El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【チリ】 サンティアゴの新市街を散策

サンティアゴの新市街を散策しました。

2014年4月3日 1ペソ=約20円

 

◎民芸品市場へ

 

お土産を探すべく、ロス・ドミニコスにある民芸品市場へ向かった。

 

]

 

名称は"Centro Artesanal Los Dominicos"。

メトロ1号線(赤)の終点駅から徒歩5分のところに位置する。

 

↑駅から民芸品市場までの道

 

↑民芸品市場

 

南米最大規模の民芸品市場。歩き方に記載されているけど、確かに広い。

 

 

中にはカフェやレストランも入っている上、ベンチもあり休憩することができる。

トイレは無料。

 

中は「昔のサンティアゴ」を再現していて、一つの村みたい。落ち着く雰囲気。

観光客だけではなく、地元民も来て、ベンチに座ってお喋りを楽しんでいた。

 

 

サンティアゴにはSanta Luciaにも民芸品市場がある。

しかし、このロス・ドミニコスの民芸品市場は少し高いけど、質の良い商品が集まっている。

観光客慣れしているので、英語も話せる人が多いし、店によっては全て値札が付いてるところもある。

 

質によって値段は違うけど、相場はある程度あるので、店を見ながら決めていくとよい。ボッタクリな店はないと信じている。

 

 

1つだけ買うなら値下げは難しいけど、2つ以上買うなら値下げは可能だ。

2つ買って、21,500ペソ(約4,300円)なら端数の1,500ペソ(約300円)は切り下げてくれる。

そこは言わないとしてくれないので、英語でも言ってみよう。

 

 

どこかジブリに出てきそうな店もあって、見ていて楽しい。

全部の店の雰囲気や商品を見てほしいと感じる。

 

 

 

実際に工場も併設している。目の前で作ってくれることも。

 

 

生の作業を目の前で見れるので、買う時安心感はある。

そして写真を撮りたい時は、ちゃんと許可を得よう。

 

1時間ほど滞在。ゆっくり買い物する人は、時間にゆとりを持とう。店は10時ぐらいから開けはじめる。

 

◎新市街

 

メトロで新市街へ移動する。新市街も1号線のエリアだ。

 

 

4号線との連絡駅、Tobalaba駅。ここは南米一高いビルがあるコンスタネラ・センターの最寄り駅。

 

 

 

左前がコンスタネラ・センター。ここ周辺はビジネス街。近代的なビルが建ち並ぶ。

 

 

 

ビジネスマンも多く歩くエリア。

コンスタネラ・センター内にショッピングセンターがあるので、向かった。

 

 

 

5階建てのショッピングセンター。中にはブランド、電化製品、アパレル、スーパー、フードコートなど何でも入ってる。

チリで良く見かける、"RIPLEY"や"PARIS"はもちろん、H&MやGAPも入っていて驚いた。もちろんお値段も、少しお高め。

 

 

フードコートもほとんどがファストフードなので食べなかった。アイスぐらいは食べる意味があると思うけど。

買うものがなければ来なくてよいかも。

 

 

1階には"JUMBO"というスーパーが入っている。とにかくデカい。何でも揃ってる。品ぞろえは良いので、ここでお土産を買うのも一つの手だ。

 

帰りは路線バスで、宿があるLos Heroesへ戻る。

なお路線バスは現金払い不可。Suicaみたいな"Tarjeta Bip"を購入しないといけない。メトロの駅で買うことができる。

カード本体は1,400ペソ(約280円)。チャージは1,000ペソから。バスは一律600ペソ(約120円)。

 

↑バス停

 

↑バス番号。色分けされている。

 

↑路線バス

 

地下鉄と同じ値段で、景色見ながらちゃんと座れるので、最近は重宝している。