読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【ドミニカ共和国】 「カリブ海唯一」のサントドミンゴ地下鉄に乗ってみた

R.Dominicana 世界の街情報 世界の移動情報 世界の島

サントドミンゴを走る地下鉄に乗車してみました。

2015年1月 1DOP=約2.6円

 

◆はじめに

 

首都サントドミンゴにはカリブ海唯一の地下鉄が走っている。
1号線と2号線の2本なのだが、新市街中心に走っているので、旧市街やビーチエリアに滞在した旅行者にはあまり縁がないかもしれない。
一応将来的には6本ぐらいまで開通させるつもりみたいだ。
今回は、新市街のショッピングセンターに行こうと思っていたので、折角の機会なので、地下鉄に乗ってみた。

 

サントドミンゴ地下鉄

 

2009年に開通したサントドミンゴ地下鉄。マドリード地下鉄に技術協力をしてもらっているので、駅の雰囲気とかはマドリードぽい。

 


出来てから新しいので、駅も車両も綺麗に保たれている。外の車や道路とは雲泥の差だ。このまま是非とも維持してもらいたいと思う。
ライン別に駅の色分け(1が青、2が赤)がされているので分かりやすい。

 

 

電車への持ち込み禁止なもの。多すぎる。タバコやお酒、ご飯やペットというのはよくあることだけど、銃やナイフというのが銃社会らしいし、

サウンド持ち込み禁止というのはドミニカらしい表示。ここまで書かないといけないのは、表記がないと普通に持ち込む人がいるからだろう。

 

 

駅によって違うのだが、行先によって改札、出入口が違うというところがある。なので駅に入る前は注意してもらいたい(NY地下鉄と同じような感じ)。

 

 

地下鉄は一律35ペソ(約91円)。グアグアや乗り合いタクシーが25ペソなのでさほど高くはない印象。このようなプラスチックのカードを貰う。

 


チケットブースで購入。黙って35ペソを出せば普通にくれる。大きなお札を崩したい場合は「カンビオ」とか言おう。 

切符は一律なのに入る時と出る時に必要になるので、失くさずに持っておこう。不正乗車を防ぐためか。

 

 

ホームは綺麗。車両は3両なので無駄にホームが長い。後ろのほうで待っていたら通りすぎちゃうので、人が多く集まっているところで立っておくといいだろう。
電車は5~10分に1本ぐらいのペースで来るので、1本逃しても慌てることはない。時刻表何ていうものは存在しない。

 

 

各駅、各ホームには警備員が立っている。治安が悪いサントドミンゴらしい。でも駅が清潔だし、警備員もいるので、地下鉄にいるだけでは治安の悪さを感じることはない。
かなり安全な移動手段と言えるだろう。警備員がナンパしたり、誰かと話しているのは気にすることはない。よくある光景だ。

 

 

地下鉄は自分でボタンを押して開けるスタイル。最初は戸惑う人もいたのではないだろうか。

車内は清潔。ゴミ1つ落ちていない。このレベルを保ってほしい。冷房も効いている。女性には寒いぐらいのレベル。


車内モニターはあるのだが、切符の案内とかであまり役立つものではない。ドアの上に路線図があり、そこに電光表示する(丸の内線みたいな感じ)ので分かりやすい。
自動放送もあるので困ることはないだろう、駅の殆どは対面式なので右側が開く。

 

1つ「あ、そうなんだ」と思ったことは、駅のアナウンスが「proxima estacion」ではなくて「siguiente estacion」であったこと。
カリブ海のスペイン語なんだろうけど、proximaではなくsiguienteを日常的に使う。電車のアナウンスに限らず、スーパーのレジとかでも。ちょっとした発見。

 

 

1号線と2号線の乗り換え駅は1つだけ、「Centro Olimpico Juan Pablo Duarte」駅だ。
ここではちゃんと乗り換え案内もされているので分かりやすい。新しいので何もかもが親切。対面式のホームなので行先を間違いないようにしてもらいたい。

 


「ドミニカぽいな」と思ったのは、この乗換駅の乗り換え通路に銀行とウエスタンユニオン、携帯会社があったこと。

 


土曜日ということもあり、銀行にはドミニカ人の長蛇の列。ラテンアメリカぽい光景。そして出稼ぎ労働者が沢山いるドミニカ、送金してもらうためのウエスタンユニオンがあるのもお国柄が出てくる。

 


携帯新興国なので、携帯会社も多いのが特徴的である。スマホが多い。

 

 

ここのホーム看板だけ見ると、マドリッドの地下鉄駅を思い出す。

土曜日の昼間ではあったが地下鉄にはそれなりの乗車率。走ってるエリアが限られているので、乗る人も限られてくるだろう。車社会のサントドミンゴなので、地下鉄が新たに開通しないとあまり流れてこないはずだ。


おそらく平日のラッシュには移動時間を計算できるので、それなりの乗車率にはなるはずだろうが。治安の悪いエリアは通さないのだろうか。

 

 

あっという間にSCがある「Pedro Mir」駅に到着。SCの「アゴラモール」は地下鉄駅を出て、道路を渡ってすぐ。近くて便利だ。


◆おわりに


サントドミンゴの地下鉄に乗車してみた。新しくて清潔であり、警備員もホームにいるので治安に問題は全くない。
外と中の雰囲気の差に驚くに違いない。走ってるエリアがエリアなので、観光客にはあまり縁がないかもしれないが、カリブ海唯一の地下鉄を体験してみてはどうだろうか。