読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【リトアニア】ビリニュスの雰囲気が良いレストラン「Forto Dvaras」でディナーを堪能する。

ビリニュス旧市街の「フォルト・ドブラス」に行きました。

2016年2月 1ユーロ=約133円

 

◆はじめに

 

ビリニュスの旧市街、若しくはリトアニアでチェーン展開しているレストラン「Forto Dvaras」。
リトアニア料理を安く美味しく楽しめるレストランということで、地球の歩き方に記載されていた。
物価も安いということもあり、ちょっと気分を変えるためにいってみた。

 

◆Forto Dvaras

 

Forto Dvarasはリトアニア国内にいくつかお店がある。

旧市街だとカテドラル広場近くのPilies通りに位置している。店構えや看板を見てわかるはずだ。
中に入ると、1階席と地下席に分かれるのだが、そのまま地下席へ降りていく。

下へ行くと店員さんがいて、人数を告げてテーブルへ案内。
メニューを民族衣装を着た店員さんが持ってきてくれる。

 

 

1階の席は普通のレストランなのだが、地下席は洞窟の中?にいるような雰囲気。
なんだか中世にタイムスリップしたかのような感覚だ。
地元のお客さんもいるけど、旧市街という場所柄、観光客がメイン。店員さんも話せる言語が名札に付いていて、3ヵ国語は当たり前という感じだった。

 

 

メニューは英語表記。またHPにも記載がある。HPだと写真付きなので、事前に確認しておくと注文がスムーズであると思う。
僕はリトアニア名物の「ツェペリナイ」(2.25ユーロ)と「bulviu plokst」(4.55ユーロ)、そしてビール(グラス:1.55ユーロ)を注文した。

 

 

まずはビールから。
リトアニアのビールぽいのだが、美味しい。というかビール比較できるほど飲んだことないから、素直に美味しいというしかない。
日本よりも苦みが少しある?感じだったかなという印象。

 

 

続いてツェペリナイ(Cepelinai)。お餅のような食感。中にひき肉が入っている。
ここのお店、何種類かツェペリナイのソースがあって何をしようかかなり迷ったんだけど、店員さんが「TRADITIONAL」オススメと言われたので、それを注文した。
どれも3.99ユーロ(約531円)で共通。基本は2つだけど、1つのみも注文可能。その場合は2.25ユーロ(約299円)。

 

 

写真ではさほど感じないけど、1つでもかなりボリュームがある。食が細い人は1つ食べきるのも大変かも。女性なら1皿でいいと思う。
よく食べる人は2つ食べても問題ないとは思うけど、他のメニューは控えてもいいかもしれない。
とりあえず、他のメニューはこのツェペリナイを食べてから決めてもいい。それぐらいボリュームがある。

 

 

ビールとツェペリナイでお腹いっぱいになりつつも、続いて写真で気になった「bulviu plokst」が到着。
ジャガイモのグラタンみたいなものだったのだが、これも量が想像以上に多い。最後のほうは気合で完食したという感じ。
日本でも大盛りよく注文するけど、ここは普通でボリュームが多いので、嬉しいような悲しいような。

 

 

とはいえ、これで8.35ユーロ(約1,111円)とレストランにしては激安。こんな可愛らしい小箱に入れてきてくれた。
チップは特に必要はないけど、気持ちで置いていくといいだろう。テーブル会計だ。

日曜でも夜でも営業しているので、手軽にリトアニア料理を食べたい時にオススメだ。

 

◆Forto Dvaras
【住所】Pilies g. 16、Vilnius 01123
【営業時間】12:00~24:00
【英語】可
【HP】http://fortodvaras.lt/

【アクセス】ビリニュス中央駅より徒歩20分ほど。
【地図】