El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【中国】上海の「豊裕生煎(丰裕生煎)」で焼き小籠包を食す。

スポンサーリンク

上海市内にチェーン展開している豊裕生煎(丰裕生煎)で、焼き小籠包を食べてきました。

2016年10月 1人民元=約15円

 
◆はじめに
 
 
上海市内に展開する豊裕生煎。ここは小籠包と同時に焼き小籠包でも有名な店だ。
ローカルな 小吃 、 淮海 にある店に行ってみた。
 
◆豊裕生煎 淮海 店

 

場所は地下鉄13号線  淮海 中路駅の近く。無印から徒歩1分ぐらいの好立地。
オークラもこのエリアにあるので、日本人もまあまあいるエリアだけど、客は地元の人しかいない。
 
 
注文は他の 小吃 と同じシステム。
 
 
カウンターで注文して、お金払って、レシート貰って、席についてレシートを渡す形式。
ここも上の方にメニューがあるから、スマホにメニュー書いて見せる方法で頼んだ。
 
 
この店は小籠包と麺、ご飯で頼む場所が違うから、小籠包頼んだ人は最初に貰ってから、席についてご飯とかを頼む。
中はそこまで広くないので、朝昼夜の食事時間帯が重なると座れない可能性もあるので、時間をずらして行くのがいいかも。
 
 
今回は焼き小籠包( 丰裕 生煎)と炒飯( 丰裕 炒飯」と店の名前が付いた二つを頼んだ。
 
 
先に焼き小籠包、こちらは既に作り置きしていたのもの。初めて食べたけど、カリカリしていて美味しい。でも中の肉汁が今ひとつという感じだった。
こちらは4つ5元(約75円)。
 
 
続いて炒飯。驚異の安定力を誇る。具はベーコン、エビ、グリンピース、コーンというシンプルなもの。この少し油っこくて、塩気があるのが自分はかなり好きで、good。
こちらは15元(約225円)。安い。
 
 
ペロリと平らげた、豊裕生煎の料理。少し油っこいと感じるかもしれないので、頼みすぎには注意してほしい。
市内のいくつかに支店があり、外灘にもあるので、近くにあったら行ってみてはどうだろうか。
 
◆豊裕生煎  淮海店
【住所】 142 Ruijin 1st Rd, Lu Wan Qu, Shanghai
【営業時間】
【定休日】なし
【アクセス】地下鉄13号線「淮海中路」駅2番出口より徒歩3分
【地図】