El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【フィンランド】ヘルシンキ:ウスペンスキー寺院と古き良き「Katajanokka地区」を歩く。

スポンサーリンク

ヘルシンキ西の「Katajanokka地区」を散策しました。

2016年2月 1ユーロ=約133円

 
◆はじめに

 
ヘルシンキにはいくつかの観光スポットがあるが、それよりも「普通」の住宅街にも目を向けてほしい。
それが「Katajanokka地区」だ。ウスペンスキー寺院の奥にある「島」、そこにはユーゲント様式の住宅街が建ち並ぶ。
 
今回は「Katajanokka地区」(カタヤノッカ)とウスペンスキー寺院を紹介する。
余談だが、ユーゲント様式というのは、僕がヘルシンキを離れて知ったので、予備知識ではなかった。
 
 
ヘルシンキ大聖堂から歩いて3,4分。小高い丘に位置するウスペンスキー寺院は見る者を圧倒させるだろう。
ヘルシンキ大聖堂が「威厳」とすればウスペンスキー寺院は「装飾」であろう。それほど見た目が美しいのだ。
北欧最大とも呼ばれるロシア正教の教会である。
 
 
上り坂、または階段を上がっていく。
トラムで訪れるなら「4」or「4T」の「Tove Janssonin p.」駅を降りよう。道又は階段を上っていけば到着する。駅から寺院は見える。
 
 
駐車場から眺めたウスペンスキー寺院、ヘルシンキ大聖堂とは違う美しさだ。
 
 
遠くにはヘルシンキ大聖堂や旧市街の街並みが見える。
 
 
中へ入ってみよう。
 
 
そこまで中は広くないのだが、装飾がすごい。ただ僕が訪れた時は改装中であったので、美しさ半減。風情ゼロ。タイミングが悪かったとしか言いようがない。
とはいえ、外観が綺麗だったので、良しとしよう。
 
 
是非訪れるなら午後、夕方近くをオススメする。というのも西日が寺院に当たり、オレンジ色がより強調されて美しいのだ。
 
 
ちなみに夜はライトアップされる。
 
◆Katajanokka地区
 
Katajanokka地区(カタヤノッカ)を散策した。
 
 
そこまで建物などは詳しくはない、写真をいくつか紹介するので、それを見て判断してもらいたい。
個人的は一見の価値はあると思う、ウスペンスキー寺院とセットで訪れることをオススメしたい。
 
 
このKatajanokka地区は住宅街だ。ホテルはぽつぽつあるので、少しは観光客はいるけど、昼間は殆ど見かけることはない。
 
 
建物が中世ぽく綺麗だ、見ていて飽きることがない。
「天気が良ければ・・・」と思っていたけども、曇り空でも強調してくる重厚感だ。
 

 

ちなみに昼間でも静かなのに、夜になるともっと静かになる。「住んでいる人はどこにいるんだ」と感じるほどだ。
 

夜景も綺麗だ。治安も安全。子ども一人で歩いていたぐらいだから、問題はない。ウスペンスキー寺院のライトアップも綺麗なので、夜に訪れてみてもいいだろう。
 
◆おわりに
 
ウスペンスキー寺院とKatajanokka地区を紹介した。
どちらもトラムの「4」or「4T」で簡単にアクセスできるし、ヘルシンキ大聖堂から5分ぐらいの距離だ。午後の一コマ、のんびりと散策してみてはどうだろうか。
地図: