El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【プエルトリコ】 コロニアルな街並みが広がる「サンフアンの旧市街」を散策

▼移転しました。自動的に以下のアドレスに移動します。▼

植民地の名残があるオールドサンフアンを散策しました。

2015年2月 1USD=約120円

 

◆はじめに

 

カリブ海に浮かぶ小島・プエルトリコ。アメリカ自治領に属する常夏の楽園。夏はアメリカ本土の暑さを嫌って「避暑地」として、冬は寒さを嫌って「避寒地」として両面性を持つ。

アメリカ領土ではあるが、公用語はスペイン語だ。なぜならばつい100年前まではスペインが統治していたからだ。そのため街中はスペイン植民地の名残があり、米国の雰囲気と共存している。

「2つの顔」を持つプエルトリコ世界遺産に登録されている「オールドサンフアン」の街を散策した。

 

◆オールドサンフアン

 

首都サンフアンで突き出したところにある「オールドサンフアン」。島内で一番の観光地だ。地元の人が生活している雰囲気、というよりかはどこかのテーマパークみたいな様子である。昔ながらの街並みを見るのが面白いという場所。

 

 

観光客向けのレストランやお店、お土産屋がたくさんある。ローカルな雰囲気も少しは残るけど薄い。

 

 

快晴のサンフアン。

 

 

一本裏道に入れば、スペイン植民地の名残が。ここがアメリカとは思えないけど、車を見ているとアメリカだ。

 

 

誰だ、このおっさん。

 

 

再び登場、誰だ。

 

 

クルーズ客船が寄港している間は、観光客はとても多い。だが寄港していない時は結構少なめ。なので落ち着いて歩くことが可能。

 

 

カルフルなストリートだ。

 

 

再び登場。

 

 

プエルトリコの旗がなびいている。

 

 

町自体が観光地、どこを歩いても絵になるような景色が待っている。そういう魅力があるのがサンフアンの旧市街だ。

 

 

ふとした時におっさん。

 

 

地元のやんちゃ子たちがチャリで暴走。凄く可愛らしい。

 

 

日本車が目立つサンフアン。殆どが中古車。国民がさほどお金を持っていないので仕方ない。日本車が選ばれるということは、それだけ長持ちするということだろう。

中古車の割合では一番多い。新車だと韓国車が目立っているのが残念。

 

 

家、細い。

 

 

昼下がり、のんびりとしたオールドタウン。今思うと暑かったな。ドミニカの後だから涼しいと感じていた。

 

 

スコールが一時あり、その後は雲一つない青空。これぞカリブの雰囲気だろう。豊かな散歩をさせてもらった。

 

◆おわりに

 

サンフアンのオールドタウンを紹介した。今回訪れた時は大抵青空だったので、とても美しく見えた。しかし、曇り空だと魅力は半減、いやゼロになるぐらいだろう。

なので訪れる時期は考えてもらいたい。また路上駐車がかなり多い、車もよく通るので写真を撮る時は周囲に注意して。

ラテンアメリカの旧市街の中では、パナマ・ビエホに近い雰囲気。少し廃れているのが好きな人にはたまらないかもしれない。