El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ペルー】 「白の街」、美しいアレキパの町を散策する。

世界遺産でかつ「白い街」と呼ばれるアレキパを散歩しました。

2014年3月28日 1ソル=約36円

 

◆はじめに

 

ペルー第二の街、アレキパ。別名"Ciudad Blanca"と呼ばれるほど、白い建物が多い場所でもある。

標高も2,400mと高くなく、高山病に心配する必要もない。

高速バスでリマから12時間、クスコから9時間、チリ国境から6時間とアクセス面でも便利な場所にある。

 

 

アレキパ市内から望めるミスティ山

 

◆「白い街」で街歩き

 

セントロ北のサン・ラサロ地区。白い石で家が建てられている。

 

 

 

若干観光客向けに整備されているが、人は全然いない。

ゆっくりと散策することができる。

 

セントロの中心はアルマス広場。この周囲に旅行代理店やレストランが並んでいるが、レストランは高いので寄る価値なし。

 

 

 

 

ここから伸びているサンフランシスコ通りに、両替屋は多くある。

レートは、1ドル=2.8sなので悪くない。ATMでは手数料が12~13sかかるので、米ドルを両替したほうがいいかも。

 

 

 

特に観光スポットはない。セントロも十分面白いけど、街歩きをするなら川を渡った所にある"Yanahuara"地区がオススメだ。

 

]

↑中心のヤナウアラ・ミラドール

 

アルマス広場から歩いて20分ほど。

ここを歩いてくる道も、景観が良い。

 

↑グラウ橋からの眺め

 

 

↑Mirador de Yanahuara

 

ヤシの木が綺麗だ。青い空に良く似合う。

この周辺に「白い家」が並んでいる。

 

 

たまにピンクなどカラフルな家も。

 

 

家が白い理由は、アレキパ周辺で白石が採れるらしいからだ。

低い建物が多いから、空も綺麗に映える。

 

 

アレキパ自体治安が良いのだが、このYanauara地区は高級住宅街でもあるので、特に治安が良い。

カメラをぶら下げていても、安心して歩ける。

 

 

少し高台にあって、落ち着いて町を歩ける。代官山や山手地区にいるイメージ。

耳をすませば」に出てきそうな場所でもある。

 

 

 写真よりも自分の目で見たほうが、綺麗に見える。

是非アレキパに訪れた際は、自分の足で「白い家」を見つけてほしい。

決して飽きない場所だ。

 

 

 グラウ橋を渡ったところのロータリー。この緑があるところに、二匹アルパカ?リャマ?が飼われている。

 

 

触ることはできないけど、見ていて楽しい。いる理由は不明。

 

街歩きのお供、"Queso Helado"。チーズアイスだ。昼間は暖かいアレキパ、冷たいものが欲しくなる。

1つ2ソル(約72円)。濃厚で美味しい。病みつきになる。このアルパカ近くで売ってる。

 

 

クスコよりも車が高級。SUVに乗る人が多い。ペルーの金持ちも、SUVを買う様子だ。

 

 

中には懐かしい車も。

 

 

アレキパの街は新旧が融合していて、飽きない場所だ。少なくとも僕の中では。

クスコよりも好きな街だ。南米の中でも上位に入る。

 

 

ペルーに訪れた際は、アレキパにも訪れてみてほしい。