El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【タイ】バンコクのスイーツ名店「Mango Tango」でマンゴーを食す。

スポンサーリンク

サイアムのMango Tangoでマンゴーを食べてきました。

2016年1月 1THB=約3.2円

 
◆はじめに
 
 
バンコクのスイーツ店「マンゴータンゴ(Mango Tango)」。ガイドブックでは紹介されないことはないぐらいの有名店だ。
H.I.S.ではツアー特典にクーポンを組み込むほど、日本人にも馴染み深い店である。
市内にいくつか支店があり、中でもサイアムの店は旅行者でも気軽に訪れることができる店だろう。
今回はサイアムの「Mango Tango」をご紹介する。バンコク5回目にして初、当ブログとしては珍しいスイーツ店だ。
 
◆Mango Tango

 

サイアムのBTS駅2番出口から徒歩2,3分ほど。Soi3沿いにマンゴータンゴは位置する。
黄色い大きな看板とマスコットとも言えるマンゴーが出迎えてくれるので、一目見たら分かるはずだ。
 
 
店内に入ると、テイクアウトかここで食べるか聞かれる。
流れとしては以下のようになる。
 
1.カウンターで「テイクアウト」or「イートイン」をいう。
2.その場で注文。
3.すぐ横で会計。
4.テイクアウトの人はそこらで、イートインの人は席に案内してもらいマンゴーを待つ。
 
 
メニューは2枚あるので見比べて好きなものを決めるといいだろう。
だいたいスムージーは80THB前後(約256円)、アイスやプリンなどは100THB以下(約320円)、マンゴーやアイスなどがセットになったものは120THB(約384円)ぐらい。タイバーツで考えると高いかもしれないけど、日本円に換算すると値段は安い。変なカフェで休憩するよりマシだと思える。
 
 
僕はマンゴーサンデーというものを注文した。80THB(約256円)。マンゴーアイスとマンゴーの欠片、もち米がセットになっている。
もち米とマンゴー合うかどうか気になったけど、個人的には一緒に食べたくはないかなと思った。
しかしこれはあくまでも僕の味覚の問題なので、実際に試してもらって自分の口で判断してもらいたい。
 
 
マンゴータンゴのメイン料理ともいえる「マンゴータンゴ」。140THB(約448円)。これはフルセットなのでいいかもしれない。
 
驚いたのが、あまり甘くないということ。もちろんマンゴーの本体は甘味があったりするけど、アイスとかはそれほどだ。
なので甘いのが苦手な人にも食べれるし、食後サッパリする。水を持っていくといいだろう。
甘いのがほしい人は少し物足りないかもしれない。
 
 
土曜の16時半頃に訪れたけど、店内は8割程度埋まっていた。タイ人8:2観光客という割合。英語はもちろん通じるし、メニューも日本語表記、英語表記、かつ写真付きなので分かりやすい。さすが観光客が集まるお店、こういうのは「安心」につながる。
 
 
 
初めて訪れたマンゴータンゴ、個人的には満足できる味であった。観光客にはオススメしたい店だと思う。グッズも売っているのでお土産にいいかも。
 
 
現住所はsoi3沿い。soi7ではないので注意。 
 
◆Mango Tango
【住所】Siam Square Soi 3
【営業時間】11:30-22:00
【メニュー】マンゴータンゴ:140THB 他
【英語】可
【アクセス】BTSサイアム駅2番出口より徒歩2分
【地図】

/