読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【ガーナ】アクラのエアコン付ドミトリー「The Sleepy Hippo Hotel」に宿泊する。

アクラのエアコン付ドミトリーに泊まりました。

2016年3月 1セディ=約30円 1USD=約115円

 
◆The Sleepy Hippo Hotel

 

【住所】38 Duade St、Accra
【宿泊日】2016.02.29~03.02(2泊)
【評価】★★★★☆
【料金】ドミトリー(mix8人):15USD(約1,725円)
【設備】
Wifi:○(遅) シャワー:温 洗濯機:× エアコン:○ キッチン:× バスタオル:○ 蚊帳:× 物干し場:△
その他:特になし
【アクセス】Nkrumah Circle(通称サークル)の近く。サークルからNsawam Roadを北上し、New Town Rdに入る。Olympics Stの1つ先の通り(看板なし)に入ると右手に見えてくる。
【地図】

 
【予約】
Booking.comで予約した。2日前までCXL可能。15USDで予約したけど、飛び込みで行けば40セディ(約1,200円)で宿泊できるので、予約サイト通すほうが高いという稀な例。
僕は安心代だと思っていたし、ドミトリーは毎日満室になっているので、エアコン付のドミトリーに宿泊したい人は予約していくのも一つの手。
bookin.comだとJALのマイルが溜まる。
 

 

【アクセス】

Nkrumah Circle(通称サークル)の近く。サークルにはアクラの各地からトロトロが出ている。車掌が「サークゥ」と連呼しているので、分かりやすい。

サークルは広いのだが、とりあえず北上するNsawam Roadに向かって歩こう。左手にはVodafoneの看板とガソリンスタンドがあり、屋台の携帯ショップが並んでいる。
2,3分歩けば「New Town Rd」という道が出てくるので、右折。道なりに進んでいくと「Olympics St」が見えてくる。この1つ先で左折だ。
 

というのも、宿に面している通りの名前だが、New Town Rdからだとストリートの看板がないのだ。なので僕はそれで迷って周辺をウロウロしてしまった。
あと、Booking.comに記載されているストリートの名前とは違っていたので、ここでも余計に混乱させられた。
 
とりあえず、「Olympics St」の次の通りを左折し、真っすぐ進んでいくと、右手にあずき色の建物が見えてくる。ここが宿になる。
 
【周辺施設】

周辺の治安は概して良い。というかアクラ自体が治安が良い街なので、夜は注意が必要だけれども、陽が出ている間は安心して歩ける。
宿の近辺には食堂、売店とあるのでご飯や飲み物に困ることはない。
 
サークルまでは徒歩6,7分ほど。MakolaやTuduに行くトロトロは通りを渡ったところから出ているので、サークルまで出る必要はない。
逆にMakolaやTuduから来るトロトロも、サークルを越えて、New Town Rdの入り口近くに停車するので、便利。
 
 
またサークルからは、VIP社というバス会社のオフィスがあり、クマシやケープコースト、ワなどガーナ各地へのバスが出ている。
交通に関しても、生活に関しても便利な場所だ。

以下地図:

 
【チェックイン/アウト】

チェックインは朝7時、チェックアウトは昼の12時まで。
というか結構適当なので、次に来る人がいなくて、お金払っていれば何時まででも居れそうな感じ。
お金はいつでも支払いOK、基本はセディだけど僕は予約サイトを通じて、ベッドを抑えていたので、米ドル支払いであった。米ドルのお釣りもあったよ。
 
【設備】
WIFI
WIFIはロビーでも部屋でもつながる。ただスピードは遅いので、写真のアップや動画を見ることはほぼ不可能に近い。
LINEやFBのメッセなら問題なし。人が多いと遅くなる。ロビーのほうが電波ビンビンなのだが、なぜかスピードは電波が小さい部屋と同じぐらい。よく分からなかった。
 
・シャワー&トイレ
シャワーとトイレはドミトリーの部屋についていた。水道事情が良くないのか、シャワーを浴びると水が下に溜まっているし、トイレも何度もプッシュしないと流れない。
洗面所も水が出ないことがシバシバ、なので水道事情に関しては★を多く付けられない。シャワーは一応お湯は出るけど、昼間は暑いので、自然にお湯になったりするし、むしろ水のほうが気持ちよかったりする。
一応綺麗ではあるけど、使う人によっては水びだしになる。僕は同室が全員欧米人、というかイギリスかアメリカ人だったので、お世辞にも綺麗とは言えなかった。
 
・ベッド&部屋

ドミトリーは8人ミックス。狭いとは感じず、むしろ荷物は広げられたので広いと感じた。
ベッドは下スポンジだけど、特に問題はなかった。
部屋のエアコンは停電時以外はずっと稼働しており、涼しい。むしろ寝ている時は寒いと感じた。快適な睡眠ができる。
 
枕やバスタオル、カバーは置いてない。枕とバスタオルは言えば持ってきてくれるけど、カバーはないので僕は寝袋を敷いていた。なので持参することをオススメする。ないと風邪を引く。
 
・キッチン&共有スペース
 
キッチンはない。洗濯をする場所も部屋のシャワーぐらい。言えば、スタッフが使っているバケツとかを貸してくれそう。
干す場所もないけど、屋上があって、そこにベッドぽいものがあったので、そこに天日干しはできそうだった。
 
 
共有スペースはフロントと屋上。フロントは基本的に人がいない。エアコンは自分で付ける。本いっぱいあるけど、英語の書籍がメイン。
屋上はハンモックもあり、風も吹いているので、のんびりできる。昼間は暑いけど、朝や夕方はまだ涼しい。屋上から眺める景色はそれなりに良い。
 
【まとめ】

アクラのエアコン付ドミトリーを紹介した。
値段は施設の割には高いけど、西アフリカではこんなもん。むしろエアコン付で15ドル、セディなら1,200円で宿泊できるのは安いと思う。
個室は基本的に空いているけど、5,000~6,000円と割と高め。ドミトリーは埋まっている。客は男性より女性が多い、というか女性ドミが多すぎる。
 
交通の便もいいし、食事や飲み物に困ることはなかった。昼間は暑いアクラでも、部屋にいれば快適に過ごせた。若干水回りでストレスは感じていたけど。
予約サイト通じると高くなるけど、短期の滞在や、エアコンを欲している人にはオススメできる。