読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【スペイン】マドリッドの蚤の市「ラストロ」(El Rastro)をぶらつく。

Spain 世界の街情報

マドリッドで日曜に開かれるラストロに行ってきました。

2016年3月 1ユーロ=約130円

 

◆はじめに

 
 

スペインの日曜は少しつまらない。お店も前ほどではないけど、殆ど閉まっており、町中もガランとしている。

だけど、マドリッドの日曜は一味違う。 それは蚤の市「ラストロ」が開かれているからだ。
 

◆アクセス

 
 

ラストロは「La Latina」という地区で開かれている。最寄りとなるのが5号線の「La Latina」か「Puerta de Toledo」。
オススメなのがLa latinaから行く方法。というのも、ラストロは坂道で開かれており、ラティーナから行くと下り坂なのだ。

 
 
 

La Latinaの駅は改札は一つ、出口は3つある。真ん中の「San Millan」「Maldonadas」方面に行くと、会場に近い。

 

 

外に出たら後ろ側に振り返ろう。そこから出店が並んでいる。

 
地図:

 

◆ラストロ(El Rastro)

 

La Latina駅周辺やリベラ・デ・クルティドーレス通り(Calle de la Ribera de Curtidores)沿いは服や土産物などの屋台だけど、一本路地に入ると「ガラクタ」のようなものが売っていて味がある。

 

 

特に Plaza del General Vara de Rey から Calle de Carlos Arniches、 Calle Mira el Río Baja、そして Plaza del Campillo del Mundo Nuevo にかけては多い。

 

 

ここらはアンティークや古本屋も多いので必然的に置いてあるのもそうなってくる。

 

 

買わなくても見ているたけで楽しい。物は店によって値段が違う、なので幾つかの店で比較してもよい。まとめて買うなら値引きも可能。

 

 
 

基本的に英語は通じないと思ってほしい。店、というか人によっては通じるけど、おばちゃん&おじちゃん以上の人が切り盛りしていることが多い。アラブ系や南インド系はほぼ間違いなく通じる。

 
 
 

値札があるのとないのがあるけど、ボラれることはない。むしろ掘り出し物に関してはお得と言えるだろう。

 

 

時間帯は9時から15時にかけてだが、一番盛り上がるのは10時から昼にかけて。9時半とかだと店がオープンの準備をしていたりするので、行くなら10時過ぎがいいだろう。
ただ、スリには気を付けて。警察が巡回はしているけど、全てを監視はできていない。ポケットにスマホとかを入れないように。バッグも前に持とう。

 

◆おわりに

 
 

マドリッドの蚤の市「ラストロ」を紹介した。日曜滞在がかかるなら是非訪れてほしい。天気が良い日なら心地よいはず、中心地からも近いので歩こうと思えば歩ける距離にある。
スリには気を付けて楽しんでほしい。