El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【エストニア】タリンの港(Reisisadam)から旧市街やバスターミナルへのアクセス方法。

スポンサーリンク

タリンの港から旧市街やバスターミナルへのアクセス方法をまとめました。

2016年2月 1ユーロ=約133円

 

◆はじめに

 

タリンの港、ストックホルムヘルシンキからのフェリーが発着する。

場所も市街地に近く、とても分かりやすいところにある。

簡単ではあるが、港からのアクセスをまとめた。

 

◆港から

 

・旧市街へ

徒歩で10分弱。港から伸びる道を歩いていけば、旧市街北側の「ふとっちょマルガレータ」に到着する。

そこの門をくぐれば旧市街だ。ヘルシンキから日帰りで訪れる人は徒歩が便利である。

 

・バスターミナルへ

港の前から2番の白いバスが走っている。これに乗り「Autobussijaam」で下車。すると目の前にバスターミナルが見えてくる。

バス停からバスターミナルまでは徒歩2分ほど。港からバスターミナルまでは10分ほど。

 

・空港へ

同じく2番バス。「Lennujaam」で下車。空港のターミナルに到着する。20分ほど。

 

 

バスには「ウヒルカート」というICカードで乗ることができる。
1回券だけなら運転手さんから直接購入することも可能。1.6ユーロ(約213円)。
もしタリンに戻ってこないなら、直接購入してもいいかもしれない。
タリンに戻ってくるなら、ウヒルカートが便利だ。発行に2ユーロ、1回1.1ユーロ。1日券は3ユーロとなる。港のキオスクで購入可能。

 

◆港へ

 

・旧市街から

徒歩10分弱。来た道を引き返せばよい。

 

・バスターミナルから

2番バス。A,BターミナルとDターミナルに止まる。乗るフェリーに合わせてほしい。
トラム2番でもアクセス可能、その場合は「Linnahall」で下車し、道路を港方向へ10分弱歩くことになる。

 

・空港から

2番バス。A,Bターミナル(Reisisadam)とDターミナル(Reisisadam D-terminal)に止まる。乗るフェリーに合わせてほしい。A,Bターミナルが終点となる。

 

◆おわりに

 

簡単ではあるが、タリン港のアクセス方法をまとめた。行く方の参考になれば幸いだ。