読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【香港】土瓜湾の清潔なホステル「The Mahjong Hostel」(麻雀)に宿泊する。

土瓜湾の麻雀ホステルに宿泊しました。

2017年1月 1HKD=約15円

 
◆The Mahjong Hostel
【住所】1/F, 2A Ma Hang Chung Road, To Kwa Wan, Kowloon, Hong Kong, 土瓜湾, 香港, 香港
【宿泊日】2017.01.07~01.09(2泊)
【評価】★★★★☆
【料金】ドミトリー(10人):242HKD(約3,630円)
【設備】
Wifi:○ シャワー:温 洗濯機:× エアコン:○ キッチン:○ バスタオル:○
その他:パソコン、個人ロッカー、サンダル(?)、コーヒー&紅茶
 
【アクセス】路線バスのみ。
空港から(機場):A22
紅磡 から:101, 111
スターフェリーから: 5, 5A, 28
佐敦から:11, 14, 26, 28M
九龍駅から:11
上環、中環、金鐘、湾仔から:101, 111, 115
銅鑼、北角から:106
九龍城フェリーから:徒歩15分
 
【地図】

 
【予約】
 
予約はいつものbooking.comから行った。
agodaと値段に大差はないので、TAXなど込みのbooking.comを使用。JALのマイルが貯まる。
 
ちなみに香港の宿はどこも高い。ここもドミトリーで1泊3,500円近くする。
探せば安いホステルはあるけど、汚かったり、トイレとシャワーが同じフロアにあったりするから、ここにした。
 
【アクセス】
 
場所は土瓜湾。2017年の1月現在ではまだ電車は通っていないので、アクセスするには路線バスを使うしかない。
地下鉄は現在建設中だけど、開通はまだ先の話。
 
とはいえ、路線バスを使うとかなり移動が便利になるし、二階から眺める香港の都市風景は面白い。
 
宿から香港の重要所へはバスで一本で行けるのでかなり楽。値段も高くはないので、使いこなしたいところ。
 
空港から(機場):A22
紅磡 から:101, 111
スターフェリーから: 5, 5A, 28
佐敦から:11, 14, 26, 28M
九龍駅から:11
上環、中環、金鐘、湾仔から:101, 111, 115
銅鑼、北角から:106
九龍城フェリーから:徒歩15分
 
 
ちなみにホステルはビルの2階に入っている。予約したら詳しいアクセスを書いたメールをくれるけど、とりあえずこの間から入るというのを知っておこう。
最初は「え、ここ!?」と思うけど、そのまま階段を上がっていってほしい。
 
【周辺施設】
 
香港の繁華街兼住宅地なので、周辺には何でも揃っている。
宿から徒歩1分のところにセブンイレブン又はサークルK、2分あるけばWellcome(スーパー)がある。
 
バス停までも1分〜2分だし、食堂や茶餐廳 も揃っているので、ご飯を食べるところにも困らない。
 
【チェックイン/チェックアウト】
 
チェックイン:15時
チェックアウト:11時
 
上記で決められてはいるけども、当日のベッドの空き状況によっては早く入れることもある。
僕は13時ぐらいに着いたけど、ベッドが空いていたので入れることができた。
 
チェックアウトは早朝にする人は注意。深夜から朝8時まではスタッフがフロントに不在になる。
電話と番号が置いてあるので、そこにかければいいんだけど、余裕持つか前日の夜には伝えて置いたほうがいいかな。
 
宿は24時間オープンなので鍵を持っていればいつでも入れる。
また鍵のデポジットで100HKDかかるので注意。チェックアウトのときに返してくれる。
 
【設備】
・Wi-Fi
 
Wi-Fiは共有スペース、部屋で通じる。部屋だけど僕は共有スペースから近いところだったから通じただけで、奥の部屋だと繋がらないかもしれない。
 
スピードは可もなく不可もなく。動画見てないから何ともいえないけど、普通にネットするだけなら問題はなし。
 
・ベッド&部屋
 
10人用のドミトリーに宿泊。部屋はちょっと狭いと感じるかもしれないけど、ベッドはまあまあの広さなので寝るだけなら問題はない。
 
 
一つ一つの部屋は麻雀の何か?をイメージしている。麻雀わからない。。。
 
 
鍵もこんな感じ。部屋はオートロックだし、ロッカーもこの鍵なのでなくさないように。
 
 
荷物を置くスペースはあるけど、大きなロッカーはないので、荷物が多い人は置くスペースに困るかもしれない。
 
 
ベッドには貴重品ロッカーとコンセントが各一つ設置してある。
電源はBFタイプと日本とは異なるので、変換プラグを持って行こう。
USBの差込口もあるので、iPhoneなら問題なし。これはかなり嬉しかった部分。
 
エアコンは付いてるので暑くて寝苦しいもいうことはない。
一応ハンガーをかけるところはあるけど、バスタオルをかけるところがないので、その点は困ったかな。
 
短期滞在ならいいけど、少し長期で滞在するならアパートなど借りたほうがいい。
 
・シャワー&トイレ
 
シャワーとトイレは共有。男女別に分かれていて清潔に保たれている。
男子部分はトイレは2つ(洋式)、シャワーは4つ。
混み合うことなく、待ち時間なしでシャワーを使えた。
 
シャワーの水圧、熱さは申し分なし。
シャンプーとボディジェルは付いているので、こだわりがない人、アレルギー体質ではない人はあるもので良い。
 
 
シャワールームには荷物を置くスペースもあり、開閉式のボックスが設置されている。この中に荷物を入れて、シャワーを浴びればおっけー。荷物が濡れることがないのは嬉しいこと。
 
チェックインのときに一人一枚バスタオルをくれる。交換には20HKD(約300円)かかるので注意。
 
・共有スペース
 
共有スペースはめちゃくちゃ広いわけではない。
キッチンもあり、電子レンジやコーヒーメーカー、湯沸かし器があるから簡単な自炊も可。冷蔵庫もある。
お茶とコーヒーは飲み放題。ウォーターサーバーもある。
 
共有スペースにはパソコン(Mac)が2台置いてある。電源はあったかな。。。なかった気がする。
 
 
麻雀をコンセプトにしてるので、所々麻雀グッズが置いてある。
 
・その他
 
館内は土足。スリッパとかは各自用意だけど、廊下の一区間に使ってないサンダルとか置いてあるスペースがある。僕はここでサンダルを借りて使っていた。
 
2階にあるけどエレベーターは確かなかったので、スーツケースの人は頑張ってもらいたい。
 
【まとめ】
 
香港の宿を紹介した。宿代が高い香港、ここも例外ではなく高いけど、清潔だし設備もしっかりしているので、香港にしては値段相応ではないかと考える。
 
長期は泊まりたくないけど、短期なら全然おっけー。多国籍なので国際交流も取れる。
 
立地は繁華街から少し離れているので、効率よく動きたい人は油麻地とかに泊まればいいと思う。
ローカルで路線バス使いたいと思う人にはオススメ。
ホントここからどこへ行くにも苦ではなかった。香港島までは海底トンネルを通るので、二階建ての一番前から見ると「おーっ」て最初はなった。
 
是非。