El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【スペイン】マドリード:有名な「Chocolateria San Gines」でチュロスの朝ごはん。

スポンサーリンク

マヨール広場近くの「Chocolateria San Gines」で朝ごはんを食べて来ました。
 

人気なチョコラテリア

 
 
マドリードも4回目であったが、未だに行ったことがないお店があった。
それが「Chocolateria San Gines」だ。
 
マヨール広場近くのチョコラテリア。24時間営業ということもあったので、早朝行ってみることにした。
 

Chocolateria San Gines

 
 
マヨール広場から徒歩1分半のところにある。
訪れたのが土曜の7時ぐらいだったけど、店内はほぼ満席。地元の若い人で殆ど占めていた。
 
 
どうやら朝まで飲んで、その後締め&朝ごはんで行っているようだ。
確かにチュロスは油っこいからラーメン、チョコラテはコーヒーやお茶みたいなもんだと考えると納得できる。
 
 
予想外の混雑だけど、まずは入ってカウンターで定番メニューを注文。チョコラテ・コン・チュロス4ユーロ(約480円)。
 
 
その後席に着く前に店員さんにレシートの端切れを渡す。後は好きな席に座って持って来てもらうだけ。
 
すでに作り置きしているから、早めに作っているのか2,3分で到着。
店内は朝7時とは思えないほどの活気。静かに食べるなら平日の朝か、土日なら9時ごろ行くのがいいかもしれない。
 
 
チュロスは6本。熱々のチョコラテ。味は付いているので砂糖はいらない。
チュロスを浸しながら食べ進めていく。手が油っこくなるので、ウェットティッシュがあると便利かもしれない。
 
 
数々の有名人も訪れているのだろう。
 
ペロリと平らげてしまった。食器類はそのままにしておいてよい。あとは出ていくだけだ。
朝のマドリードは冷えるけど、チョコラテのおかげで身体の中が暖かいまま宿に戻ることができた。
 
◆Chocolateria San Gines

情報

【住所】Pasadizo de San Gines, 5, 28013 Madrid
【営業時間】24時間営業
【メニュー】 チョコラテ・コン・チュロス4ユーロ
【アクセス】ソルから徒歩3,4分。マヨール広場から徒歩1分。
【地図】