El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【中国】天津:休日の水上公園をちょっと散歩。

スポンサーリンク

 
天津の水上公園に行ってきました。
2017年3月 1人民元=約15円
 

地元民で賑わう公園

 
何故か海外で公園に行ってしまう。散歩が好きだからだろうか。
天津でも人民公園に行ったけど、昼に今度は水上公園に行った。ここは天津の中で最大級の広さを誇る公園である。
 

水上公園へ

 

地下鉄だと3号線の「天塔」が最寄り。テレビタワーの近くに水上公園はある。
 
 
ここは土日なると家族連れやカップルなどで賑わうということだが、本当に賑わっていた。そして敷地が広いこと。
 
 
全部は歩けないので、入口周辺の触りのみを歩いた。東門から入り、反時計周りに歩いていく。
 
 
入ってすぐに遊園地が。豊島園みたいな感じ。観覧車もある。PM2.5が凄かったので、あまり見晴らしはよくなさそう。
 
 
家族連れが多いので微笑ましい様子。自転車とかは禁止だけど、園内を走るシャトルバス?みたいなのがあって、これはガンガン来る。なんか惜しいな、と思った。
 
 
人だかりがあったので「何かな」と思い覗いてみると、バンドの演奏が。曲は失念したが日本の歌謡曲。穏やかな気持ちにさせてくれた。
 
 
そのまま散策。トイレもあるので便利。竹の小道もあって、若者たちが写真(自撮り)撮りまくってた。
 
 
そのまま池の周囲を歩いていく。東の方向を見ると天塔が。ちょっと霞んで見えるけど、それでも周囲に何もないので、存在感がある。
 

まとめ

 
 
のんびりと散策した水上公園。動物園もあるということで興味がある人にとっては面白い場所だろう。
かなり広い公園なので、行く前にある程度立地を把握しておくことをオススメしたい。平日は静かだと思うし、休日は逆に賑わう。どちらの側面も「天津の生活」を垣間見れるので、少し散歩してみてはどうだろうか。