読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【タイ】オレ流の「ゴーゴーバー」の楽しみ方。

ゴーゴーバーの楽しみ方について記します。

2016年1月 1THB=約3.2円

 

◆はじめに

 

バンコクには様々な娯楽があり観光客を飽きさせない。特に「夜」のバンコクは男性旅行者にとって、大事な時間帯となってくる。

それが「ゴーゴーバー」だ。バンコクに訪れた男性観光客の殆どが訪れたことがあるだろう。僕もお誘いを受けて、現地ガイドをする際に行ったことがある。

 

さて、バンコクに5回訪れた僕が今回はオレ流の「ゴーゴーバー」の楽しみ方を紹介する。参考するのもよし、「あ、そうなんだ」と思うのもよし。気楽に読んでほしい。

 

◆セックスツーリズム

 

 

バンコクは「セックスツーリズム」のメッカとも言える。セックスツーリズムとはその名の通りであり、風俗を目的に観光することだ。

こんな本まであるのだから、奥が深い。

www.amazon.co.jp

 

僕はバンコクにおけるバックパッカーの研究を行っていたのだが、ヒアリング調査した男性(8人)が全員ゴーゴーバーへと訪れていた。またゴーゴーバー近辺はホテルやホステルのエリアにもなっており、「舞台」は整っている。

ナナからアソークにかけては、ゴーゴーバーや出会い喫茶以外にも「立ちんぼ」の人も多くいる。それはタイ人女性に限らず、ニューハーフや外国人まで。

アフリカ系の人も多い。僕はケニア出身の女性に声をかけれた。「シンガポール人?」と聞かれたのは忘れない。

 

それだけバンコクは性産業が盛んであり、従事している人も多いのだ。

 

バンコクのゴーゴーバー

 

はじめに、バンコクのゴーゴーバーについて紹介しよう。

僕は女性を買ったこともなければ、多くの店を訪問したわけではない。その手の情報は検索すれば詳細な記事が出てくるので、もっと詳しく知りたい人はgoogleに飛ぼう。

 

バンコクには大きく3つに分けてゴーゴーバーのエリアがある。1つがナナの「ナナプラザ」、もう1つがアソークの「ソイ・カーボーイ」、最後にシーロムの「パッポン」だ。

以下が地図。

↓ナナプラザ。

 

↓ソイ・カーボーイ

 

↓パッポン。

/

 

ナナとアソークBTSで1駅しか離れていないので、ハシゴをする人も多い。しかもナナとアソークの間には出会い喫茶「テーメーカフェ」があるものだから、スクンビット通り沿いは夜になると男性だらけになる。

 

マッサージパーラー(MP)などはまた違うエリアなのだが、ゴーゴーバーはこのナナとアソークシーロムにある。よく旅行者が行くのがナナとアソーク。僕はシーロムのゴーゴーバーには行ったことがない。

 

ゴーゴーバーは検索すれば「どんなものか」と山ほど出てくるけど、簡単に紹介すると、お姉ちゃんが真ん中のステージで踊っており、その周りから男がお酒を飲みながら眺め、気に入った子がいれば横に呼んで一緒にお酒を飲んで、それでも良ければお持ち帰りできるという一種の「エンターテイメント」である。

風俗と言えば風俗なのだけれど、楽しみ方を1つ変えれば「エンターテイメント」にもなる。なので女性でも訪れることが可能だ。たまに観光客と思われる姿を見かける。

 

ゴーゴーバーでも「当たり」と「はずれ」がある。

日本人の中で知られているのが、ナナプラザの「レインボーグループ」、ソイカーボーイの「バカラ」や「クレイジーハウス」であろう。なので日本人は同じような店に集まるので、その店は日本人だらけになる。女の子も日本語が話せたりする。

だいたいゴーゴーバーはドリンクが120~180THB(約384~576円)ぐらいなので、遊びと考えるとかなり安い。若い人よりかは30代以上が多かったりする。

 

◆オレ流の楽しみ方

 

 

ゴーゴーバーというと「女を買う」というイメージがあるけど、そんなことはない。女性と遊ぶ以外の楽しみ方もあるのだ。

僕がいつもゴーゴーバーで楽しむのが「人間観察」だ。これは女性ではない、客として来ている男性を観察するのだ。これはバンコクに在住する方に聞いて、見てみたら思いのほかおもしろかったので続けている。

 

バカラやレインボーは客の大半が日本人だ。彼らが「どのようにして」訪れているのか、そういう人間模様が面白い。

たとえば、現地駐在の人が接待で訪れたり、休暇で来ているような人、老後のんびりしに来た人、そして学生旅行で来ている人。

全員違う人生を送ってきた人たちが、このバンコクの1つのお店で交わるのだ。人間の三大欲求の1つなので仕方がない。

 

意外とゴーゴーバー、ニヤニヤしている人は少ない。結構真顔で女性を眺めているのだ。この雰囲気が「異様」に見えてくる。

社会人は慣れた様子で女の子と話したり、飲んだりしている。初めて訪れたかのような学生は少し戸惑いながらも、「日本の飲み会」のように女性と遊んでいる。中にはキスをする人もいて、「おいおい、大胆だな」と思ったり。けど周囲は何事もないかのように振舞っているので、「異様」と感じてしまう。

 

気の知れた人と来るなら、お互いが楽しめるし、感覚も分かっているけど、出会った旅行者同士とかだと違和感ありまくり。上述の学生も「絶対カオサンで出会っただろ」と思っていたら、その数日後にカオサンで歩いているのを見たものだから、「あ、やっぱり」。

 

◆おわりに

↑※これはクラブです。

 

女性はなかなか知らない世界だろうけど、これがバンコク「日常」でもある。男性がバンコクに行ったのなら、ほぼ確実「ゴーゴーバー」に訪れていると思ってほしい。

けど、これは「女遊び」ではない。「エンターテイメント」だ。女性を買わない人がほぼほぼである。ただ女性を見てお酒を飲んで、大音量の中で座っているだけだ。

女性だってアイドルのライブ見て騒いでいるだろう、それと同じだ。

 

ゴーゴーバー内での「人間模様」。心理学を専攻している人や、人間観察する人からすれば良い場所かもしれない。