読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【アメリカ】 世界一有名な坂道「ロンバート・ストリート」を訪れる。

スポンサーリンク

SF名物「ロンバート・ストリート」を訪れました。

1USD=約120円

 

◆はじめに

 

「坂と海」の街・サンフランシスコ。街中には沢山の坂道がある。

中でも有名なのが「ロンバート・ストリート」。一度は写真とかで見たことがある人も多いだろう。クネクネ曲がりくねっているのが実に特徴的だ。

ここには観光客が沢山。訪れたので、その時の様子を紹介する。

 

ロンバート・ストリート

 

場所は市内の北のほう。海沿いの"Pier"から程近い。

サンフランシスコ名物の「ケーブルカー」。Powell/Hydeケーブルカーが目の前を通過する。PierやUnion Squareから1本なので、観光がてら来るのもいいだろう。

尚、路線バス等は目の前を通過しない。なので近くのバス停からここまでは歩く必要がある。

路線図:

https://www.sfmta.com/sites/default/files/maps/34115_SFMTA-MetroCase-Maps_Original.256.gif.pdf

地図:

 

坂はレブンワースストリートが下。ハイドストリートが上。なのでケーブルカーが到着するのは坂の上である。

 

 

上から下りていく。地元民の通過道でもあるのだろうけど、車のナンバーを見ているとカリフォルニアに限らず他州の車もある。観光客だろうか。

 

 

坂の下には観光客が沢山。カメラを待ち構えている。車も降りるのは大変だろう。僕は運転したいとは思えない。

 

 

沿道にある家。住民はどういう気持ちだろうか。ジブリに出てきそうな雰囲気。素敵だ。

 

 

沿道には花が植えられている。秋晴れのサンフランシスコ、実に絵が栄える。素敵だ。

 

 

下からはこういう眺め。欧米系の人たちが多い。というか車の多さに驚く。

 

 

記念撮影する人もたくさん。

 

 

周辺は住宅街。ここだけ異様に混雑している。皆車かケーブルカーでアクセスしているようだ。坂には路上駐車が沢山。車社会なのでそうなるだろう。僕みたいに歩いて散策している人は少数ということが分かる。

 

 

サンフランシスコの中でTop5に入るほどの有名観光地。散歩がてらいかがだろうか。

 

◆おわりに

 

簡単ではあるが、SFのロンバート・ストリートを紹介した。

地図やアクセスは上を参照してもらいたい。SFは碁盤の目状の町なので、迷うことは殆どないはずだ。ケーブルカーやバスも通りの名前を見ながらなら、降りそびれる心配も必要ないだろう。観光するハードルはとても低い土地。

時間に余裕があったり、坂の街を体感したいとき、珍しいものを見たい人ならロンバート・ストリートは面白い場所かもしれない。