストリクト」だ。

 

↑最後に。写真のエンジ色の袈裟を着た人。金をだまし取ろうとするクソ野郎なので絡まないように。ハイラインによくいる。

 

 

◆ミートパッキング・ディストリクト

 

ハイラインの終点、「Gansevoort St」に出る。するとそこはもう「ミートパッキング・ディストリクト(Meat Packing District. 略:MPD)だ。
 
 
MPDはチェルシーの一部地区。さほどエリアとしては大きくはない。ここは名前のように精肉卸売業者の倉庫が軒を並べていることから由来する。なので赤レンガの古めかしい倉庫を改装した店が多い。また石畳とNYらしい家々が建ち並んでおり、写真撮影にも最適な場所と言える。
 
 
ちなみに僕はこのMPDで某有名芸能人を見た。写真には撮っていないし、証明するのもないけど、いい思い出となっている。
 
 
ブティックやカフェ、レストラン、雑貨、その他諸々とハイクオリティな店が多い。僕のような庶民が手を出せるようなところではなく、「セレブ」「観光客」向けのところだ。
しかし、その中でもMPDの話題マーケット「Gansevoort Market」は庶民の僕でも気軽に行くことができる場所だ。
 
 
チェルシーマーケット同様、いくつかの店が建物の中に入っており、飲食をすることができる。値段も多少は高いけど、手が出せるレベルだ。特に僕は飲食をすることはできなかったけど、ちょっと小腹が空いた時にいいかもしれない。また、ここでコーヒーとパンを買って、ハイラインで楽しむのも面白いかも。
 
 
落書きもあるけど、エリアの雰囲気と合っていて「アート」のように感じてしまう。
土日になると人も多くなりとても賑やかになるのではないだろうか。人の活気を見るなら土日の昼、のんびり散策したいなら平日の昼をオススメしたい。
 
Gansevoort Marketの中。店で買ったものをここで食べることができる。
 
Gansevoort Market。タコス屋台。
 
Gansevoort Market。チェルシーマーケットに比べると規模は小さいけど活気はある。
 
Gansevoort Market
【住所】52 Gansevoort St、New York, NY
【営業時間】毎日08:00~20:00
【アクセス】地下鉄A,C,E「14 St」or 地下鉄L「8 Av」より徒歩5分。
 

◆おわりに

 

 

NYで話題沸騰中のMPDを散策した。と同時にハイラインとチェルシーマーケットもセットで。ここはエリアがギュッとしているので、同時にまとめて歩くことができる。

はじめにでも紹介したが、以下が今回散策した散歩コースだ。

 

【散策ルート】計:1時間30分
スタート:地下鉄A,C,E「14 St」or 地下鉄L「8 Av」
↓徒歩5分
目的地①:チェルシーマーケット(35分)
↓徒歩0秒
目的地②:ハイライン
↓徒歩15分(のんびり)
目的地③:ミートパッキング・ディストリクト(30分)
↓徒歩5分
ゴール:地下鉄A,C,E「14 St」or 地下鉄L「8 Av」

 

少し早歩きの僕で1時間半だ。なのでのんびり散策、買い物をじっくりする人には2~3時間ぐらい必要だろう。14 St駅を起点にぐるっと回って帰ってくることができる。

午前中の空いた時間、訪れてみてはどうだろうか。

 

 

おまけ。L線の8 Avの駅にいる小人たち。探してみてはどうだろうか。