読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【ルワンダ】 日本食レストランで鉄板焼きを食す

世界の美味しいご飯 Rwanda

キガリの日本食レストランで鉄板焼きを食べてきた話です。

2013年6月 1RWF=約0.15円

 

◆レストラン「栄」

 

先日テレビ東京で紹介していたキガリのレストラン「栄」。日本食を欲していたので、ここで夕ご飯を食べてきた。

 

↑入り口。ハングルがある意味。

 

↑意外と車止まってる

 

↑綺麗な内装

 

◆ラーメン

 

戦場カメラマンの渡部陽一がラーメンをこの店で食べていた。

どういうものなのか?自分の舌で確認してみた。

 

 

ヌードルメニューのところに書いてある"Ramen Udon"。

「どっちなんだよ」という突っ込みは置いといて、その下の説明を見ると・・・

 

"Korean noodle soup with egg"

 

嫌な予感しながらも6,000RWF(約900円)と他より安いので、注文してみた。

待つこと10分・・・

 

 

案の定の結果。しかもスプーンと箸の置き方韓国式だし、箸銀だし。

 

 

結果を先にいうと「辛ラーメン」。これの何物以上でもないし、以下でもない。

辛ラーメンに野菜が載ってるだけというシンプルな食事。マズくはないけど、美味しくもない。でも辛ラーメンなので悪くはなかった。

 

◆寿司はウマい

 

日本食レストランなので当然「寿司」もおいてある。

 

 

外国人が好みそうなロールものから

 

 

握り寿司まで。どこからパクってきたのか知らないけど。

 

しかも。。。

 

 

板前さんが握ってくれる。

 

 

注文したアボカドロール。8,000RWF(約1,200円)。

 

 

8巻のってる。普通に美味しかった。というか外れるわけがない。

 

 

ついでにマグロも注文。内陸国ルワンダで魚介類手に入れるのは大変。

こちらも美味しかった。

 

◆最高の鉄板焼き

 

別日に栄訪問。

 

↑ひな人形とカガメ大統領のコラボ

 

目的は鉄板焼きを食べるため。

 

 

板前さんが目の前で作ってくれる本格的。

 

 

まずはサラダの後、天ぷらから。衣がサクってしてあって美味。

 

 

続いてカリフォルニアロール。美味しい。

 

 

そして板前が動き出す!

 

 

慣れた手つきでさばいていく。

この人、ケニア人だけど横浜で半年間料理の勉強をしていたらしく、日本語少しだけ話していた。もちろん英語ペラペラだった。

だから、ちょっとしたアクション入れていて面白かった。

 

 

豆腐登場。これがヤミツキになるほど美味しかった。

 

 

続いて肉を焼き始める。

 

 

鶏肉と野菜。タレがgood。

 

 

見ているだけで美味しそう

 

 

 

日本人の客は僕たちだけ。他は中国人、韓国人、欧米系の人。現地人もいたけど、明らかに金持ち。

 

 

この野菜炒めだけでご飯数杯はいける。

 

 

大満足な夕食。鉄板焼きって、実はここで初体験だったんだけど、美味しい。目の前で作ってくれて出来立て食べれるし。

 

鉄板焼きコースと飲み物で、13,350RWF(約2,002円)。

一食200円ぐらいのルワンダではかなり豪華だけど、日本で2,000円で鉄板焼きコース堪能できるかというと「?」になるので、ここで体験したのは間違えではない。

 

 

◆アクセス

 

バイタクが良い。

 

 

市内から少し距離があるので、片道700~1,000RWF(約105~150円)。

夜の治安はいいので乗っていて問題はなし。帰りは店の人に呼んでもらうか、大通りに出て探すほうがいい。

バイタク(ボダボダ)の人によっては知らないこともあるので、乗る時に確認すること。