El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【スペイン】アリカンテの旧市街が趣深く美しい。

スポンサーリンク

アリカンテの旧市街を散策しました。

2017年2月 1EUR=約120円

 

◆はじめに

 
 
アリカンテという町。僕はここの旧市街が気に入った。
昼も夜も違った顔を見せてくれる。
 
今回はアリカンテの旧市街を紹介したい。
 

◆昼の旧市街

 

アリカンテの町は新市街と旧市街に分かれるが、旧市街のエリア自体は小さい。1,2時間あれば全て見て回れるほどの大きさである。
 
 
丘を切り崩して家々が建っているので、坂や階段が多い。ここが一つの良さのポイントでもある。
 
 
アリカンテの町は治安が良いので、夜遅くでも女性一人で出歩ける。
そんな旧市街だが、Plaza Jimenezから城塞にかかるエリアが面白い。
 
 
昼下がりの旧市街、シエスタをしているからか歩くものは殆どいない。いや、シエスタは廃れてきてるはずだから、恐らく働いてる人が多い、子どもたちは学校にいるのだろう。
 
 
カラフルというか「キュート」「ボニータ」という言葉が似合う街並み。
 
 
こういう雰囲気いいよな。
 
 
光が当たって、逆光じゃなければかなり絵になったかと思う階段。
 
 
奥に見える城塞がまた絵になってくる。
 
 
コンパクトな場所なので、上述にあるように一時間ほど散策すれば十分なほど。なので、バレンシアから日帰りで来ても大丈夫だし、アリカンテに少しだけ泊まる時も、ちょっと散歩をする程度だ。
 
 
坂や階段、石畳はあるのでサンダルやヒールなどは不都合。出来れば歩きやすい靴で移動したいところだ。
 
 
どことなくチリのバルパライソやアリカに似てるな、って思いながら街歩きを進めた。
 

◆夜の旧市街

 

昼の旧市街も良いが、夜の旧市街もまた違う雰囲気を見せる。

是非一度昼間歩き感覚を養い、そして夜にまた散歩をしてほしい。
 
 
アリカンテは夜でも治安が良い。人通りが少なくても安心して歩ける。その証拠に子どもたちが夜でも外で遊んでいるほど。走り回っているというよりかは、スマホゲームに夢中していたけど。
 
 
オレンジ色の電灯が絵になる。そして照らされる石畳。路地を歩けば、思わず写真を撮りたくなるような場所が沢山だ。
 
 
怖い思いをして歩かなくてもいいのは素晴らしい。気の向くままに散策しよう。
 
 
途中笑い声が聞こえたりする、外観は目立たないけど、レストランやバルがちょこっとあるのだ。
そこには観光客はいなく、地元の人のみ。20時21時ぐらいに行くと賑やかなはずだ。ちょっと入っても受け入れてくれるはず。そこで1杯のビールとオリーブや揚げ物を食べながら休憩するのも良き時間。
改めて、自分がスペインの大地に降り立っていることを実感するはずだ。
 

 
ありがたいことにホテルは旧市街のお隣、新市街に沢山集まっている。ランブラス通りを境に分かれるので、ホテル選びの参考にもなるだろう。

◆おわりに

 
 
アリカンテの旧市街を紹介した。個人的にはスペインの旧市街の中では一番美しいと思えるほどの雰囲気と街並みを持っている。
少しでも時間があれば、是非散策をしてみてほしい。