読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【フィンランド】アラビアの社員食堂(Ravintola Arabianranta)でビュッフェランチを楽しむ。

ヘルシンキのアラビアの社員食堂(Ravintola Arabianranta)でランチをしてきました。

2016年2月 1ユーロ=約132円

 
◆はじめに

 

物価の高いヘルシンキ、いかに節約できるかを考えていた。
幸いなことに、平日のヘルシンキは少しは優しい。
というのも、多くの店でビュッフェランチを提供しており、お皿山盛りに載せて10ユーロ前後とかなのだ。
それを食べればお腹はいっぱい、夜ご飯も要らないぐらい。なので1日1食で済んでしまうのである。
 
以前、マリメッコの社員食堂を紹介したが、今回はアラビアの社員食堂を紹介する。
個人的にはマリメッコよりアラビアの方が好きであった。
 
◆アラビアまでの行き方
 
 
ヘルシンキ中央駅からトラム「6」「6T」で30分ほど。「Arabiankatu」で下車だ。そこから徒歩2分である。
詳しい行き方は以下の記事を参考にしてもらいたい。

 

kouhei50.hatenablog.com

 

◆社員食堂「Ravintola Arabianranta」
 
 
営業時間は10時半から13時半。オープン直後の11時ぐらいまでを除いて、基本的にはいつも混んでいる。
ここの魅力は「豊富な料理」であろう。マリメッコが3,4種類だったのに対して、アラビアは7,8種類ぐらいから選べる。
野菜の種類も多い、見ていて飽きない。なのでとりあえず一周してから、どれを取るか選ぼう。
 
 
10時半過ぎということもあり、人もまばらであった。僕が出る頃、11時過ぎになると人も多く出てきて、座る席を見つけるのも一苦労なほど。
マリメッコは社員以外に使う人がいなかったのに対して、ここは地元の人やアラビア以外の社員の人も使うので、多いのだ。
 
 
マリメッコで取りすぎた教訓があるので、若干少なくして取っていく。パンや飲み物、スープはフリーだ。
こちらも以前の教訓を生かして、スープを6割程度、パンを1種類だけにした。
全部取ってからお会計、アラビアは10.2ユーロ(約1,357円)とマリメッコよりも0.8ユーロ安い。
 
 
昼ごはん。炭水化物が多いのですぐお腹いっぱいになってしまった。
 
 
美味しかったのは、フライドポテト。ピザもよかった。メインは白身魚を揚げたものが、少し脂っこいけど日本人好みかなとは感じた。
 
 
個人的には本屋に隣接しているエリアで食べてほしい。というのも、日本では味わえない開放感の中で食べられるからだ。
 
 
ペロリと平らげて、食後のコーヒーをいただく。飲み物は飲み放題なので、好きなように飲めるのはありがたいことだ。
 
 
片づけは自分で。右に見える食器台へと返却する。 
 
◆おわりに
 
 
簡単にではあるが、アラビアの社員食堂を紹介した。
マリメッコよりも種類も多く、座る場所も広いので開放感がある。英語ももちろん通じる。
個人的にはどちらか1つ行くならばアラビアをオススメしたいほど。満足できるランチを楽しめるだろう。
 
Ravintola Arabianranta
【住所】Hämeentie 135 A、00560 Helsinki
【営業時間】10:30~13:30
【流れ】①各自にお皿1枚に好きなモノを取っていく、スープは別皿OK→②レジで会計。どんなに取ろうが、取らないだろうが10.2ユーロ→③好きなところで食べる→④自分で片づける(台車とかに)
【英語】可
【アクセス】トラム6,6T,8「Arabiankatu」駅より徒歩2分。BUS68番、71番の「ARABIA」下車。目の前。
【地図】