El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【スペイン】バルセロナの安い中華食堂「路路通面館」。

スポンサーリンク

バルセロナの安い中華食堂をご紹介します。

2016年2月 1ユーロ=約130円

 

◆はじめに

 

スペインは西欧の中でも安い部類に入る。とは言っても、食費に関しては高い。
外食するとなるとそれなりに値が張る。
短期の旅行ならいいけど、長期旅行者からすれば節約したいところ。
そういう時に味方になるのが、中華だ。バルセロナには幾つか中華の食堂があるが、その中でも安い店を紹介する。

 

◆路路通面館

 

場所は地下鉄2号線の「Tetuan」駅近く。ここと北バスターミナル周辺の一帯は中華街となっている。
別に中華街の看板があるわけでもないし、バルセロナの普通の街並みなのだが、中国人が多く住み、中華の食堂やバルが多くある。

 

 

この店はTetuanの駅から徒歩3分ぐらい。大通りの裏側にある。
2年半前に訪れた時に行った覚えがあったので、看板を見てすぐにわかった。

 
 
 

外にいくつかメニューがあるのだが、どうだろうか。安いと思わないだろうか。
麺は4ユーロぐらい、炒飯も4ユーロ、餃子は2ユーロちょっと。メインも7-8ユーロ。
というか、一人なら麺か炒飯1つでお腹いっぱいになるから、メインは要らないぐらい。

ここを知ってしまうと、他の店に行けなくなるほど安いのだ。おまけに量もあるし。

 

店に入りカウンターで注文、メニューは中国語かスペイン語スペイン語分からない人は漢字でどういうものか察してほしい。
店員さんは中国語とスペイン語は通じる、英語もいけそうな気がするけど。

 

 

4,5分待って炒飯到着。素晴らしい、シンプルで。ネギと肉とタマゴのみ、無駄な食材が入っていない僕好みだ。
おまけに少し塩が効いていて、油っこい。ベストな形である。

 

 

別日には「Tallalin de huevo frito」(4ユーロ)という麺を注文。太麺の焼きそばみたいなものである。
こちらも油っこいけど美味。青菜が入っているので、野菜不足を補ってくれる。

 

なので喉が渇くので、店で頼むか何か持っていくといいだろう。店だと1ユーロぐらいかな。

 

 

日曜の夕方なので空いていたけど、昼間とかならまあまあ混んでいる。夜に行ったら地元の中国人だらけでスペインにいることを忘れてしまいそうになるぐらい。
またこのお店は朝9時から24時半、しかも毎日営業しているのでかなり助かる。逃げ道があるって素敵なことだ。

 

◆路路通面館
【住所】Diputació 338, Barcelona
【営業時間】09:00~24:30
【メニュー】麺4ユーロ、炒飯4ユーロ 他
【英語】多分通じる
【アクセス】地下鉄2号線Tetuan駅より徒歩3分
【地図】