El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ヨルダン】 アンマン散策と気さくなヨルダン人

ヨルダンの首都・アンマンを散策している時の話です。

2013年4月 1DH=約143円

アンマン散歩

コーダホテルにチェックインした後、アンマン市内を早速散策。

ダウンタウンにあるキング・フセイン・モスク。中に入れたかどうかは忘れてしまったが、もし入る場合はしっかり規則を守るように。こちらは訪問者、イスラム教の教えに従う必要もある。

近くにあるスーク。香辛料の匂いが鼻につく所もあるけど、野菜など生活の必需品が売ってる。

アラビア語なのでよく分からないけども、活気があった。ムスリムの女性も全身黒の衣装ではなく、カジュアル。ヨルダンはそこまで厳格なイスラム教ではなさそうだ。アンマン市内には、韓国の中古車がかなり走ってる。ヒュンダイや大宇、どれも使い勝手が悪そうな車ばかりだ。

中にはドイツ車の中古も。カメラを車に向けたら、車内の人たちが手を振ってくれた。

一旦宿に戻り休憩。夕方、宿の人たちと、アンマン城へ向かった。

夕焼けに染まる住宅街。

カメラをぶら下げて歩いていると、「俺を写真に撮ってくれ!」とお願いされる。興味を示してくれるのは嬉しいし、現地の人と話すキッカケにもなる。カメラをぶら下げて歩けるほど、治安が良い。

色が同じ。

アンマン城に到着。着いた時には閉門時間が過ぎていた。

眺めが良い。左手に見えるのがヨルダン国旗。「世界一」大きい国旗とも呼ばれているそうだ。街へと降りていく。

古いベンツ。

床屋のおっちゃん。「お前どうだ?」と誘われたけど、丁重にお断りした。

途中で出会った子どもたち。とても人懐っこい子たちだった。

シャイだけど、可愛らしい女の子。将来、美女になるだろう。

このポーズが好きな男の子。

懐かしいアコード。古いボルボも走っていて、四角形の車が好きな僕からしたら興奮してしまう。

夕飯は路地の奥にあるレストランで。外でお肉を焼いている。

中は地元民でいっぱい。

ちょっと画質悪いけど、コフタ。確か3JD(約419円)。パンが食べ放題なので、これを挟んでサンドウィッチにして、お腹を膨らました。とても美味しい店だったので、オススメ。名前がワカラナイのは、申し訳ない。

まとめ

ヨルダンを旅して思ったのは「人の優しさ」。誰もが手を貸してくれ、親切にしてくれた。良くも悪くも「おせっかい」。シャイな自分としては、ありがたい限りだ。