読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【中国】上海1泊2日の旅行費用をまとめてみた。

上海に1泊2日で行ってきたので、その予算をまとめてみました。

2016年10月 1人民元=約15円

 

◆はじめに

 

 

10月に訪れた上海。土日を使って旅行をしてきた。

1泊2日でも行けることができる上海、今後の旅行予算の参考にしていただければ幸いである。

 

◆旅行費用

【総額】約27,646円
 
■内訳
【航空券】22,010円(春秋航空)
【両替】ATM:1,000元(約15,000円)
【宿泊費】 80元(約1,200円)(ドミトリー)
【食費】108.6元(約1,629円)
【交通費】36元(約540円)
【お土産】151.1元(約2,267円)
 
総額では27,000円ちょっとで抑えることができた。
そのうち航空券で2万2,000円は取られているので、現地滞在費は5,000円程度である。
 
ドミトリーに泊まり、現地の食べ物や地下鉄を使って動いていればかなり安く上げることができるだろう。
下に写真と簡単な説明を加えた。上海旅行の参考になれば幸いだ。
 

↑航空券は春秋航空。中国のLCCだ。羽田深夜発、羽田夜着と土日で週末旅行にはピッタリなスケジュール。狭いけど3~4時間程度なので、まだ我慢できる。

↑地下鉄は初乗り3元(約45円)とかなり安い。1日券も18元(約270円)と安い。路線バスの方が安いんだけど、短い滞在で効率よく動くとなると、地下鉄が便利。

 

kouhei50.hatenablog.com

  

↑上海の宿は1,000円程度から。高級ホテルでは1万円は超える。ホステル系の安宿だと、そこまで綺麗な宿がないのが現状。僕が宿泊したところは、なかなか綺麗で清潔だった。
 
↑食費はピンキリ。小吃で食べればかなり安い。小籠包が10元(約150円)以下なので、うまく組み合わせれば200円以内には抑えることができる。安いからマズいということではない。
水は500mlで1.5元(約23円)とかで安い。
 
↑アイス。「八喜」。10元(約150円)。スーパーやコンビニで販売している。
味はサッパリとしたヨーグルト味、もし見かけたら食べてみてほしい。油っこいもの食べた後にはすごくいいかも。味は普通。
 
↑上海は特に博物館や美術館に入ることはなく、街並みを堪能していた。そのため観光にかかるお金もなく、街の雰囲気を楽しむ場所であろう。
 
 
↑夜の豫園。建物がライトアップされていて綺麗だ。豫園は観光地なので人がとても多い。ここに行けばお土産や、食べ物は何でも揃っているけど、値段はやはり高い。
時間がない人はここで済ませるのもアリだろうけど、余裕がある人は色々見て回ってもいいだろう。