読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【ガーナ】ケープコーストの宿「Oasis Beach Resort Guest House」でのんびりする。

Ghana 世界の宿情報
ケープコーストの有名宿「Oasis Guest House」を紹介します。

2016年3月 1セディ=約30円

 
Oasis Beach Resort Guest House

 

【宿泊日】2016.03.05~03.07(2泊)
【評価】★★★★☆
【料金】ドミトリー(10人):20セディ(約600円)
【設備】
Wifi:△ シャワー:水 洗濯機:× エアコン:× キッチン:× バスタオル:× 蚊帳:○ 物干し場:○
その他:洗濯バケツ、バー&レストラン、ハンモック
【アクセス】Kotokuraba Stationから徒歩15分。Pedu Stationからは乗り合いタクシーで10分ほど。
【地図】

 
【予約】
 
宿のHP(http://oasisbeach-ghana.com/home/)があるので、ここから予約をした。
3月の独立記念日の前日だが、欧米の観光シーズンとは重なっていないので、ドミトリーには空きがあった。
ドミならいいけど、個室に宿泊したい場合には予約をするのが確実。
 
【アクセス】
 
<Kotokuraba Stationから>
アクラ、クマシから来るトロトロやフォードカーが到着する場所。フォードカーは目の前を通るので、厳密に言うと終点ではない。
Kotokurabaは町の中心にも近く、ここからオアシスまでは歩いて15分ぐらい。アップダウンがあるので大きな荷物がある人には向いていない。
タクシーなら5セディ(約150円)、乗り合いタクシーなら1~2セディ(約30~60円)ほど。乗り合いタクシーは乗る時に、目の前を通るかどうか確認しよう。町の人の大半は知っている有名宿。
 
<Pedu Stationから>
タコラディなどケープの西側にある町から来るトロトロのステーション。ステーションとは言っても、ただの交差点。トロトロはアクラ方面に行くので、ここで降ろしてもらう、もしくは乗せてもらう。
町から5kmほど離れていて、乗り合いタクシーなら2セディで中心へ行ける。STCのターミナルもこの辺り。
 
【周辺施設】
 
オアシスはケープコーストの町の南側、ビーチ沿いにある。
歩いて3分のところにはケープコースト城、エルミナ行きの乗り合いタクシーの乗り場も近い。
周辺には屋台や売店もあるので、ご飯や飲み物には困らないので、立地に関してはかなり良い。
 
【チェックイン/アウト】
 
チェックインとアウトは12時、ただそこまで厳密ではなく部屋が空いていれば使わせてくれる感じ。
チェックインの時にお金を支払う。ドミトリーの部屋の鍵は共有、チェックアウトの時は自由に出ていってしまって問題はない。
 
【設備】
WIFI
 
WIFIはあるとのことだったけど、行った時は「壊れている」ということで使えなかった。町にはネットカフェがいくつかある。
 
・シャワー&トイレ
 
シャワーとトイレは屋外&共有。夜は明かりが薄くなり、足元が暗いので昼間に済ませておくことをオススメする。
どちらも清潔にしてはあるのだが、シャワーは風やビーチ帰りの人が重なると足場が汚くなるので、清掃後の12,13時ぐらいに入るのがストレスフリー。
シャワーの水圧はgood。水しか出ないけど、暑いから逆に気持ちがいい。シャンプーを置くスペース、タオルを引っ掛ける場所はある。
 
・ベッド&部屋
 
ドミトリーは10人、部屋は古い。朝晩と暗いのでずっと部屋にいることはオススメしない。
蚊帳はあるけど、夜はかなり暑いので、蚊帳を上げて僕は寝ていた。蚊が殆どいなかったのが幸いした。周囲は静かなので、夜寝る時は波の音しか聞こえない。
暑すぎて、外のハンモックで寝ていたんだけど、夜になると湿ってダニが登場してくるので、途中で退散をした。昼間は太陽があるのでダニが出てこない。
個人ロッカーはあり、その上に物置きもある。なので部屋を広く使える。
 
・共有スペース

部屋にくつろぐ場所はないので、基本的に外になる。
宿の敷地内にはハンモックやベンチ、ビーチマットがあるので、のんびりすることが可能。
バー&レストランでもOK。海に近いほうは注文をしないといけないけど、入り口近くは頼まなくても座ってOK。
雨が降ると最悪だけど、晴れている時はかなり心地よい。
 
・その他

洗濯を干す場所がある。昼間はスタッフがシーツなど干すのだが、ロープは多くあるのでさほど問題にはならない。
シャワー置き場にバケツと蛇口があるので、そこで洗濯ができる。朝に干せば昼間には乾く。夜は湿っており、洗濯置き場のところまで風が届かないので、中々乾かない。
 
【まとめ】

ケープコーストの有名な宿。町の人に聞けばほぼ知っている。
知らなくてもケープコースト城に来て、目の前の道を歩いていけば到着する。立地と環境は最高。
 
ちょっと夜寝苦しいのが残念だけど、昼間に関しては★5つを与えたいほど居心地が良かった。基本的にハンモックでのんびりしていた。
スタッフもフレンドリー、「何か手伝うことはない?」と女性スタッフはよく聞いてくれて教育が行き届いているなと。
 
値段も西アフリカの宿にしては安いので、ちょっと息抜きしてみてはどうだろうか。